或る少女の恋物語

チョコレートカクテル

甘くそしてほろ苦い女と少女の間のゆらゆらを、村上佳奈美が独自の切り口でスッパリ書いていきます。愛と恋と性に関する女の本音をテーマにしたちょっといい話たち。カクテルグラスを傾けながらリラックスしてどうぞ。

村上佳奈美

チョコレートカクテル

マガジン発行履歴
あなたもライターになれる

41-95号

40 五十年恋人(上)
39 恋愛大臣!?
38 ヒニンのあれこれ
37 避妊具のCM
36 アンネのCM
35 おとなのしるし(下)
34 おとなのしるし(上)
33 セックスの風景
32 空想のなかで・・・
31 おにいさん
30 恋人といるとき
29 擬似恋愛
28 親の「現場」
27 いとやんごとなき人のオンナであること
26 「公」と「私」の分かれた男
25 恋愛ジプシーな女
24 ?のアルバイト
23 センセイと寝るということ
22 アイシテルダンギ
21 傷心旅行
20 幸せなセックス
19 男と女とそして・・・
18 そこにある憂鬱
17 微妙なキス
16 バージンエクササイズ(下)
15 バージンエクササイズ
14 ひとまえでキス
13 お返事の心得
12 男の手
11 バレんたいん
10 ふたりだけの愛言葉
09 サセ子ってなんじゃ
08 ラブホテル考(下)
07 ラブホテル考(上)
06 百人一首の「艶」
05 キスマーク
04 愛すべきバカ女たち
03 ブラジャーの話
02 惚れる条件
01 或る少女の恋物語
 
第1回

或る少女の恋物語


あれは今からウン年前の成人式の日。私はものすごく緊張していた。・・・10年ぶりに、U君に逢える・・・のダ。

小学校5年生の時、私は激しく片想いしていた。勉強もスポーツもできて、モテモテの男の子だった。あのころってば、おつきあいする、という習慣がないものだから、誰かを恋しても目標とする事象が自分でもよくわからないでいた。とにかくU君を目で追ってみたり、その日U君とおしゃべりができたか、否かで、一喜一憂したりしていた。(きょうびの おガキさまはイロイロあるかもですが。ふふん。)

私の通っていた小学校では給食の牛乳瓶のキャップを集めるのが流行っていた。集めたからって特に何かするわけでもなく、その数を競うような感じだった。ふとしたキッカケで、私はU君と一緒になってキャップを集めることになった。U君は結構権力のある子だったから、私たちの“成果”はダントツだった。

しかし突然不幸はやってきた。父の転勤。そして私は転校。U君に逢えなくなる・・・それから私は毎晩、泣いた。何千と集まった牛乳キャップは、私が預かっていた。転校直前、私は胸が張り裂けそうになりながら勇気をふりしぼってU君に電話をした。牛乳キャップを返しにいきたい・・・と。ところがU君は不機嫌そうに、いらねぇ、やる。と言った。

なんでU君が不機嫌だったのかは、よくわからない。大事な預かりものをしているのに、直前まで転校のことをヒミツにしていたからなのか、それとも、緊張しすぎてアワアワ言ってる私の口調が気に障ったのか。とにかく、時折U君が私に向ける優しい眼差しに、もしかして・・・両想い? と、オメデタイ発想をしていた私の自惚れはズタズタに引き裂かれた。

しかもその牛乳キャップを、引越しのどさくさで母に捨てられてしまったときは、ベランダに出て、泣いた。U君の住む団地がそこから見える。窓の灯りが滲んでいた様子を今でもよく覚えている。

――そして あれから10年が経った。成人式の日の夜、その小学校の同窓会が行われることになり、私も招待された。U君も来るらしいという情報があり、今住んでるところの中学校同窓会そっちのけで、その会場へ向かった。

・・・いた! U君だ・・・。背はあまり大きくなっていなかったが、あの眼差しは変わっていなかった。笑うときの口のカタチ。坊主頭だったのがお洒落に髪を伸ばしている。あのまま、大人になった。過去の人という認識がなくなり、私の前で“現在進行人”として存在した。

U君と10年ぶりに談笑する。私のことを 変わらないね と言った。いつのまにかおぼえたお世辞をもからめて。――いまだ!私はこの日、どうしてもこの10年間の心の靄を晴らさねばならなかった。でも大真面目に語るのは憚られた。こうやって談笑しているときにこそチャンス!

「あー、あのね、気がついてたかな〜と思うんだけどね、 私あのころU君のこと好きだったんだ♪」・・・我ながらなかなかいいタイミング!顔はもちろん、“昔の話しだからさぁ〜”みたいな余裕をうかがわせる満面の笑み。しかし心臓バクバクである。

U君は全くそのままのペースで、言った。「へぇ〜、気がつかなかった。 俺はあのころねぇ、ミチヨちゃんが好きだったんだ。」

そのあと、自分がどんなリアクションをしたか、よくおぼえてはいない。ただ、心の靄だけではなく“何か”も晴らされた・・・というか、ふっとばされたのは確かだ。

199X年 成人の日。名実ともに成人になった。気がした。

2000.11.26
 
村上佳奈美

ダイヤに直接、輪っかを通した斬新なデザイン!4月は値下げ♪18金ホワイトゴールドペンダントネ...
楽天で「成人の日」を探す


チョコレートカクテル|村上佳奈美


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

アンコールワット世界遺産

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

男と女のシーソーゲーム

私は恋愛体質な女

不倫のススメPart2

外国人の彼、日本人の私

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2000.11.26

更新:2013.06.06
デジタルたまごやトップ