新旧ファミレスの現状と押し寄せる新しいフードサービス。果たしてファミレスは生き残れるのか?

2000年5月7日訪問:IHOP

IHOP
パンケーキレストラン-アイホップ-
2000年5月7日訪問

パンケーキレストラン-アイホップ-

ちょっと毛色の変わったファミリーレストラン「IHOP」。これはアイホップと読む。アメリカ色を打ち出したレストランだ。

パンケーキレストラン-アイホップ-

駐車場への案内看板。アメリカの星条旗カラーで決めているが、ちょっと時代を感じる。

パンケーキレストラン-アイホップ-

IHOPとはInternational House of Pancake の略。つまりパンケーキ屋さんだ。アメリカでは600店舗もあるらしい。

パンケーキレストラン-アイホップ-

パンケーキをワッフルがウリ。ということでこれはチョコレートワッフル¥430。ドリンクがついて¥630。ドリンクアメリカンコーヒーを頼んだが、時間がたっているのを出された。お代りは自由だがお代りを頼んだらなぜかブレンドコーヒーが出てきた。これは落としたてでおいしかった。

パンケーキレストラン-アイホップ-

パンケーキやワッフルにつくシロップは3種類。ブルーベリーソースと蜂蜜。そしてメイプルシロップ。

パンケーキレストラン-アイホップ-

トイレ、洗面所の設備は古いが清掃は行き届いている。ハンドドライヤーはほとんど微風と言っていい。使えない。隣の小さいキャビネットは石鹸。これはいい。

パンケーキレストラン-アイホップ-

トイレットペーパーは薄いシングルで硬くて使いにくい。トイレで評価する御客さんは多いので、こういうつまらないところで手を抜かない方がいいと思う。
全体的に寂れたムード。パンケーキとワッフルだけでは勝負にならないのか。ちょっと残念。いいものは持っているのだが。デニーズやロイヤルに比べるとメニューは安め。だが同時にゴージャスな感じもなく全体的に安っぽい。従業員も集まらないのか、ヤンキー風のキンキンおねえさんがウエイトレスをしていた。
[086]今はなきIHOP

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP

Copyright(c) 1994-2018 ファミレス様、覚悟せよ! -デジタルたまごや All Rights Reserved.