« [08]出会いはどこ?(海外編) | TOP | [10]私達の出会い(前編) »

[09]出会いはどこ?(日本編)

みなさん、「Personals」ってご存知ですか?

外国人向けのコミュニティ情報誌で、東京なら「Tokyo Notice Board」や「メトロポリス」、関西なら「Kansai Flea Market」という冊子が毎週発行されています。

その中に、「出会いの場所」というところみたいなものがあって、外国人の方が自分自身の紹介文を広告に出します。(ほとんど無料)半分以上は日本人女性との出会いを求めています。

ほとんどが英語で書かれていますが、中にはローマ字の文章で日本語を書いてくる人もいます。あと、記号のように省略して書いてくる人も多いのでわかりにくい場合もあります。例えばこんな感じです。

「ASBM Seeking JSF age 20?40」とか。わかりますか? このASBMはアメリカ人、シングル、黒人、男性という意味です。最初の頭文字を取って略して書いているのですね。白人男性ならば、「WM」、
「WCA」なら白人、クリスチャン、アメリカ人という具合です。決して間違えてはいけないのは、GUY(男性)、GAY(同性愛者)です。スペルを間違わないようにして下さいね。

このような雑誌を毎週見ていると、毎回同じ人が広告を出しているのに気がつきます。そういう人は要注意です。遊び相手が欲しいだけで女性を探しているほうが多いので、真剣な交際は望んでいません。あと日本語がやたら上手な人も遊び相手を探している可能性があります。顔写真が載っていないので(あとからメールで送ったりする場合もあり)文章で判断することになります。

中には本当にいやらしい人もいます。人妻OKとか、一夜限りだけとか正々堂々と書いています。彼達の文章にはどこか自信がありげで、「ハンサム」や「長身」という言葉を巧みに使ってきます。実際会ってみると、えーーーっ??ていうことも多いのですが・・・

私の日本人の女性の友達がパーソナルズに広告を出したところ、50人くらいの人達からメールが送られてきて、国別にファイルをしていました。どの人もいまいちだったのですが、彼女も根気よく広告を出し続け、相手を探していたところ、オーストラリア人の男性と出会い、交際を始め、結婚して、現在はオーストラリアに住んでいます。

このような雑誌は見ているだけでおもしろいので一度チェックしてみてはどうですか?英語のコラムなどもあるので、英語の勉強にもなりますよ。

谷川ともみ

英語で文通(メール)しませんか?
ロッシェル・カップ ジリアン・ヨーク
きこ書房
売り上げランキング: 8,789

amazonで「文通」を探す

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tmg2009.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/610
※元記事引用の無いトラックバックは削除することがあります。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)