カテゴリ"認知症"の記事

[116]認知症シリーズ(9)隠れた認知症

| 関連記事(0)

前回は認知症でない物忘れが認知症だと誤解されやすい事を書いた。今回はその逆、認知症なのに認知症だと思われていない「隠れた認知症」について語ろう。

第74号「知的障害者(上)」を覚えているだろうか?俺はそのメルマガで知的障害者について明確にその定義を定めた法律がないことを主張した。知的障害者の定義がないために、福祉の保護を受けるべき知的障害者がセーフティネットから放置されている実態を明らかにした。

だが、認知症の場合も似たようなケースが良く見られるのだ。知的障害者と違い、認知症には法律の保護もあり定義もきちんと定められているにも関わらず認知症老人が認知症だと診断されていないためにきちんとした介護や医療を受けていない実態があるのだ。

例えばよくニュースやワイドショーで話題になるゴミ屋敷。近所迷惑もいいところだが、実を言うとゴミ屋敷の住人の多くは認知症だ。計画遂行能力の低下、判断力の低下、収集癖、客観性の低下、記憶障害、いくらでも認知症の兆候は見つけられる。助けてくれる家族でもいれば認知症診断を受けてヘルパーサービスなど適切な介護を受けて安定した生活ができるかもしれない。しかし、彼らには親しい友人や家族、心配してくれる隣人がいないために荒れ果てたゴミ屋敷に埋もれてしまっているのだ。

こんな話をすると老人の孤独死同様、「核家族化が進み、単身者世帯が増えた」「共同体意識がなくなりつつある」と社会学の問題にする学識者が多いが、そんな大げさな問題ではない。元々ゴミ屋敷の住人は認知症になる前から他人とうまく折り合いができない人々が多い。家族がいたとしてもトラブルや諍いを起こし、絶縁状態になっているケースも少なくない。認知症や障害を持っていると人間関係のトラブルも障害の一つと考える福祉関係者は多い。

確かに認知症になると、精神後退が進み我慢ができないなど人間関係に悪影響が出ることはある。だが、本人の人間性の問題を認知症のせいにすることはできない。人間関係の悪化は例え認知症でも多少は本人に責任がある。こんな事を言うと「利用者を軽蔑している」と勘違いする人が多いため言いたくないが、どこにでも嫌われる人がいるように彼らが社会から孤立するのは傲慢さや自己中心性など単に「性格が悪い」と一言で済む問題に過ぎない。

嫌われ者でも障害がなければ日常生活に支障はないだろうが、年老いて認知症になると誰も助けてくれないために本人ばかりか周りまで巻き込む厄介極まりないトラブルメーカーになってしまう。そして民生委員や警察官でもない限りそんな社会不適合者にわざわざ近づきたがる物好きはいない。例え本人と接触できても認知症診断を医師から受けて、介護サービスを受けさせるにはさらに高いハードルを飛び越えないといけない。

まずは本人の壁だ。本人の自我が強く、軽い認知症の場合、認知症診断を受けさせるのは至難の業だ。重度で自分の意志表示がはっきり言えないぐらいの認知症ならまだしも、比較的軽度の認知症の場合は本人に自分が認知症であるという病識がないことがほとんどだ。そんな人々に「認知症診断を受けましょう」と勧めても怒らせてしまうだけだ。

本人の病識の無さも問題だがこれに家族が関わるともっと問題が複雑になってしまうケースもある。福祉関係者から利用者が認知症であると指摘を受けてもその息子や娘、あるいは配偶者が頑として自分の肉親が認知症であることを直視しない事があるのだ。交通事故を起こしたり、火事を起こしたりするとやっと現実を認め始めるが、そうでない限りなかなかどの家族も自分の親が認知症になっていることを積極的に認めようとしない。ケアマネージャーや医師、ヘルパーなどその筋のプロからいくら助言を得ても一向に耳を傾けない家族も珍しくない。だが、家族はそうやって現実逃避をしていればいいが、認知症だと診断されなくて一番不利益をこうむるのは認知症にかかっている本人なのだ。

