カテゴリ"楽しいクルマいぢり・DIY"の記事

わがステップワゴンも初度登録から10年。白い塗装はかなり劣化して、洗車ワックスをしてもすぐに水垢だらけになります。メンテする時間もあまりなくここ一年くらいは洗車もせず放置。カーポートの下に置いてはありますが、かなり汚い状態。ちょうど一週間後におめでたい席もありますので、ここでプロに頼んでカーコーティングをしてもらうことにしました。

近くのGSで「KEEPRE(キーパー)というカーコーティングをやっているのでこれに挑戦することにしました。メニューを見てみると、キーパーコーティング、クリスタルコーティング、そしてダイヤモンドコーティングというのがあります。

キーパーコーティング   施工時間約30~40分¥6,400
ホワイトキーパー(白専用)施工時間約40~50分¥7,700
クリスタルキーパー    施工時間約90分¥19,800
ダイヤモンドキーパー施工時間約5時間30分¥54,900
(価格はMサイズ、2009年4月現在)

ステップワゴンなどワンボックスカーは屋根が高く表面積もあるためLLサイズとなりお値段は最高値。今回依頼したのはホワイトキーパー¥8,900でした。施工時間は約1時間とのことでしたが、実際にかかった時間は5時間。水垢取りにさぞ大変だったことでしょう。

ホワイトキーパーの手順:

1.手洗い洗車

まず手洗い洗車で、ボディに付いている汚れを落とします。 特殊な汚れ(鉄粉・水垢・虫汚れ)などは、専用の洗車方法で落としていきます。

2.コーティング

ボディ全体に丁寧に手塗りを行い、キーパー被膜を作りだします。

3.仕上げ

水分と余分なコーティング被膜を除去しキレイに仕上げます。

4.完成

キレイになったかどうかをチェックし、拭き残しが無いことを確認して完成です。

で、仕上がりは非常に満足がいくものでした。ただでさえ大変なワンボックスの洗車とコーティングが8,900円ですから。次回はメンテナンスがよりかからない、機械がけのクリスタルキーパーにしたいと考えています。

たまごや

【関連記事】
[193]ガラスコートにチャレンジ
[175]ワックスがけは楽しい

[196]スパークプラグ

| 関連記事(0)

30年位前はプラグといえば車検のたびに取り替える消耗品だったものですが、今では耐久性が増し、10万キロ走っても交換不要という時代になりました。しかし、クルマの性能をより上げるには、スパークプラグはお手軽なチューンナップ方法なので、是非お勧めしたいと思います。

その前にスパークプラグの役割を説明しておきます。

ガソリンエンジンの場合、気化したガソリンと空気を混ぜてエンジンのシリンダーの中で圧縮し、一番圧縮されたところで、スパークプラグに電気を流して火花を飛ばし、着火して爆発させます。この爆発力ピストンを押し上げ、エンジンのパワーとなるわけです。

その点火の役目を担うのが、スパークプラグ。エンジンの頭頂部にねじ込んで使いますが、その中心のあるのが電極。この電極にイリジウムを使ったものが高性能でおススメです。

プラグの中心電極は太いとすぐに冷却されてしまうため着火性が悪くなります。そこで中心電極を細くする必要があるのですが、イリジウム電極は直径0.4mmと細くできておりなかなか冷却されない構造になっています。冷却作用が極めて小さいため熱が奪われにくく、プラグの基本性能ともいえる確実な着火が可能となっているのです。

また着火性の向上には、火花が飛んでガソリンの引火した時点でできる火炎核を大きく成長させることが重要なポイントです。この火炎核は電極のギャップを広くすることで大きくすることができるのですが、間隔が広がると同時に失火の原因ともなります。そこで、接地側電極に溝をつけるなどの工夫をして、飛火電圧は低く保ったまま、強力な火炎核を作る構造になっています。

10万キロ無交換を実現したのはプラチナプラグの登場のおかげですが、性能からするとイリジウムプラグのが上です。しかし高性能な分寿命はプラチナプラグより短いものでした。最近の製品では中心電極にイリジウムを使い、接地側電極にプラチナを使った超寿命プラグも発売されています。

イリジウムプラグの価格はおよそ1300円くらい。4気筒の場合は4本。6気筒の場合は6本必要ですが10万キロ持つと思えば安いもの。パワー増強、燃費向上にイリジウムプラグを試してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
[77]プレミアム軽油
ニッサンスカイライン2000GT-ESTURBO(1980年モデル)

