« [134]ジャイアニズム | TOP | [136]パチンコ依存症 »

[135]低貸し玉

え?と…売り出し総額が42ユニット1260億で、払い出しが……596億ちょい?ペイアウト50%切ってるじゃん、サマージャンボ。totoよりひでぇ…。ども、黒川ユウキでございます。660億はどこへ?

さて、前回は昔話でも、と書きましたが今回は最近増えている低貸し玉について。

まあ大手ホールで導入している事が多く、所謂「射幸心」を抑える名目で始めてはいるのですが…ちょい待った。

確かに貸し玉が1発1円だとしたら千円で1000発。投資は抑えられる。…が、換金も1円で仮に5万発出ても5万円。まあそれはそれで考え方だと思うので構わないが、結局換金差が無い「等価交換」なのが問題。

パチンコで勝てるのは換金差があるからこそ。等価交換なら出玉率は100%を切らなければホールは赤字になる。貸し玉が今の1/2?1/4になるって事は売上ペースがその分落ちるだけの話し。

つまり、「投資している時だけ」よく回るように感じるだけ(今までの金額に比べて)で換金が下がった分、出玉は同じなので回転率の低い等価交換ではショボイ出玉で、あっという間に飲まれてしまう。これを「楽しんだ」と感じるか、「勝負」として考えるか。

貸し玉が低いからといって釘を開けるわけでは無い。高回転率を打てるのは換金差があるから。利益が少ないから開けるとは限らない。何で間違った方向へ進むかな。これもボーダー理論の結果か?でも換金率を下げる方がよっぽどホールは儲かるんだが…。

そもそも低貸し玉は時代を逆行する事だ。しかも景気が回復した今になってやる事ではない。今の人は知らないだろうが、昔は貸し玉が2円だった。時代としては手打ちの頃。ちゅー事は…四半世紀か?それほど前の事。

基本的にパチンコは出る事(ペイアウト100%以上)を前提に作られている。それは基本的に換金差があって、それでもホールが儲かるから。だから今の等価交換はスタートチャッカーだけでなくアタッカーや電チュー回り、スルーもギーッチリ締めている。

パチンコの基本経営は客に出してもらいつつ儲ける。儲けても出して遊んだ感を植え付ける事が出来る。低貸し玉は投資のペースが落ちるだけで負ける事に代わり無い。そこを間違えないように。

ま、それでも当たらない宝くじよりマシか…?一等前後賞3億円は24個、1ユニット何枚だ?確か6桁プラス100組で…1000万。42ユニットで当たりが24だから…1750万分の1!?いやバラで発売される分もあるから3億円の当たりは2000万分の1位か、ありえねぇ確率だ…。

黒川ユウキ


関連するアイテム


関連記事

» [136]パチンコ依存症 from ユウキ式パチンコ必勝法
暑い…いやホールが天国になる時期が来ました。まあ最近は省エネの関係でガンガンに冷... [もっと読む]

コメントする

(サイトオーナーに承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)