« [132]チートとゴト | TOP | [134]ジャイアニズム »

[133]止まらぬ偽造

ミートホープ社の偽装何かの動物肉コロッケに癒しの爆発温泉シエスパ、日本は色んな意味で着実に良い方向へと向かっている。前者は捻りが足りない。

前にも企業の怠慢がどーのこーの書いた記憶があるが、それでも止まらない。正に確変が潜伏していたかのように。ここは上手い。

もう少し、もう少しで何かが起こる。マスコミのバッシングや法整備だけじゃない「何かが」。

さて予言じみた事はさておき、最近パチンコ、パチスロ雑誌でも似たような事が多い。まあ商業誌だから仕方の無い事ではあるが、ちょっと行き過ぎた感がある。それはデータだ。

売れる為なら当然勝ちデータを載せたい。負けてばっかりのデータでは売れない。

しかし大量に取った「偶然の確率」を、さも当たり前の如く載せるのは如何なものか?

それがパチプロが書いているコラムなら偽造データでバレたら仕事は来なくなるので問題無い。ではデータ取りスタッフが10数人で数日取ったデータから勝っているデータだけをチョイスして載せるのは?

まあ雑誌にもよるが「勝つ事」を目的としているのならそれは違う。勝負事は負けている事から得られる物の方がが大きい。

ま、載っている記事が本物なら何等問題無いのだが、これが捏造データって結構あるのよねぇ…。だって簡単だもん。

例えばパチスロで5万枚の出ました?なんてのはソッコーバレるが500枚勝ちだったら簡単。読者も信じてしまうだろう。

理論上、ボーダー以上の台や高設定を打っていれば勝てる。しかし勝率100%は絶対に無い。

もっと言えばパチスロ程になれば月単位でも負け越す事は普通にある。んが、必ず勝っているんだよねぇ…。いや、勝っているんだよねぇ…。

ちなみにボクが書いていた雑誌では記事の手直しはあったがデータの改ざんは無い。負けた月は負けたと書いた。

「勝てる理論」と「現実」は違う。だからちょっと修正…ちょっと…もうちょっと…わかってるけどあとちょっと…大変です!爆発しました!!

…よく「一線を超える」という表現があるが、やる人は、その一線が見えない。見えないからとっくに超えた場所で地雷を踏む。

見栄を張り、欲を出し、自分だけを見て満足する。

いやわかるよ。盛り上げなきゃならない立場だったり、景気も良くなってるから。でも六月のパチンコ、パチスロ雑誌全般で勝ちすぎじゃない?てか今年に入って負け無しの人多くない?負けがあるなら何故言わない?そんな今年の上半期でした。

黒川ユウキ


関連するアイテム


コメントする

(サイトオーナーに承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)