[199]カストロールオイルとは?


エンジンオイルのメーカーでカストロールオイルというのがあります。有名なメーカーですね。特にカストロールGTXは高性能オイルとして昭和時代に席巻したものです。

さて、このカストロールですが、もともとはキャスターオイル、つまりひまし油をオートバイのエンジンオイルとして使ったことから来ているのです。

ひまし油は飲むと下痢を起こすため、昔は下剤として薬屋さんで売っていました。ひまし油は唐胡麻(とうごま)という植物の種子を絞ったとろみのある粘度の高いオイル。植物性オイルにもかかわらず機械油として使われていました。ひまし油は特にオートバイのエンジンオイルに最適。独特の焼けるにおいがたまらないと今なおひまし油を使う人もいるくらいです。

ひまし油のキャスターオイルはラテン語読みをすればカストロール。ということでオートバイのひまし油オイルに使ったカストロールオイルからメーカーが誕生し、優れたエンジンオイルとしてのブランドが形成されたのです。

ところでキャスターオイルは漫画ポパイにも登場します。ポパイといえば恋人のオリーブ、そして恋敵のブルートが登場人物としては有名ですが、オリーブオイルのお兄さんの名前がキャスターオイル。オリーブにはなんと兄弟が4人いたのですね。

ちなみに漫画のほうののオリーブオイル、キャスターオイルの「オイル」は油のOilではなくOylと書きます。

【関連記事】
[007]オイル交換
[090]オイルの選び方

※記述が古い場合があります。日付をご確認のうえ自己責任にてご利用ください。

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

関連する記事(0)

たまごや内を検索する


カテゴリ

旧サイト

メルマガで購読する

 

 

powered by まぐまぐトップページへ

このサイトを購読する

女性のためのクルマ読本

おすすめアイテム

アーカイブ

全 193 件-タイトル表示

著者プロフィール



ご訪問感謝!

創刊:2000.05.15


人気ブログランキング - 女性のためのクルマ読本