葬儀・法事に関するマナー

喪中であっても鳥居をくぐらなければいいともいわれますが、そもそも喪中の場合は「死の穢れ」があるという理由から参拝を禁じているのですから、鳥居をくぐるくぐらないの問題ではありません。神式を重んじるのであれば、参拝自体をしてはいけないので ...

葬儀・法事に関するマナー

忌中(きちゅう)とは親族が亡くなったときに「死の穢(けが)れを忌(い)む」期間のことをいいます。忌中については服忌令(ぶっきりょう)に基づいて決められており、神道の氏子の場合は50日、仏教では49日となっています。

葬儀・法事のマナー

故人を供養する年忌は大体三十三回忌で終わりにします。これを弔い切り(とむらいぎり…