どうして世間に人々が認知症を直視しないのかと問われれば、認知症について正しい知識が知られていない事が大きいと答える。実を言うと認知症の見分け方に関しては専門家でさえ判断が難しい。認知症の定義でさえよくわかっていない福祉関係者は珍しくない。例え認知症について正しく知っていても、いざ実際に認知症の疑いがある高齢者を目の前にして認知症かどうか判断するのはまた違った難しさがあるからだ。この問題に関しては認知症に対する恐れや偏見が先行している事が大きいだろう。

エル・ドマドール

【関連記事】
[115]認知症シリーズ(8)エセ認知症
[74]知的障害者(上)

[115]認知症シリーズ(8)エセ認知症

| 関連記事(1)

今回は再び認知症について語りたいと思う。偏見や差別はこの業界では珍しい事ではないが、その中で認知症に対する誤解や偏見は少なくない。認知症がどのようなものかは以前に定義を述べた事がある。それは「器質的疾患による脳機能の低下」だった。だが、嘆かわしいことに、福祉関係者や専門家でさえ認知症とそれに似ている症状を混同しているケースは少なくない。

例えばよく中高年者が自身の衰えを気にしてこんな言葉を言うのを聞いたことがあるだろう。「私も最近年のせいかな?忘れっぽくて・・・病院の予約が何時だっ たのか思い出せないことがあるのよねぇ。ボケたのもかもしれないわ」

中高年者からこのような愚痴が聞かれることは多いが、実を言うとこれはいかにまだ世間に認知症と言うものが正しく理解されていないかわかる好例とも言える。上のケースははっきり言ってしまうと単なる「物忘れ」(良性健忘)だ。ここで俺は言っておきたいが、社会の人々は良くも知らないでちょっとした物忘れをすぐに認知症に結び付けたがる。だが、認知症と単なる良性健忘は全く似て非なるものだ。それは近眼を遠視と間違えるようなものだ。どちらも矯正が必要かもしれないが、症状は全く正反対だ。世間で認知症という言葉を知らない人は珍しいが、きちんと定義や症状を語れる人はまずいない。今回は良性健忘と本当の認知症はどこが違うのかそれを教えよう。

そもそも「忘れっぽくて・・・」と自分が物忘れしやすい自覚症状があるならまずは大丈夫だ。認知症の場合は自分が忘れやすい事すら認識が難しい。そして良性健忘の場合はヒントを与えられると思い出せる事が多い。例えば貴方が86年のワールドカップ優勝チームを忘れてしまったとする。そこでヒントを与えてみよう。その年のワールドカップで大活躍したのはマラドーナ。神の手ゴールや5人抜きなどで大活躍だった。そしてそのマラドーナがいたチームは・・・・アルゼンチン。そう86年のワールドカップ優勝はアルゼンチンと思い出せるだろう。

しかし、認知症の場合はヒントを与えても思い出せない事が多い。また上の例では病院の予約の時間を忘れているが、認知症の場合は病院の予約をしたこと自体を忘れてしまうだろう。いずれにしても認知症の場合と単なる良性健忘の最大の違いは日常生活に支障が出ているかどうかだ。最近料理や洗濯を失敗するようになった。服を収納した場所が分からない、または服を出し散らかすことが増えた。ごみが散乱しており、掃除ができていない。車を運転していて、逆走など危険な目に遭うことが増えた・・・・以前にはできていたことができなくなっている時に認知症だと疑うべきなのだ。

先ほども語ったが認知症という言葉は比較的世間では知られている方だが、実を言うとこれほど歪曲されて誤解されているものはない。そもそも認知症と言われる前は痴呆と言われていたのだ。そして痴呆の前はボケと呼んでいたのだ。どうして呼び方が変わったのか?痴呆やボケでは与える印象が偏見を招くと言う理由でだ。俺もこのメルマガでは便宜上、認知症と書いているが、実に下らない。結局認知症と呼ぶようになっても相変わらず認知症への正しい理解は痴呆やボケと呼んでいた時代と比べても殆ど進歩していないではないか。認知症に対する偏見は「認知症になりたくない」という恐怖や不安がそうさせているところがある。しかし、前にも語ったが高齢者だからと言って誰もが認知症になるわけでもない。65歳以上の高齢者で認知症の人はせいぜい1割ぐらい。そもそも認知症になれるぐらいの高齢化社会は今までの歴史上でも、これ以上ないぐらいある意味恵まれたものだと言っておく。

