カテゴリ"試乗レポート"の記事

ハイブリッド車や電気自動車、あるいは水素自動車などいわゆる化石燃料からの脱出を図るためにエコカーへの取り組みが始まったのは結構前のこと。ホンダの初代インサイトは1999年9月に発売。またトヨタのプリウスも初代発売は1997年と10年以上も前に開発は行っていました。

しかし開発はしたものの化石燃料社会どっぷりの世間がそれを受け入れる土壌も無く、コンセプトカー的、環境問題に取り組んでいるぞ的スタンスで終わっていたのです。

それから約10年。経済状況は中国に追い越され、経済大国の地位が危うくなってきた日本は、内需拡大の意味もあって、環境立国をめざすことに方向転換。エコカー減税の政策も鞭となって国内はあれよあれよというまに新型プリウスと新型インサイトに埋め尽くされるに至ったのです。

これに乗り遅れたニッサンはハイブリッドではなく、完全電気自動車の開発に社運をかけました。ハイブリッドが従来の化石燃料に決別できないのに対し、完全電気自動車は化石燃料を全く使いません。このコンセプトを全面に出し、販売に至ったのがニッサンリーフです。

しかしリーフは400万円もするクルマなので、そうそう売れません。ニッサンはキャンペーンを打ち、試乗会を頻繁に行っていますが、そもそも抽選なのでなかなか当たりません。そこで私たまごやはニッサンリーフをニッサンレンタカーで予約し、一日自腹でゆっくり試乗することにしました。

続きはこちら

【関連記事】
[160]シビックハイブリッド

[160]シビックハイブリッド

| 関連記事(1)

シビックが新しくなりました。しかもイキナリ2005年日本カーオブザイヤーを獲得。その立役者といえるのがラインナップのなかのシビックハイブリッドです。プリウスに続く現実的かつリーズナブルなハイブリッド車の登場ということで早速試乗してきました。

新しいシビックは幅が広く端正なボディをまとっています。ノーマルエンジン車は1800cc、ハイブリッド車は1300ccですが、登録は3ナンバー車なります。幅は広いですが車高は低く、ボリュームは抑えたスタイルです。最近のニッサン車やトヨタ車はやけに嵩が深くボリュームがありますが、そんなデザインを嫌う人にはもってこいなシビックデザインといえましょう。

試乗車のグレードは、MXBという最高グレードにナビを装着したモデル。約280万円のプライスとなります。エンジンは1300ccで電動モーターが必要に応じてエンジンをアシストするタイプのハイブリッドです。トヨタのプリウスがモーターで走り必要に応じてエンジンがアシストするのとは対照的です。シビックはプリウスのようにエンジンを停止してモーターのみで走るというような芸当はできませんが、フットブレーキを踏んで車が停止するとエンジンはストップ。フットブレーキから足を離すと即座にエンジンスタートするところはハイテク車の本領発揮でしょう。

実際に走り始めると、その力強さは1300ccとは思えない軽さでスタートします。加速時はアシストを知らせるメーターが動いてそれと知らせます。減速時には充電メーターが動いて充電していることを知らせてくれます。ハンドルも小径で乗り心地もかなり堅め。ホンダスポーツを感じさせるものがあります。CMどおり運転して楽しい車に仕上がっていると感じました。

気になる燃費ですが、10モードでは約28km/Lとなっていますが実質は20km/l前後とのこと。同時に1800ccのV?TEC車も試乗しましたが、動力性能は互角と言えるでしょう。価格もほぼ同じ。とすればステータスを楽しむ意味でハイブリッドを選ぶのがベストと感じます。自動車税も1300ccのハイブリッドのほうが安く済みます。ただし、現時点での納車は3ヶ月以上あととのこと。忍耐強く待てる人のみがオーナーになれるようです。
旧車/ホンダ/シビック/1500RSL(次回同型車入庫予想時期)2012年ごろ
人気のホンダ車 新車のお値段は ?

[124]スカイライン350GT-8

| 関連記事(0)

ニッサンレッドステージのサービス工場に車検の見積りを頼みに出かけたところ、そこで見かけたのは2台の新しいスカイライン。

一台は新発売の2ドアクーペ。スカイラインは昔から2ドアクーペ(昔は2ドアハードトップと呼んでいた)が伝統でありましたが、現行モデルでは当初4ドアセダンしか発売していませんでした。それがやっと発売の運びとなったわけです。4ドアと似ていて非なるボディラインはなかなか魅力的です。

ミッションは6速マニュアルと5速AT。エンジンは3.5リッターエンジンのみの設定で、マニュアル車のほうが価格が高いのが当世風。一番高いプレミアムモデルでも356万円とかなりお買い得な価格設定です。先般発売されたフェアレディZもほぼ同じ価格ですから、2ドア車を買おうと思っている人は悩むでしょうね。

しかし、派手ないでたちの2ドアクーペよりも目玉といえるのが4ドアセダンの350GT-8です。このクルマに搭載されたトランスミッションは無段変速のCVT。しかも無段変速なのに8段変速というヘンなトランスミッションです。とても気になるので試乗してみました。

