[07]コミュニケーション

英語を母国語をしない日本人にとって、英語で交際をするというのは、あなたがバイリンガルや帰国子女でない限り大変なことだと思います。特に英語を母国語をする人達、アメリカ人やイギリス人達と話をすると、知らない単語が飛びかってくるし、喋るのも早いし、相手の言ってる事を聞くだけでぐったりしてしまいます。

逆に英語を母国語としない人達、アジア圏の人達やヨーロッパの人達(*ヨーロッパ人は英語の上達が早い)と英語を話すことはレベル的にも同じなので理解しやすいかもしれません。ただし、アクセントがきつくてわかりにくい場合もあり。たいてい、お互い難しい単語を知っているわけではないので、できるだけ簡単にわかりやすく話そうとします。

でも1つ問題が。英語を母国語としない人とお付き合いした場合、英語だけではなく、お互いの母国語も理解してほしいと思うようになります。つまり、私がタイ人の彼と付き合った場合、英語をはじめ、日本語とタイ語も最終的には理解できればいいということになります。まぁ3ケ国語も喋るなんて私には無理な話ですが、男性の方はわりに日本語を覚えてくれるほうが多いです。数回デートしたドイツ人の彼は全く日本語を理解しようとしてくれませんでしたが・・・

日本に住んでいる外国人ならば最低限の日本語はわかると思います。あなたがそんなに英語ができなくても、なんとか、コミュニケーションはとれるものです。最初から完璧な英語を喋らなくてもOKです。でも努力はして下さいね。わからない単語があれば彼にどんどん聞いて下さい。学校で勉強した英語はなんとなく堅い感じがするので、もうちょっとカジュアルな英語を彼から学びましょう。彼も日本語を覚えたいかもしれないので、あなたは彼に日本語を教えてあげましょう。

私は座る時に「よいしょ」と言う癖があるので、うちの旦那さまも「よいしょ」と言ってます。お互いの口癖などはスグに覚えられます。喧嘩の時は英語で言うとあまり感情がはいらないので、日本語で一気にまくしたてます。英語だと言い負かされてしまうので、日本語で対抗します。結局、決着はつかないのですが・・・・

谷川ともみ

バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること
中島 和子
アルク
売り上げランキング: 26,139

amazonで「バイリンガル」を探す
楽天で「バイリンガル」を探す

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages