かっとびモデルの私生活 by REY

かっとびモデルの私生活
「モデルになってみたい」そんな思いを抱く女性は多いハズ。REYもそんな一人。甘い考えで憧れの職業にチャレンジ。しかし『こんなはずでは・・・』モデルになるまでのREYの険しく過酷な道のりと私生活。

キーワード:モデル,スカウト,公募,ファッション,オーディション,メイク,ヘアー,スタジオ

新着コラム

51 宝物(最終回)
50 最後の写真
49 若さと体型
48 オーディション結果
47 トホホなオーディション
46 雑誌掲載
45 夢と現実
44 初男性ファッション誌
43 ムービーな私
42 オーディションの嵐
41 復活
40 仕事復帰はTV出演
39 プチ静養
38 ストレス
37 食生活のツケ
36 POWER
35 今の私
34 感謝の気持ち
33 現役モデルとして
32 更新
31 新しい恋愛
30 事務所の更新日
29 初めてのミセス誌
28 引退の兆し
27 目標の実現
26 穴があったら入りたい
25 フィッティングモデル
24 様々なオーディション
23 理想の体型
22 プロフィール
21 イメージチェンジ
20 初めてのポスター
19 苦労の引越し
18 「カバーガール」
17 出会い
16 オペの日
15 入院
14 挫折の帰省
13 突然の災い
12 事務所の移籍
11 モデルの恋愛事情
10 現地へ訪問
9 going my way
8 劣等感
7 ポージング
6 「ホウレンソウ」
5 早速の吉報
4 初めの一歩
3 決心
2 早速のオーディション依頼
1 写真の不思議
0 プレリリース

REY自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる

第0回

プレリリース


今や世の中には、五万と「モデルになりたい!」と憧れる女性が存在すると思います。
そんな私も、その中の一人でした。

「モデル」とひとことで言っても、まさにピンキリな世界です。

一般的に想像してしまうのが、ファッション雑誌の中で、素敵な洋服を身にまとって写っているようなモデルさん、(これをスチールモデルというのですが)あるいは、有名ブランドの洋服を着てステージの上をさっそうと歩く、「ショーモデル」などが挙げられると思います。

モデルになるまでには、スカウト、一般公募などがあります。
モデル募集の雑誌を買い、直接事務所にコンタクトを取る、または、履歴書と写真を送り、書類審査から始まるのが、大体どこの事務所でもやっているパターンだと思います。
書類審査を通過したら、日程を指示され、カメラテスト、面接、と2次、3次と進み、最終迄残り、契約を交わして、初めてそこで、「所属」。
”自称”モデル(笑)、になれるというワケです。

私の場合は、それ迄やっていたOLを辞め他職へ転職後、憧れていたモデルの世界へ踏み込みました。
それは、右も左も分からない私にとって、何から始めようか。。。何気に見たアルバイト情報誌に、”ブライダルモデル募集in HAWAII”日給3万円。
そんな記事が目に飛び込み、オーディションを受けた事がキッカケとなったのです。

オーディション当日。
全くの未経験者の私にとってそれは、過酷なものでした。

ざっと見渡して、大体百数十名の参加者。
進行役の方が説明を始めました。

「受付でもらったバッジの番号順に、キャットウォークをウォーキングして、ステージ中央でパートナーと合流。そのまま進んで1度ワンポーズ、更に進みもう1ポーズ。少し下がった位置で自己PRしてください。」

「は?」
キャットウォークって何?
ウォーキング?歩けばいいってこと?
”パートナー”って。。。知らない人と。。。!?

何が何だかさっぱり分からない。
でも、先にやっている人の見よう見真似で、やってみた。
ガチガチ。多分私、ロボットみたいな歩き方してる。
自己PR?何を言ったか覚えていない。
ライト(照明)が眩しすぎて、ズラリと並んでいるであろう、審査員の顔も良く見えない。。。。

ひきつりそな顔を必死で、「笑顔、笑顔・・・」と心の中で、自分に言い聞かせるのが精一杯。

とにかく終わった。
心が空っぽな気分。

これは後から知ることになったのですが、オーディションを受けた殆どの人が、どこかの事務所に既に所属している女の子たちが大半を占めていたということ。
とてつもない倍率のオーディションを受けていたのです。
ちなみに、その年の該当者は出なかったと聞きました。

それから数日後、某モデル事務所から速達が届きました。
完全、諦めモードだった私は、「速達で来るなんて、もしかして・・・!」
緊張ピークの中、封を開けました。

そこには何と、「今回のオーディションは残念ながら・・・云々」
という内容が。。。続いて、「是非、ウチの事務所に所属しませんか?」
ありがちな展開でしたが、私は疑う気持ちひとつなく、数日後、その事務所を訪れました。

こうして、何となく”晴れて”と表現して良いのか分かりませんが、”所属”の身となったワケです。
それからの、過酷な日々なども想像せずに。。。。

2001.11.17

REY


スポンサード リンク


 

たまごや

声優を目指す少女マキ


知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.17
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