通常走行はDレンジでOK。なにも気にする必要もなくスルスルと走り出します。無段変速ですから、ギアショックはありません。アクセルを踏まなくてもブレーキを離すと動き出してしまうクリープ現象も全くないわけではありませんが、しっかり抑えられていて、停止時にブレーキを一生懸命踏んでいる必要はありません。軽く足を乗せていればクルマは動いていきません。

3.5リッターのエンジンは必要十分であり、アクセルを軽く踏むだけで力強く加速します。この力強いエンジンに組み合わせるCVTは世界技術のエクストロイドCVTといわれるもの。もともと無段変速のメカニズムはベルトを使ったものが多いため、高い負荷がかかるのが苦手で、どちらかというと小型車向きの技術でした。しかしニッサンはパワーローラーという角度が変る可変ローラーを開発し、高いトルクを持つエンジンにも組み合わせられるCVTを開発したのです。こういうところが「技術の日産」たるゆえんです。

走りながらモードをマニュアルにしてみると8段変速のマニュアル操作をが楽しめます。そのギアのままエンジンの回転とともに速度も上昇します。アクセルを離すとエンジンブレーキがかかり、ギアが固定されていることがわかります。走行中にマニュアル操作をしみると、エンジンの音が変わって変速しているのがわかります。が、マニュアル操作があまり必要とは感じませんでした。

ステアリングにもパドル式の切り替えスイッチが出ていて、ハンドルから手を離さなくても、マニュアル操作ができるようになっています。ですが、多少熟練を要し、初めての試乗で操作できる代物ではありませんでした。通常ならば普通のオートマと同じくDレンジでよろしかろうと思います。

ステアリングを切った感じはかなりクイックで、スポーツセダンの名に恥じない動きをします。先代のスカイラインはややもするとファミリーセダンでしたが、このクルマは明らかにスポーツカーです。

スカイラインの4ドアは意外と大きなクルマですが、運転した感じはとてもタイトでとり回しが楽なクルマです。しかし試乗するとほしくなってしまいますね。ちなみにこのスカイライン4ドアセダン350GT-8は366万円。諸費用を入れると400万円を超えます。ビンボーたまごやにはちょっと買えませんね。

[121]トヨタWISH

| 関連記事(0)

今から22年ほど前になりますか、マツダのファミリアがブレイクした時期がありました。FFになってスタイルが抜群によかったせいで大いに売れました。
http://www.mazda.co.jp/philosophy/history/

そのとき懇意にしていたトヨタのセールスマンがぼやくぼやく。「うちにもあんなクルマがあればなぁ・・」。販売店が多くセールスマンを大量に抱えていたトヨタは嘆くセールスマンのために似たような車を作りました。それがカローラ2でありコルサでありターセルだったのです。こういうときのトヨタの対応はすごく早い。さすが販売のトヨタです。ちなみにカローラ2はあまり売れませんでしたねぇ。そこそこ人気はありましたが。

今回WISHを見たとき、だれもがホンダのストリームの真似だと思ったように、やはり私も同じように思いました。ホンダがストリームをヒットさせ、それをトヨタが黙っているわけがありません。そこはトヨタ、すばやくストリーム対抗車を世に送り出したのです。

ホンダはミニバンのオデッセィをヒットさせ、その後にストリームをヒットさせましたが、ストリームのその魅力は価格の安さにあります。グレードにもよりますがオデッセィとストリームでは100万円も開きがあります。同じ7人乗れるならストリームが売れるのは当然のことです。

WISHもその魅力はお手ごろな価格設定といえます。そしてストリームが青ざめるのはその質感です。最近のトヨタのクルマはものすごく質感が高い。オデッセイの質感に迫りながら価格はストリーム並み。これは商品価値があります。しかも「トヨタの安心」が付属しているのです。

さて、そのWISHに試乗してきました。お世話になったのはいつものネッツトヨタ店。ドアの開け閉めやシフト感覚、ステアリングの剛性など文句のつけようがありません。試乗したのは2WD1800ccエンジンのXタイプでしたが実用上は十分な性能を持っています。ただしスポーツカーのようなわくわくする走りではありません。もっともそういうところを狙ったクルマではないので、スポーツ性を期待しては酷というものでしょう。

3列に並んだシートは7人が乗ることができます。しかし7人乗って長距離はちょっとつらいでしょう。荷物もあることを考えると5人ゆったり、というところではないでしょうか。エンジンは1800ccと2000ccが選べます。2000ccのほうはややスポーティな仕上がりです。

このクルマはいろいろなシーンに使えそうなクルマなので、エンジンはあえて軽快な1800ccを選び、必須アイテムとしてはカーナビをぜひとも装着したいところです。そしていろいろなところに自由に行くのです。オプションを欲張ると上位車種(この場合イプサム)に目移りしてしまうトヨタマジックに引っかかりますのでオプションは極力最小限に。

5ナンバー車ですから取り回しや維持費も楽です。今年新車を買おうと思っているう人は候補からはずせない一台だと思います。いやはやこれだけトヨタを褒めるはひさびさですねぇ。

たまごや内を検索する


カテゴリ

旧サイト

メルマガで購読する

 

 

powered by まぐまぐトップページへ

このサイトを購読する

女性のためのクルマ読本

おすすめアイテム

アーカイブ

全 193 件-タイトル表示

著者プロフィール



ご訪問感謝!

創刊:2000.05.15


人気ブログランキング - 女性のためのクルマ読本