[193]ガラスコートにチャレンジ

| 関連記事(1)

昔は一日に2回もワックスがけをすることも珍しくなかったたまごやですが、今や年に2回もすればいいほうの無精者になってしまいました。しかし、白いボディのステップワゴンはいかにも汚く水垢でしみだらけ。ここは一つ、きれいにしようと一念発起。せっかくなので今後のメンテナンスの楽なガラスコート(ボディコーティング)にチャレンジすることにしました。

ガラスコートは普通のワックスと違って、ボディの塗装面にガラス皮膜を作って汚れからボディを守る構造です。ガラスは化学物質にも反応しにくい安定した物質ですから、効果が期待できます。

ガラスコートは業者に頼むと安くて5万、しっかり施工ですと15万くらいとるところもざらです。もちろんその仕上がりは価格に比例します。15万円はちともったいないのでここは一つDIYで挑戦することにしました。

まず、ガラスコートに何を選ぶかですが、ネットで探してもボトルあたり大体7?8千円位します。効果を確かめるにはまずお試しセットがあればいいな、と思っていたところ2,980円というスターターキットを発見。早速申しこんで購入しました。

中1日で届いた製品は「クリスタルガード・ワン100mlスターター」です。

ガラスコーティングにはいろいろな種類がありますが、一番のポイントは素人でも簡単に施工ができ、しかも効果が期待できる、という点です。

性能がよくても施工にプロの機材が必要ではお手軽ではありませんし、簡単であっても効果が期待できないのでは話になりません。その点、クリスタルガード・ワンは施工が簡単で効果が期待でき、しかも回数を重ねるごとに皮膜が強固になるという点が素人向きです。しかもネット上でもそこそこ評価が高いのがうれしい。

なお、誤解の無いように言っておきますが、ガラスコートは化学反応によるボディの劣化が遅くなることと、ガラス皮膜により汚れが落としやすくなることを目的としています。ショールームにあるような濡れたような艶を期待するならば、ガラスコーティングではなく、もっと優れたポリマー系のコーティングをおすすめします。ガラスコーティングは無精者のコーティングなのです。

ガラスコーティングの詳細記事はこちら

【関連記事】
[175]ワックスがけは楽しい
[04]雨が降る前に洗車ワックス

[175]ワックスがけは楽しい

| 関連記事(2)

外車のショールームに行きますと、クルマがやけにぴかぴかだったりします。濡れたようなこの艶はワックスの効果です。

本来ワックスといえば天然成分です。ろうそくを作る蝋もワックス。木蝋(ハゼ蝋)やウルシ蝋は日本人としておなじみです。これらは植物性のワックスですが。動物性のワックスもあります。イボタ虫というカイガラムシから取れるイボタ蝋は木製品や生糸のつや出し、たんすや敷居のすべりには欠かせないものでした。

クルマ用としてはヤシから採れる「天然カルナバ蝋」それも100%のものだけをワックスといいます。これが最高級品。といってもカルナバ蝋は非常に硬いワックスなのでそのままでは使えず、多くの場合やわらかいワックスとブレンドされているのが普通です。

これに対し化学合成されたコーティング剤があります。こちらはフッ素系、シリコン系、チタン系などがあり、いわゆるポリマーコーティングといわれるものです。コーティングはワックスに比べ、汚れを寄せ付けず、撥水効果も備えていて汚染物質や水、油などの外的要因に対して強い耐性を持つのが特徴ですコーティングは塗装面の上にもう一枚塗装をしたようなもの、と考えるとわかりやすいと思います。

コーティングのメリット

1.新車は一層輝きを引き立たせ持続させます
2.中古車は新車の美しい塗装面が蘇ります
3.化学成分に強いため塗装面を酸性雨から守ります
4.ポリマー分子が細かいため平滑性・硬度が増し傷がつきにくくなります
5.持続性があり頻繁なメンテ不要、通常は水洗いだけでOK
6.紫外線を防ぐので色あせ・シミ・退色を防止します

ワックスとコーティングは全く違うものですが、実際には双方混ぜて製品になっていることがほとんどなので、用途によって選ぶといいでしょう。とにかく濡れたような艶がほしいという人は、カルナバ蝋がたっぷり含まれたワックスがベストです。ただし高価です。

昔はワックスには必ず汚れ落とし用のコンパウンド(研磨剤)が配合されていたものです。コンパウンドが入っていると塗装面を削るのでボディには良くないとされていました。しかし最近の製品ではコンパウンドが混入されているものはむしろ少なくなっていて、一方でいろいろな用途別にコンパウンドが別売りされるようになりました。