今回は認知症とは似ても似つかないものがいかに認知症と思われやすいかを書いた。次回はその逆、認知症なのに認知症と診断されていないケースを語ろう。

エル・ドマドール

【関連記事】
[53]認知症シリーズ(7)徘徊

[89]もしあなたが認知症になるなら

| 関連記事(1)

よく老人福祉をやっているとこんな意見を聞くことがある。

「もうボケてああなるなら、いっそそうなる前にポックリ死にたい」
「認知症になるかならんかって事前にわからないのかな?」
「ボケて何にも判らんようになるのは本当に恐ろしい」

差別意識丸出しの発言もあるが、これは普通の一般の人だけの発言ではない。同業者からもこんな発言が飛び出ることがある。いずれにしても認知症になった後、自分が正気を失い人間らしさの失った振る舞いをしてしまう未来を恐れているのだ。将来、自分が自分自身でなくなる恐怖心は確かに恐ろしいものがある。そこで今回はまた認知症について語ろう。

認知症になる人とならない人との差はどこにあるのか?

よく本などで「手先を器用に使っていると、脳が刺激されてボケにくい」「怒りっぽいと認知症になりやすい」など言われていることがある。しかし、こんな助言は気にしないほうがいい。ふざけたでたらめもいいところだ。現段階では認知症の原因についてはよく判っていないのが現実だ。アルコール中毒や脳血管障害など個人の食生活が反映される病気を通じて、認知症になることはある。しかし、個人の若いころの生活習慣や食生活、性格などと認知症の間に明確な因果関係は未だに発見されていない。

かつて書いたように認知症とは一言で言えば「気質的疾患による脳機能の低下」だ。一番多いのはアルツハイマー病だが、その原因もよくわかっていない。他にも認知症の原因となる疾患でレビー小体型、ピック病も原因が不明だ。高齢化社会の現実に直面するようになったのがここ20年ほどだが、まだまだ認知症についてはわかっていない部分が多すぎるのだ。だからこそ人々の恐怖心を煽りやすいのかもしれない。

認知症になる確率はどのぐらいなのかご存知だろうか?

65歳以上の高齢者の場合、3パーセントから8パーセントぐらい。調査によってばらつきが多く信用に欠けるが、それでも案外低いなという印象を受けるのではないだろうか?年間の有病率は65歳以上で1~2パーセントでしかない。しかし、80~84歳では8パーセントと数字が急に上がる。「ボケたらどうしよう?」と恐怖におののく中高年は多いが、案外数字で見ると低く感じるのではないだろうか。認知症になるかならないかは誰にもわからない。しかし、一つだけ確かなのは認知症になるぐらいの長寿が今の日本社会では当然とみなされていることだ。

人間社会かつては平均寿命が50歳ぐらいの時代もあった。今でも発展途上国にはそういう地域もあるのが現実だ。中にはテロや戦争でいつ死亡するのか判らないところもある。人類の歴史はそもそも血塗られた戦争の記録と言ってもいい。認知症になれるくらい安全に長く生きられるのは戦争や食料不足もない人類が長く求めてきた理想でもある。その恵まれた現状を嘆いて「ボケるぐらいならポックリ死にたい」「障害を持って生きるのは辛い」など言うのは、ある意味自分がどれだけ恵まれているのか判っていない傲慢不遜さの表れだ。

そういう人間に中東などの爆破テロで死ぬほうがいいのかと聞くとそれも嫌だと言うだろう。人間は強欲だ。日本のように餓死や戦争などと程遠くても生きがいだの悔いのない人生などと言い出すのだからどうしようもない。100パーセント満足できる理想的環境などこれまでもないし、これからもありえない。結局は人生の捉え方は自分次第なのだ。自分が不幸だと思うならそうなるし、恵まれていると思うなら幸せになれる。人生は見方によって映り方が違うのだ。

