カテゴリ"原付と自動二輪"の記事

[200]トライク(三輪車)

| 関連記事(0)

ちょっと大き目のスクーター&バイクが人気です。250CCまでならば、車検は要らないし、車庫証明も不要。二人乗りもできますし、法の改正で高速道路も二人乗りできるようになりました。

しかし、ヘルメットはかぶらなければならないし、それ以前にバイクの免許証が必要です。これが難関。

ところで、先日湘南の海岸通りを走っていたら、対向車線に颯爽とバイクが...しかもノーヘル。ありゃ道路交通法違反じゃ!
と思ったのですが、調べてみるとこれが違反じゃないんですね。

これが話題の三輪車。トライクと呼ばれる代物です。前のほうはバイクそのものですが、後ろのタイヤは2つ。ちょうどバイクにサイドカーをつけたような感じですが、れっきとした自動車なのですねこれが。

自動車なので普通免許で乗れます。自動車なのでヘルメットは要りません。オープンカーと同じです。しかも車検は不要。車庫証明も不要です。自動車ですがシートベルトはありません。ただし高速道路での最高速度はバイクは100kmですが、三輪バイクは80km/hです。

運転上気をつけることは、バイクのようにカーブを車体を傾けて減速せずに通り抜けるという芸当ができません。カーブにそのまま突っ込むと転倒して危険ですので、自動車と同じようにカーブの手前で減速が必要です。

この法の目をかいくぐったような新しいジャンルの三輪バイク。価格はちょっと高めですが、バイクは乗りたいが免許を取るのはめんどくさいと思っている中高年の方にはお勧めのアイテムといえましょう。ただし、乗るときには安全のためヘルメットはかぶったほうがいいですね。また250cc未満の車両は車検がないとはいえ日常点検等はユーザーの義務になっています。

トライクは排気量250cc未満のものとなり、扱いは側車付軽二輪。諸費用は以下のとおりです。

自動車税:2,400円/年(250cc未満)
重量税:初回6,300円
自賠責(24ヶ月):14,460円
車庫証明:不要
車検:不要
任意保険:軽二輪としてバイクと同じ任意保険への加入が可能
(平成19年4月1日時点)


楽天で「トライク」を見る


■バイクの廃車手続き(251cc以上のバイク)

251cc以上のバイクは小型二輪自動車といいます。小型二輪車の廃車手続きは軽自動車と同じで「一時的な抹消」と「永久的な抹消」があります。「一時的な抹消」も「永久的な抹消」もどちらも手続き的には基本的に一緒です。

◇「251cc以上のバイク」の廃車手続きと必要書類

この小型自動二輪車の廃車する場合は、ナンバープレートを管轄する運輸支局(自動車検査事務所)で手続きを行った後、解体業者などに依頼し、解体してもらいます。

手順:

1.ナンバープレートを取り外す
2.運輸支局(自動車検査事務所)で手続きします
 ・運輸支局備え付けの「抹消登録申請書」へ必要事項を記入
 ・手数料納付書に350円分の手数料印紙を貼ります
 ・車検証を含む必要書類の提出と押印
 ・代理人が行う場合は委任状
 ・ナンバープレートの返納(返納確認書にシールを貼る)
3.軽自動車税の申告
運輸支局(自動車検査事務所)内の自動車税事務所にて、廃車申請をし来年度から軽自動車税がかからないようにしておきます。
4.解体業者で解体(スクラップ)処分
5.廃車完了

◇一時使用中止

バイクの一時抹消しておき、再度登録しなおす場合は、バイクの廃車手続きの際に発行される「自動車検査証返納証明書」という書類が必要になりますので大切に保管しておきましょう。

廃車手続き後、自賠責保険の有効期限が残っていれば、保険料が戻ってきますので、廃車する場合にはできるだけ早く手続きを行いましょう。

廃車手続き費用は「無料」ですが、用紙代印紙代が大体500円ほどかかります。解体費用は別途必要です。

排気量126cc以上?250cc以下のバイクは軽二輪自動車といいます。この区分のバイクは車検が要らないため、また税金や保険も格安であるため人気のある区分です。バイクは大きいものをカッコイイとする風潮がありますが、賢いライダーは軽快なこの区分のバイクをエンジョイしています。もちろん高速道路も走れます。

◇「126cc以上250cc以下のバイク」の廃車手続きと必要書類

この区分のバイクを廃車する場合は、ナンバープレートを外し、管轄する運輸支局(自動車検査事務所)で手続きを行った後、解体業者などに解体を依頼します。

手順:
1.ナンバープレートを車体から取り外す
2.運輸支局(自動車検査事務所)での手続き
 ・軽自動車届出済証返納届(運輸支局内に設置)へ記入
 ・軽自動車届出済証返納証明書交付請求書(再使用する予定があるとき)
   ※解体処分する場合は不要。運輸支局内で購入
 ・必要書類の提出、要印鑑
 ・ナンバープレートの返納
 ・軽自動車届出済証返納証明書を受け取る
3.軽自動車届出済証返納証明書を持って解体業者で解体
4.廃車完了

