« [143]「のはなし」 | TOP | [145]高尾は凄い »

[144]巨人、優勝

10月2日、応援しているプロ野球、読売巨人軍がレギュラーシリーズの優勝をした。偶然にもレフト側ながら応援席にいたボクだが、優勝シーンを2年連続で見れたのは奇跡だろう。チケットなんざ一ヶ月前から買うんだし、そんな一ヶ月先のチーム状態まで予測して買えるわけない。

しかし、この文章を見てわかる通り微妙な心境にある。もしかしたらスクープクラスなのかもしれないが、ボク個人は冷めているのでどうでもいい。
それは…「この試合はもしや八百長!?」だ。

試合展開としては、ヤクルトがラミレスのスリーランで先制。巨人はゴンザレスのソロ、イスンヨプのツーランホームランで同点。

その後、ヤクルトの攻撃でノーアウト満塁からゲッツーの間に三塁走者が生還し1点差。最終回まで巨人はヒット4本か5本の散発。

そこで最終回はバッター小笠原、デットボール。代走鈴木。この時、小笠原がピッチャーをすっごい睨み付けていた。

さて次のバッターはイスンヨプ。んが、カウント1ストライク2ボール、ランナーの鈴木が牽制球で刺されてしまいワンアウトランナー無しとなってしまった。

野球、特に巨人ファンの人ならわかるだろう。流れが完全に止まってしまったと。逆転サヨナラの少ない巨人とすればファンも「あーあ」だ。

しかしイスンヨプは粘ってフォアボール。そして二岡が送りバント。そう、巨人は同点を取りに行く、野球としては非常によくある作戦を取った。ここまでは普通だ。

次のバッターは阿部。阿部はシーズンの疲れや主将の重責か、九月後半からは調子が全く悪い。パワプロなら紫だ。当然この日もノーヒット、しかもツーストライクまでバットがハーフスイングでカウントを取られて最後は凡打…と全くもって打てる気配もない。ファンとしてはホームランよりもポテンヒットでもいい、そんな気持ちで応援していたはずだ。

しかし…ヤクルトは何故か敬遠という作戦を取った。キャッチャーは完全に立ち上がった。

非常に大きなブーイングが起こった。確かにピッチャーは右投げの館山、バッターは左打ちの阿部、この場合バッターは有利(とされている、実際は違ったりもする)。次のバッターは代打を使い果たしたので右打ちの矢野しかいない。だからといって逆転のランナーをわざわざ出すリスクを生うのだろうか?絶不調の阿部、ホームランを打たれなければ逆転は無い、この日も制球が定まり切らないとはいってもピッチャーに分があるのは明白。敬遠なんてピッチャーが取る作戦では無いのでこれは退団が決まっている古田選手兼任監督の指示だ。

さあツーアウトでランナー1、2塁。バッター矢野。この時、ボクは「こういうシナリオなら悪くはない」と思った。この気持ちは巨人ファンならわかると思う。何であろうとも「アリ」だと。矢野なら…。

んで…打った打球は…ピッチャーのグラブに当たりボッテボテ。が、打球が弱すぎたのと、グラブに当たった事で打球の方向が変わったので内野安打となった。非常にアンニュイだが、試合は終わらなかった。そして最後のバッターは清水。

はっきり言おう。ボクは清水選手の大ファンだ。ベテランで活躍機会は少なく、今は代打起用が多いがそれでも大ファンだ。

しかし疑問は続く。1点差とは言え、ツーアウト。ここで外野の守備が大きく前進。ちょっと大きめの外野フライでは追い付かない程の前進。アウト一つでゲームセットだぞ?何故前進する必要がある。確かに通常の守備位置ではポテンヒットでもツーアウトなので2塁ランナーは生還する可能性はある。しかし状況を考えれば定位置が定石。同点ならば延長で勝てる可能性は残るしプロ野球がやる作戦ではない。クロスプレーでセーフなら仕方ないと選手を信じるのが監督だろう?古田監督よ。

そして打った打球は…2塁方向の若干3塁寄りの内野ゴロ。当然の事ながらショートを守っている宮本は左シフトで正面では無いものの取れる。増して名守宮本。しかし打球は大きくバウンドしてる。これは内野安打か!?清水は気迫のヘッドスライディング!

結果…悪送球。ん?宮本が?年間エラーでも数える程しかない宮本が?ショートからの送球で何故球が浮く?

野球をやっている人ならわかると思うが、セカンドの守備でバックハンドでキャッチしてから体制を崩さずファーストに投げるのは難しい。投げてもバックステップなので球が浮く事はよくある。しかしショートは左に動きながらなので、増して悪送球しないためにサイドハンドで投げる。セカンドでは無いのでランナーと交錯する事も無い。

結果、2塁ランナーの阿部も生還して、わー!ゆーしょー!!わっしょいわっしょい!!

確かにうれしい。5年振りだし。ただ…清水が打席に立った辺りから応援しながらも気持ちが入ってない感じがした。なんて言うか、小さい頃、遊園地のウルトラマンショーで等身大のウルトラマンを応援していた時の感じに近い。

阿部の敬遠、清水の守備位置、宮本のエラー…これは奇跡なのか?

矢野が、清水が、ホームランでも打っていればそんな考えにはならなかった。さすがにコントロールとか、たった1球でホームランを打つ技術まで八百長は出来ない。ただ…ただ…納得出来ていないのはボク一人なのだろうか?

黒川ユウキ


関連するアイテム


コメントする

(サイトオーナーに承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)