認知症になると人格的にどういう変化がでるのだろうか?軽い認知症状が出ているときは従来の人間性や性格が反映されることが多い。しかし、脳卒中などは感情の抑制が効かない症状があり、怒りや衝動性が強くなり不安定になることも少なくない。認知症もかなり進行すると人格が荒廃してしまうことがある。結局どうなるのかは予想がつかないのが正直なところだろう。しかし、認知症になっても変わらないものがある。それは健全なときに築いた人と人との絆だ。家族関係が良好な利用者はやはり健全な時に家族や友人を大事にしていることが多い。何度も言うがヒューマンスキルは偉大なのだ。

エル・ドマドール

【関連記事】
[36]認知症シリーズ―(1)定義

[78]認知症ドライバー

| 関連記事(0)

2008年から75歳以上の高齢者が運転する場合、本来もみじマークを付けるように義務化されるはずだった。表示義務に違反した場合の罰則は反則金4000円と違反点数1点のはずだった。なぜ「はずだった」と過去形なのかと言うと、高齢者の反対がすさまじく高齢者に配慮した政治家たちが罰則なしの努力義務にトーンダウンしたためだった。

確かに高齢者だと言うだけであんな趣味の悪いマグネットを車体に貼り付けるのは屈辱的だ。高齢者が反対するのは無理もない。元々もみじマークの本当の目的は近年増えつつある高齢者ドライバーの事故を未然に防ぐためだった。実際統計でも高齢者の事故割合は増えている。参考までに下のサイトを見てみよう。

http://www.gamenews.ne.jp/archives/2009/01/post_4371.html

確かに65歳以上のドライバーの死亡者は98年の32.7パーセントから2008年は5割近くまで増えている。交通事故死亡者の半数が高齢者とは驚くべき数字だろう。これだけ見れば高齢者の事故は増えているのかもしれない。しかし、統計をよく見ればその本質的な意味はまったく違う。

まず着目してほしいのだが、98年には1万人近い死亡者が2008年には6,000人弱にまで激減している。自動車の安全性が高くなった、飲酒運転への厳罰化が効果を上げているとも言えるだろう。しかし、俺は経済的に苦しい若者が自動車に乗らない(乗れない)のが原因だと解釈している。現に車メーカーは今、未曾有の不況で青息吐息の状況だ。車を持っているのは経済的に恵まれた中高年層が多く、死亡者も当然中高年が多くなる。高齢者の事故が増えているのではなく、若者の事故が相対的に減っているというべきだろう。「高齢者が事故を起こしやすい」というのは単なる偏見に他ならない。

だが、こんな馬鹿げたもみじマーク騒動の渦中に深刻な問題が潜んでいる。結論から言えば政治家たちはこんな趣味の悪いマグネットなど後回しにしてこの問題を議論すべきだった。高齢者の交通事故の中には認知症のドライバーが起こしたものが多いのだ。最近よく耳にする高速道路の逆走などもまさしくそうだった。高速道路を走っていたらあなたの車に向かって逆走してくる車が目の前に・・・・まさしく恐怖だ。

認知症ドライバーの増加について警察庁は簡易テストを75歳以上のドライバーに今年6月から免許更新時に実施する予定だが、こんなものでは効果はない。なぜならある統計では事故の半数が75歳以下の高齢者だったからだ。簡易テストを65歳から求める声は専門家からも多い。そして簡易テストで不合格であればすぐに認知症ドライバーから免許を剥奪できるかといえば、そうではない。簡易テストで不合格になった場合、まず認知症の診断書を医師に求める。そして医師の診断書を見て公安委員会が最終的に判断すると言う。呆れてものが言えない。こんな時間の無駄としか思えないお役所手続きで認知症ドライバーの事故が減るわけがない。

言っておくが認知症ドライバーについてはアメリカでも問題になっている。そしてどこでも認知症ドライバーが自ら免許を手放すことはありえない。老人介護をしている人ならわかるだろうが、認知症老人が自ら免許を手放すほど物分りがよければ老人介護は世界一楽な仕事だろう。現に認知症ドライバーは推定30万人いるが、免許を返上したのはわずか3万人弱。その3万人の中で認知症だった人はどのくらいなのかはわからない。大部分の認知症ドライバーは今もなお車のハンドルを握っているのだ。

