[10]私達の出会い(前編)

私と私のだんなさんは日本で出会いました。きっかけは英会話学校です。留学後、ほとんど英語を話す機会を失っていた私はこれではいけないと思い、英会話スクールに行くことに決めました。とは言っても、スクールの多さにはびっくり。有名なスクールから一人で経営しているようなスクールまでピンからきりまでという感じ。とりあえず、無料体験レッスンを受けてから決めることにしました。

いろいろなスクールの体験レッスンを受けた結果、ある一つの学校に行くことにしました。クラスはグループレッスンで、生徒さんは約20人位とやや多めでした。どちらかと言うと、専門学校のような感じでした。先生は担任制で、6ヶ月間同じ先生がクラスを受け持つことになります。授業当日、どんな先生なのかなぁとドキドキしていました。そして、先生が教室に入ってきました。

一瞬、私は「えーっ?!怖そうな人だなぁ、嫌な感じだなぁ」という印象だったのです。後にこの人と結婚するなんて考えてもいませんでした。授業はプライベートレッスンではないので、そんなに先生と話す機会はないだろうし、授業料も6ヶ月分払ったことだし、とりあえず、頑張って勉強しようという感じでした。

先生は、見た目は怖い人のように見えたのですが、実際は優しくて、授業もわかりやすく、6ヶ月間楽しく英語を勉強することができました。そして、1つ上のレベルのクラスへ進むために、また6ヶ月間授業を受けることにしました。

次のクラスは通常、違う先生が教えることになっているのですが、この時だけ、前のクラスの先生が今回も教えることになったのです。(これが運命的だったのかも)生徒さんも前のクラスにいた人達だったので、さらに仲良くなり、先生ともいろいろ話しするようになり、週1回の授業が楽しみでした。

たまにクラスの生徒さん達と先生とで学校近くの喫茶店でお茶をしながらお話をしたりしていましたが、その時はまだ好きとかいう感情はありませんでした。先生のほうも私に対して特別な感情を持っているような素振りはなく、ごく普通に先生と生徒達という感じでした。

学校によっては、先生と生徒との交際は絶対認めないという学校もあります。陰で付き合っていて、学校側に見つかってしまい、先生が解雇されるという所もあります。私の通っていた学校は交際禁止ではなかったようですが、その時は先生と付き合うなんて想像もしていませんでした。むしろ、生徒同士で付き合うほうの確率のほうが高かったと思います。次の6ヶ月もあっという間に過ぎ、私はまた次のレベルに進むことにしました。(続く

谷川ともみ



抜群の検定合格率!「NAFL日本語教師養成プログラム」

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages