ハイブリッド車や電気自動車、あるいは水素自動車などいわゆる化石燃料からの脱出を図るためにエコカーへの取り組みが始まったのは結構前のこと。ホンダの初代インサイトは1999年9月に発売。またトヨタのプリウスも初代発売は1997年と10年以上も前に開発は行っていました。

しかし開発はしたものの化石燃料社会どっぷりの世間がそれを受け入れる土壌も無く、コンセプトカー的、環境問題に取り組んでいるぞ的スタンスで終わっていたのです。

それから約10年。経済状況は中国に追い越され、経済大国の地位が危うくなってきた日本は、内需拡大の意味もあって、環境立国をめざすことに方向転換。エコカー減税の政策も鞭となって国内はあれよあれよというまに新型プリウスと新型インサイトに埋め尽くされるに至ったのです。

これに乗り遅れたニッサンはハイブリッドではなく、完全電気自動車の開発に社運をかけました。ハイブリッドが従来の化石燃料に決別できないのに対し、完全電気自動車は化石燃料を全く使いません。このコンセプトを全面に出し、販売に至ったのがニッサンリーフです。

しかしリーフは400万円もするクルマなので、そうそう売れません。ニッサンはキャンペーンを打ち、試乗会を頻繁に行っていますが、そもそも抽選なのでなかなか当たりません。そこで私たまごやはニッサンリーフをニッサンレンタカーで予約し、一日自腹でゆっくり試乗することにしました。

続きはこちら

【関連記事】
[160]シビックハイブリッド

~ネットで探す~

今はGooネットやカーセンサーで日本中の中古車を検索することができます。遠方であっても陸送費を負担すれば、ラクラク楽々購入できる時代になりました。

そこで、今回はネットでお目当ての車の探し方をお話します。

マニアックな車やスポーツカーは別として、日常で使う実用車を買うのであれば、国産車、それもトヨタ、日産、ホンダ、三菱車のなかから選ぶことになると思います。

そして車種ですが、全国対象で検索したときに3000件とかの多く出る車種を選びましょう。

メジャーなトヨタ車であっても、車種によっては出来の悪い車もあります。そういう車は人気が無いので検索ヒット数でも数が少ないのです。よく出来た車=検索数も多い、と判断します。

検索項目は、まず走行距離を決めます。ここはできれば3万キロ以内としましょう。

次に年式ですが、現行モデルを狙うのであれば3年以内。前モデルも含めるのであれば5年以内にします。

上記2項目を埋めてまず検索します。

この時点では、新車同様の車も含まれますので、最高価額は新車価格に近いものも表示されています。

新車同様ならば、新車を買う選択肢もあります。せっかくの中古車選びなので、ここは新車価格の半額くらいを上限にして再検索します。この結果得られる情報のなかから、年式が新しく、走行距離が少なく、価格が半額になっているものを選びます。これが買い!の中古車です。

検索結果に表示されたものの中で一番安いものを選んでしまいがちですが、ここは一番高いものを選びましょう。中古車といえども、やはり価格=価値を表していることが多いからです。

たまごや

【関連記事】
[206]中古車のススメ(上手な中古車の選び方-2-)
[14]楽しい中古車選び

たまごや内を検索する


カテゴリ

旧サイト

メルマガで購読する

 

 

powered by まぐまぐトップページへ

このサイトを購読する

女性のためのクルマ読本

おすすめアイテム

アーカイブ

全 193 件-タイトル表示

著者プロフィール



ご訪問感謝!

創刊:2000.05.15


人気ブログランキング - 女性のためのクルマ読本