先ほども言ったように認知症ドライバーが自ら免許を返上することなどまず有り得ない。運転している高齢者が認知症になっているのではないかと妻や娘、息子などが気付き、運転を止めさせようとしてもまずは本人の頑強な抵抗に遭う。運転できることは自分の与えられた社会的役割の象徴と言ってもいい。立派な自立した人間としてのアイデンティティーとしてのドライビングを捨てることに同意しないのは当然と言ってもいい。自分を冷静に客観視できないのが認知症の弱点なのだ。だからこそ国家権力で強制的に奪い去るしか方法がないのだ。

認知症判断は医師にしかできないのが建前だが、そんなものはっきり言って誰にでもできる。病院でやるような認知症診断テストでもいいが、一つ注意することがある。認知症の症状の一つに記憶障害があるが、記憶障害は基本的な運転技術や標識の意味にあまり影響しないのだ。なぜなら運転技術も標識も長期記憶に属すからだ。一番重要なのは判断力および知的能力の低下であることを強調しておく。100から6づつ引いていく計算問題などが非常に効果的だ。

また現在の免許更新制度は3年に1度しかないが、できれば高齢者の場合毎年するべきだ。なぜなら認知症の症状は短期間で急速に進むことが珍しくないからだ。また医療と警察庁の連携を進め、認知症と診断された人の情報を警察庁に届けることも必要だろう。個人情報の観点からこれらの方策には否定的な意見も多いだろう。そもそも認知症の人々から強制的に免許を取り上げること自体議論を招くこと必至だ。だが、飲酒運転であれだけ罰則が厳しいのに認知症ドライバーに対しては無策に等しいのは許されない。これから認知症ドライバーはますます増える。5年後、10年後のことを考えたら強制的に認知症ドライバーから免許を取り上げることが必要なのだ。

以上の意見を聞くと俺がまるで高齢者を敵視していると思う人もいるだろう。ここで言っておきたいが俺が問題にしているのは高齢者ではなく、認知症ドライバーが平気でハンドルを握る現状になのだ。認知症ドライバーが事故を起こして悲惨なのは被害者ばかりではない。加害者だって悲劇なのだ。中には事故を起こしてそのまま逃げてしまった認知症ドライバーもいる。そうなるとひき逃げで逮捕されても心神喪失状態で無罪になってしまう。裁かれるべき人間が裁かれないなら世論がどう反応するのか?それは言うまでもないだろう。

エル・ドマドール

【関連記事】
[36]認知症シリーズ―(1)定義

[53]認知症シリーズ(7)徘徊

| 関連記事(1)

今回も認知症シリーズを続ける。

認知症といえば記憶障害や理解力がなくなる知能低下などいろいろあるが、その中でもっとも介護職員をてこずらせる行動障害の一つは周囲をうろうろする徘徊だろう。現役の介護職員の読者諸兄の中には徘徊に頭を痛めている人も少なくないだろう。認知症利用者の行動障害の中でもかなりポピュラーで難しい問題の一つである徘徊について今回は語りたい。少しでも現役の読者諸君のお役に立てれば幸いだ。

介護施設など現場で働いていないとあまり徘徊の問題を理解できないかもしれないのでその概要を説明しよう。徘徊とは文字通り施設の中などを目的の有無に関わらず徘徊しまくることである。その理由は後ほど説明するが、いろんな要素がある。この問題の困ったことは歩行能力が高い場合は油断すると無断外出に繋がり、下手すると行方不明で警察沙汰になりかねないことだ。一方で歩行能力が低く行動範囲が広くない人は無断外出は無いが、中途半端な歩行能力のために転倒をしやすく骨折の可能性があることだ。特に夜間などは眠気でフラフラになっている人も多いため転倒リスクがかなり高い。

徘徊者がいると職員がその監視のために人手を取られやすく、日常の業務が果たしにくくなることが一番大きい。再三述べているが介護現場はギリギリの職員配置しかしないから十分な余裕がないし、受けるストレスも半端じゃない。徘徊している利用者に徘徊を止めるようにどんな声かけしても無駄な事が多い。後述するが徘徊する本人にとっては他人にはわからなくてもそれなりの徘徊する理由がある。そもそも声かけ程度で止まるなら誰も苦労しない。なぜ徘徊してするのか?介護現場はその理由さえわかっていないし、考えようとしていない。今回俺が徘徊の理由をあなた方に解りやすく説明したい。

