リストカット中学生Part2 -つぐみ悠-

『どうして私は生きているの…?』様々なメディアで取り上げられているリストカット・シンドローム。自傷、鬱病、心の病などを乗り越えて「今」を生きる現役女子中学生の実録手記。

リストカットカテゴリ

リストカット中学生Part1
by 中瀬ゆい

リストカット中学生Part2
by つぐみ悠

リストカット中学生Part3
by 外村 希

リストカット中学生Part4
by 中瀬ゆい

リストカット中学生NEO
by 神埼妃織

リストカット中学生ANNEX
by 常陸院飛鳥

リストカット高校生
by 戌乃刻葉月

女子高生の精神科ライフ
by 燕 弥子

リストカット女子高生
by 成瀬黎奈

リストカット社会人
by 岩倉 玲

心と体のスケッチブック
by しろいぬ万呼

ミニを履いたリストカッター
by 桐谷梨紗

私、精神科通ってます
by 伊藤ハル

中退リストカッター
by 澤田ゆき

心の病と向き合う
by 倉山栞

さっちんの精神科闘病記
by トランペッターさっちん

 

つぐみ悠

発行履歴
つぐみ悠自己紹介
あなたもライターになれる

つぐみ悠のコラム

4 死と口付け。
3 通院するまでの軌跡(2)

2

通院するまでの軌跡(1)

1

リストカット・シンドローム

第1回

リストカット・シンドローム


やっぱり第一回目のマガジンはこれについて書きたいと思います。60年代に一世を風靡したそうです。日本ではディスコのお客さん達が次々と手首を切っていったり・・。鶴見済氏の「完全自殺マニュアル」によると手首を切って死ねる可能性は5%らしいです。でも5%も可能性があるのですから、やっぱり手首自傷でも死ねるのですね・・・。


話は変わりますが私が通っている学校ではリストカットはすごく有名です。ですから私がリストカッターだということもすごく有名で、いろいろな人に「やめて」と言われます。

でも、リストカットは人に「やめろ」と言われてやめられるものではないと思うのです。さらに言うとリストカットは人ではなく自分を傷つける行為です。人の心を傷つけてしまうのかもしれませんけれど。ストレスや鬱を溜め込んで人を刺してしまうより、よっぽど良いと思います。

私はリストカットを三年ほどやっていますが、その間に「やめなよ」と言われたことは幾度もあります。でもやめてません。だって、人に言われてやめるものじゃないと思っているから。自分でもう、リストカットが必要無いかな?と思って初めてやめることだと思っているから。だから、知り合いがリストカットしていることを知ってしまっても、言わないであげてくださいね?「大丈夫?」「つらかったんだね」と、声を掛けてあげるだけでいいと思うのです。

勝手なこと言ってすみません・・・!

リストカットはお酒やタバコと同じくらい依存性が強いと思います。症候群というくらいですから。(少し違う)私は嫌なことがあったり、自殺衝動に駆られると四六時中着切ることばっかり考えてしまいます。「今すぐ切ろう、もうだめ。誰かに見られてもいいよ」て、具合に。実際学校のトイレで切ったり、保健室のベッドで隠し持っていた使い捨てメスで切ったり。最悪なのは授業中に切ってしまったことですね。驚かれました。筆箱の中に刃物を入れておくからいけないんだ、私。

短いですが今回のメルマガはこれにて。読んで下さってありがとうございました。

2004.10.05

つぐみ悠

リストカット中学生2


 

たまごや

声優を目指す少女マキ

不登校とんでけ!

教育者様、覚悟せよ!

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

四柱推命人生相談

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

創刊:2004.10.05

最終更新日:2013.06.06

総訪問者数:

デジタルたまごやトップ