もし汚れ落としも兼ねるのであれば、適当な粒子のコンパウンドを使ってみるもの一考です。

◆「テフロン」と「チタン」

一番新しいタイプのコーティングはチタンコートといわれるものです。これはボディ塗装面にアクリル樹脂や遠赤外線加熱テフロンを施し、チタン配合剤を塗布するもの。大体3年間位は効果が持続します。チタンは表面硬度が高く耐久性があるからです。そしてチタンには酸化チタンを使いますが、これが流行の光触媒による防汚効果があります。ボディに付いた汚れを自動で分解、雨が流し去る仕組みです。

テフロンコーティングとは塗装面にフッ素樹脂をコーティングすることをいいます。フッ素は表面に非粘着性・耐薬品性・低摩擦係数をもたらし、汚れがつきにくくなるというものです。表面はチタンほど硬くないので、耐久性はやや劣ります。剛で汚れをは跳ね返すチタンに対して、柔よく汚れを落とし去るテフロンコーティングといえます。(テフロン加工=フッ素加工と同じです)

年末は洗車ワックスの季節。効果のあるワックス&コートをいろいろ試してみてはいかがでしょうか?基本的に、性能は価格に比例しています。安いワックスはそれなりの効果しか見込めませんので、輝きにそれなりのものを求めるならば、ちょっと奮発してみましょう。

qrcode10021523.gif
シュアラスターの代名詞。アッパーグレードワックスシュアラスター S-01 ザ・シュアラスター 320g
楽天で「カルナバ」を探す

[155]スピーカーとデッドニング

| 関連記事(0)
クルマ生活で欠かせないのがオーディオですが、走行中は色々な騒音を拾って良い音で聞けないという悩みがあります。対策としてカーオーディオをいじるわけですが、比較的効果があるのがスピーカーの交換です。車種によってはビスを外すだけで交換可能な場合もありますがフロントスピーカーの場合はほとんどの車種でドアの内張りを外す作業がありちょっと手間取りますが、交換後の感動は何ものにも変えがたいものがあります。じっくり挑戦してみませんか?

スピーカーのサイズは基本的にオリジナルと同じものを選びます。スピーカーには1つのスピーカーで全域をカバーするフルレンジ型、高音用スピーカーを別にしたセパレート型、高音用スピーカーと低音用スピーカーを同じ軸で固定したコアキシャル型の三種類があります。

オリジナルはほとんどフルレンジ型なのでグレードアップとして効果を求めるには、コアキシャル型かセパレート型にします。高音用スピーカーが目線に持ってこれるセパレート型が人気のようです。リアトレイのスピーカーを交換する場合は、セパレート型ではなくコアキシャル型がいいでしょう。

さらにグレードをアップしたい場合にはサブウーファーがお勧めです。音楽というのは低音が命。しかし走行中はこの低音がロードノイズやエンジン音にかき消されてほとんど体感できません。そこで低音だけ増強してくれるサブウーファーが出番というわけです。

低音は指向性がありませんから、サブウーファーはクルマの中のどこにおいても大丈夫です。床に転がしておいても大丈夫。なお、ウーファーはパワーを食いますので、大きなものを駆動する場合には専用のアンプを用意する必要が出てきます。予算も食いますのでほどほどの物を選びましょう。

低音が十分に出るようになると今度は車内のビビリ音が気になり出します。特にドアはクラッシュに備えて壊れやすいよう軽量化されていますので、大きな音に共鳴してビビルことしばしば。このビビリ音を消すにはデッドニングをします。質の良いサウンドを再現するにはアンプやスピーカーも大事ですが、デッドニングを施せばお手軽に音質のグレードアップが可能です。

デッドニングに使うのは制振シートといわれるもの。クルマ専用のデッドニングキットも発売されているのでこういうキットを使えば色々揃っていて便利です。スピーカーをグレードアップしデッドニングを施した車内空間で鳴り響く音楽は別物です。走り出せばその違いは一目瞭然。ぜひお試しください。

たまごや内を検索する


カテゴリ

旧サイト

メルマガで購読する

 

 

powered by まぐまぐトップページへ

このサイトを購読する

女性のためのクルマ読本

おすすめアイテム

アーカイブ

全 193 件-タイトル表示

著者プロフィール



ご訪問感謝!

創刊:2000.05.15


人気ブログランキング - 女性のためのクルマ読本