エッチの条件 -遠山千秋-

男の前で身も心も裸になる瞬間、すれ違う思いと言葉。嘘をついたのは身体なのか、心なのか・・。性にまつわる女の子の本音を赤裸々に綴ります。

遠山千秋ご案内

はっぱ

遠山千秋自己紹介

はっぱ

発行履歴

新着エッセイ

エッチの条件2へ
51 ヨイノクチ。
50 伝わる想い
49 ぎりぎりのライン
48 静なる性
47 甘えの構造
46 近くて遠い距離
45 簡単嗜好
44 感度の問題
43 壁を越えた向こう側
42 遠距離の秘訣
41 暗い夜の足音
40 イイ男の条件
39 別れの理由
38 喪失の代償
37 おんなの証
36 透明なキモチ
35 薄皮一枚の先
34 永遠の契り
33 沈黙の絆
32 充足の蓄積
31 生の浄化
30 愛しさの根源
29 損得の果て
28 嫉妬の正体
27 身体の声
26 素晴らしき日々
25 痛みの行方
24 罪への階段
23 愛撫の条件
22 キレイの条件
21 評価の主体
20 内を守るもの
19 快楽の種類
18 性の主役
17 充足の存在
16 神秘の入り口
15 その手の温もりの中に
14 一方通行の先
13 明日への条件
12 浮気の条件
11 「感謝」から「当然」までの距離
10 性から日常へ
09 月に一度は
08 正しい言葉
07 言葉が欲しい。
06 目交わいの条件
05 0.5の寂しさ
04 FIRST LOVEの条件
03 ハダカの条件
02 カラダの条件
01 KISSの条件

00

プレリリース

第0回

プレリリース


はじめに
 
「恋愛」の価値、男の善し悪し、そんな中身は良くわからない。ただ身体は、とっても正直、かつ現実的だと思う。

「気持ちイイか気持ちよくないか」
ただ、それだけ。

好きな男に抱かれても、気持ちよくないときもある。
どうでもいい男に抱かれて、悦ぶときもある。

果たして嘘をついているのは、心なのか、身体なのか。


きっかけ

私は実に平凡な毎日を満喫する24才。そんな私が性について考え始めたのは、少し前のことだった。

きっかけは、私が他の男に抱かれたことにある。

それを知った元彼も、最初は動じなかった。私達はそういう「契約」をかわしていたから。

でも、だんだん彼は許せなくなった。
私は「許せない彼」が、また許せなくなった。

そんな時に抱かれた。

最中、下から彼を見上げて、私は恐怖した。
彼の目は何も見ていなかった。私も、私達の時間も。

目を閉じて、何かを追いかけるように身体を動かす彼。

その瞬間、私の身体は一気に強ばった。
気持ちよさは一瞬に失せた。

彼に対する警戒心だけが私を貫く。その時、私は心と身体の繋がりを知った。



きっかけは、確かに私の「ヨカラヌ」行動だった。

私の行為を責める言葉は、この世界にはたくさんある。
私がどれほど「イけない事」をしたか、それを説いてくれる人もたくさんいる。

でも、気持ちよかったはずの身体が、なぜ一瞬にして裏返ったのか、その理由を教えてくれる人は少ない。

とある人は、二人の愛情が冷めたからという。
とある人は、私が変わったからという。
とある人は、彼が変わったからという。

どれが本当か、私は知りたい。


これから

身体が嘘をついたのかもしれない。
心が嘘をついたのかもしれない。

どちらでもいい。ただ、私は正直に生きていきたい。
このメルマガは、隠されがちな「性」への女の子の本音を正直に書いていきます。

皆さんは、嘘や誤魔化しのない世界って、どんな世界だと思われますか。

2002.06.01
 

遠山千秋

エッチの条件

 

 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

小口輸入支援・販路ドットビズ

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.06.14
訪問者数:
更新:2013.06.09
デジタルたまごやトップ