廃車手続き後、自賠責保険の有効期限が残っていれば、保険料が戻ってきますので、廃車する場合にはできるだけ早く手続きを行いましょう。

◇一時使用中止

一時使用中止する場合には、手続き後に「軽自動車届出済証返納済確認書」と「軽自動車届出済証返納証明書」が発行されますので、大切に保管しましょう。再登録する場合に必要になります。

手続費用は廃車の場合は「無料」。一時使用中止の場合には「500円」の手数料がかかります。解体費用は別途必要です。

【関連記事】
[189]バイクの廃車手続き(125cc以下)

[189]バイクの廃車手続き(125cc以下)

| 関連記事(1)

バイクの廃車について述べます。バイクは排気量によって手続きが異なります。

まず、125cc以下の原付バイクの場合。

通常、原付というと50ccのバイクのことをいうように思えますが、125cc以下のバイクを総称して「原付」といいます。50cc以上のバイクは普通免許では乗れません。またナンバープレートの色も異なります。排気量が50cc以下の第一種原付は白色。総排気量が50ccを超え、90cc以下の第二種原付は黄色。総排気量が90cc以上125cc以下のは桃色のナンバープレートです。

◇「125cc以下の原付・バイク」の廃車手続きと必要書類

「125cc以下の原付・バイク」を廃車する場合は所轄の市区町村の役場で手続きを行います。廃車手続きをしたうえで、解体業者などに解体を依頼します。

手順:
1.ナンバープレートを車体から取り外す
2.市区町村役場で手続き
 ・備付けの廃車申告書へ必要事項を記入
 ・必要書類の提出、印鑑持参
 ・ナンバープレートを返納
 ・手続き完了すると廃車証をくれます
3.廃車証をもって解体業者で解体
4.廃車完了

廃車手続き後、自賠責保険の有効期限が残っていれば、保険料が若干戻ってきますので、廃車する場合にはできるだけ早く還付手続きを行ないましょう。

◇一時使用中止

「125cc以下の原付・バイク」を一時使用中止する場合には、上記2の手続後に発行される「廃車証明書」を大事に保管しておきます。また使うようになったときにはこの廃車証をもって再登録すれば使用できるようになります。
125cc以下の原付バイクの場合は費用は無料です。解体費用は別途必要です。

次回は126cc以上250cc以下のバイクの廃車についてです。

【関連記事】
油冷エンジン
[183]廃車手続き(2)

[180]2輪車ETC車載器リース制度

| 関連記事(0)

前回でお知らせしたETC車載器リース制度ですが、4輪車のみならず、2輪車ETC車載器リース制度も実施されています。2輪車はゲートで一旦停止し、手袋を外して財布を取り出し料金を支払うという非常に時間のかかる作業となります。ETCの恩恵は4輪車よりむしろ2輪車にこそあるでしょう。

そんな2輪車も2006年11月よりETCが使えるようになりましたが、クルマと違ってバイクの場合は雨風があたるため取り付け位置が難しく、取り付け方法も困難なため、取り付け費用も高額になっています。そこで望まれるのがこのリースで制度。

概要は4輪車と変わりませんが、実施期間は、平成18年11月1日から平成19年3月31日まで、つまり現在実施中です。また助成金は15,750円となります。2輪ETCは金額も高いので助成金も大きくなっているようです。

リースの条件は4輪車と同じです。ただし4輪車の場合にあった先着25万台という縛りは2輪車の場合は無いようです。

・リース、クレジット、割賦販売などで分割で支払う契約であることが必要。
 一括クレジット払いや、現金払いは不可。
・この制度を取扱っている店舗で購入すること。すべての店で扱っているわけ
 ではない。
・アンケートに回答する必要がある
・助成金は15,750円。


お問合せ先
ETC車載器リース制度事務局 ((財) ORSE 業務部内)
TEL. 03 (3263) 7921(平日 9時?17時)
http://www.orse.or.jp/monitor2/index.html
qrcode100006493.gif
デイトナ 46727スリップオンステンレスオーバルマフラー

楽天で「バイク用品」を探す

たまごや内を検索する


カテゴリ

旧サイト

メルマガで購読する

 

 

powered by まぐまぐトップページへ

このサイトを購読する

女性のためのクルマ読本

おすすめアイテム

アーカイブ

全 193 件-タイトル表示

著者プロフィール



ご訪問感謝!

創刊:2000.05.15


人気ブログランキング - 女性のためのクルマ読本