[381]中国で輝き始めたダイヤモンド

 最近、何かの記事で中国のダイヤモンド市場が日本を抜き、米国に次いで世界 2位になったと知りました。人口の多さはもとより、とんでもない富裕層の多さからも不思議ではない気がしました。ワビサビの伝統がある日本より、金銀財宝は中国人にお似合いです。中国のジュエリー市場の常連は 1.000万人以上いると言われる富裕層、これにニューリッチ層、何と中間層の上のほうの人口だけでも何と 1億 7千万人いるのです。

 また、製造業としても広東周辺がメインでこれは香港系の企業が進出しているのと労働集約型産業の基盤が整っているからです。山東省ではゴールド・ジュエリー、青島ではシルバー・ジュエリー、浙江省では真珠関連という具合に集積地もすでにできていると聞きます。

 日本もバブル時代にはジュエリーが飛ぶように売れました。催事場ではガラスケースが押し寄せる客で動き始め、中にいる販売員が押しつぶされそうになったり、「これ下さい」と客が商品を販売員にお札と一緒に他の客の頭を飛び越して放り投げたりする光景を何度も見ました。販売員は賽銭箱状態です。景気が良かったのに加え、それまで庶民はジュエリーとは縁がなかっただけに購買意欲をかきたてられたのでしょう。この状態が人口10倍以上の国で起こればどんな事になるか、米国の 1位を抜いて中国がダントツトップになる日もそう遠くはないと思われます。

 ところが統計を見るとジュエリー市場を支えているのは大きな宝石を身につけた中国マダムではなくブライダル需要です。2008年の婚姻数は 1,100万組。都市部では 8割以上が婚約指輪を購入し、ジュエリー市場の65%の金額を占めます。結婚指輪は25%なので、まだまだファションとしてのジュエリーは10%ちょっと。日本もまずブライダル関連が普及してからファッションに拡大した事を思い出すとまだまだ拡大の余地があり、カルティエ、ティファニー、ブルガリなど欧米の著名高級ブランドはどんどん中国に進出しています。

 一方、日本は不況と服装のカジュアル化が進みジュエリーの出番が少なくなったような気がします。既婚女性にもかかわらず結婚指輪をしていない人、離婚しているのに結婚指輪はしたままの人など、もう結婚指輪で未婚か既婚を区別する事すら難しくなりました。100万円から200万円のメンズリングがニューリッチ層の男性に売れているそうですから世の中は変わったものです。

 生まれ月ごとに決められている宝石が誕生石ですが、西洋占星術による星座石、生まれ曜日による曜日石というのもある事を先日の国際宝飾展でお会いしたジュエリースクールの校長先生から初めて聞きました。いずれもそれぞれの神様に捧げられたもので、お守でもあるのです。私はダイヤモンドが好きですが、誕生石ではありません。ところが獅子座の日曜日生まれで星座石も曜日石もダイヤモンドであることを発見。妙に納得したから不思議です。ただの鉱物があんなに高いなんて馬鹿馬鹿しいと思えばそれまでですが、持つ意味や意義まで考えるとジュエリーというのは長い歴史や文化の産物だということがよくわかります。

河口容子

【関連記事】
[378]日仏混合かしまし娘
[074]中国の消費市場
[319]婚約指輪と結納 - 週刊マナー美人

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

関連するアイテム

関連する記事(0)

トラックバックURL

http://www.tamagoya.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/8306

たまごや内を検索する


たまごやの"新着"記事

Loading...

このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊:2000.10.12


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yoko2/b/ 誰でもなれる国際人|河口容子

国際人カテゴリ

最近のエッセイ

同じカテゴリのエッセイ

おすすめトラベル

アーカイブ

全 385 件-タイトル表示