読者諸兄は「常動行為」というのをご存知だろうか?知的障害者施設などの経験がある人は聞いたことがあるかもしれない。知的障害者施設や児童養護施設ではよく落ち着きのない利用者がいる事が多い。片時も止まることがなく、電源の入っている車のおもちゃのように動いている。実を言うとこれと同じ症状は動物の間にも見られる。

動物園の熊などが常に同じ場所をくるくる落ち着き無く移動している姿を見たことがあるだろう。これも所謂「常動行為」なのだ。動物園の熊は観客の視線にストレスを感じて、そのような行為に出る。例えが悪いが知的障害者の「常動行為」も原理はこれと同じだ。

「常動行為」に苦しむ利用者は常に不安に苦しんでいる。それは施設という刑務所に収容され自由がないストレスかもしれないし、職員が自分の行為を咎めることによるストレスもあるかもしれない。老人の徘徊もこの「常動行為」の形態の一つなのだ。

老人は運動量がどうしても知的障害者と比べて少ないために一見判断が難しいが、やっている事は彼らと同じだ。いろんなストレスや不安から逃れるために老人は出口を求めさまようのだ。動物や知的障害者、認知症高齢者はいずれもストレスに脆弱なのだ。因みに健常者にもたまにこのような「常動行為」は見られる。緊張しているときの所謂貧乏ゆすりなどがそれに当たる。

徘徊をする人々がストレスや不安を感じる要因など高齢者施設にいればいくらでもある。家に帰れない、家族はいない、周りは知らない人ばかり、あるいは内服薬の副作用で不安になっている可能性もあるだろう。施設は利用者を不安にさせる要因ばかりだが、その中でもっとも大きいのが社会的役割の喪失だ。

社会的役割の喪失とは何か?解りやすく説明しよう。

前号で俺は人間が感じる精神的不安から逃れるために文化の存在があると主張した。老人や知的障害者の常動行為は文化の存在の有無が影響している。やるべき仕事や家庭など社会的に与えられた役割や文化的要素が彼らにはどうしても無いのだ。人間は本来ニートのように「何もしない」事に耐えられない。人間は本来生活費を稼ぐために仕方なく仕事をするのではない。自分の精神的安定のため、自分にアイデンティティを与えるために仕事や役割を求めるのだ。社会的役割は仕事と考えるとわかりやすいが、何も仕事とは限らない。家事や民生委員などの地域活動もそれに当たる。

残念なことに施設は利用者から社会的役割を剥奪してしまう。やるべき仕事も無い。人の役に立つという実感も無い。周りは知らない人ばかり。そして何もさせてくれないから体力は有り余っている。徘徊は何も異常な行動ではない。文化性をもつ人間なら当然の行為なのだ。

では徘徊に対する対策はあるのか?これも身も蓋も無いが、徘徊つまり常動行為を止めるのは現在の福祉形態ではもはや不可能と言ってもいい。施設の存在そのものが徘徊をさせる要素しかないからだ。根本的解決など無いと断言してもいい。ただ現場レベルでは止める方法はある。施設などで徘徊者がいる場合は

・疲れさせる

のが基本だ。好きなだけ徘徊させて疲れたところを休ませるのだ。言っておくが拘束するのは逆効果だ。余計にむきになって予測できない行動に出る可能性がある。

「歩かせる」というと「転倒して骨折したらどうするのか?」という指摘があるだろう。しかし、元々この問題を解決する方法は無い。施設の存在そのものが矛盾と欺瞞なのだから入所した時点で終わりだ。厳しいがそれが現実なのだ。

エル・ドマドール

【関連記事】
[52]認知症シリーズ―(6)文化

老人ホームの裏事情シリーズ

たまごや内を検索する


メルマガで購読する

 

 

powered by まぐまぐトップページへ

このサイトを購読する

たまごやの"新着"記事

Loading...

ご訪問感謝!

創刊:2007.09.04


フィードメーター - 学校では教えない本当の社会福祉 学校では教えない本当の社会福祉|エル・ドマドール

学校では教えない本当の社会福祉 カテゴリ

アーカイブ

全 129 件-タイトル表示

著者プロフィール