« [10]私達の出会い(前編) | TOP | [12]読者の皆様へ »

[11]私達の出会い(後編)

前編はこちら


次のレベルは残念ながら同じ先生ではなく、他の先生になりました。でも、隣のクラスで授業をしていたので、授業後、クラスメイト達と一緒に先生とお茶に誘ったりしていました。

その頃、私は家の事情で実家(大阪)に帰ることになっていました。東京へ戻ってくるのはいつかわからないという状況でした。それならデートをしようということになり、先生と2人きりでデートすることになりました。

大阪へ帰るまでの間、数回デートをしているうちに、気持ちが急に先生のほうへかたむいていきました。でも、私は大阪に帰らなければいけないし、どうしたらいいのかわかりませんでした。

結局、先生の思いを持ったまま、大阪へ帰った私ですが、先生は毎日メールをくれ、電話もしてくれました。離れていると会いたい気持ちが強くなって1泊2日で東京へ行き、先生と会う事もありました。また、先生も大阪に会いに来てくれたりと遠距離恋愛が始まったのです。

一度、私は遠距離恋愛で失敗しているので、このままではまたダメになってしまうだろうと感じ、再度、東京で暮らすことになりました。私が東京に戻ってからは本格的にお付き合いすることになりました。前に通っていた英語学校へ行くのを辞めました。

特に交際を禁止しているわけではないのですが、私が先生と付き合っているのを他の生徒さん達に知られると、生徒さんの気持ちもなんか害するのかなぁと思ったのです。まぁ、英語は自分で勉強して、わからないことがあれば、彼に聞くということにしました。

外国に住んでた頃は外国人とデートしたことはありましたが、日本では外国人とデートをしたことがありませんでした。びっくりしたのは、私が会社へ勤めていた頃、週1回、彼とランチをすることになっていたのです。待ち合わせの場所に行ってみると、彼は花束を手に持って待っているのです。とっても嬉しかったものの、その花と共に会社へ戻らなければいけません。オフィスに戻ると、みんなから、「どうしたの?その花束は?」と質問攻めでした。

綺麗に咲いていたお花は私が帰る頃には少しグッタリしているようでした。あと、彼は必ず、デートの後、家の玄関まで送ってくれるのでした。(その後、彼は電車に乗って帰らなくてはならないのに)

今考えると、あの英語学校を選んでいなかったら、今の私は全く別の人生になってたことでしょう・・・

谷川ともみ
【デザイナーズコレクション】サムシングブルー花束
【デザイナーズコレクション】サムシングブルー花束
楽天で「花束」を探す

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tmg2009.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/644
※元記事引用の無いトラックバックは削除することがあります。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)