« [128]持ち玉移動、共有 | TOP | [130]全く打てない時代 »

[129]CM

最近、パチンコのCMが増えてきた。倖田來未のCMはどーかと思うが。

マスコミを含めてメディアの影響力は大きい。そして感化される視聴者も多く、影響されやすい。それが間違った情報でもだ。

松本サリン事件。あの報道から視聴者は何か学んだか?学んでいない。捏造でテレビは変わったか?変わっていない。

話しをパチンコに戻そう。最近のCMといえば他に海シリーズ(ワンパラも)、仕事人、黄門ちゃま等々。当然これは視聴者向けのCMで、ホールには販売促進ビデオがある為にテレビCMを見てホールが買うという事はない。

このCMで「パチンコ」を全面に出しているのは京楽とSANKYO。まあテレビCMでリーチがどーの予告がどーのってのは一般の視聴者にはわからない事だから必要無い。しかし黄門ちゃまは、はっきり言って何のCMかわからない。増して最近始めた人でもわからない。何故水戸黄門じゃないのか、何故時代をまたぐよなのか。

CMだから何をやってもいいわけではない。広告に○○デーなんてのを見かける。7日…セブンデー、6日…設定6絡み、4日…ヨン様。これに日替わりだの強化週間だのお店は広告を出す。

広告は何をやってもいいのか?違う。増してパチンコは未だにギャンブルと公言していない。アングラな土壌を整備しないままで今回のように規制が緩和されると間違った方向へ進んだ時に大きなしっぺ返しを喰らう。

広告を出せばお金が掛かる。それは結果的にユーザーが負担する。別にやるなとは言わない。それによる効果もあるのだから。しかし金貸しのCMなのに「ご利用は計画的に、借りすぎに注意しましょう☆」なんて支離滅裂な事に結局なるんだから見ている人間も変わらなきゃならない。

CMは嘘は言わないが不利になる事も言わない。調子いい事だけを言う。だから気付かなければならない。全て鵜呑みしてはいけない。

黒川ユウキ


関連するアイテム


コメントする

(サイトオーナーに承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)