カテゴリ"社会"の記事

[383]採点すること、されること

| 関連記事(1)

 前シリーズの「日本がわかる!」を執筆中からオリンピックの話題は必ずと言って良いほど取り上げて来ました。自分が好きという事もありますが、国際化をわかりやすく語るのに良い機会だからでもあります。今年感じた事のひとつはカーリング娘たちをメディアはこぞって報道したのに比べ、パシュート娘たちは銀メダル、それも限りなく金に近い銀メダルにもかかわらず報道が地味だったことです。どうも最近はアマチュア・アスリートもタレント化していて結果よりも人気に比例した報道量となっているような気がします。これは大きな変化かも知れません。

 もうひとつ感じたのは採点競技の限界。たとえば、ノルディックのジャンプは飛距離、飛型、着地姿勢を点数化して足し上げたものが結果となりますが、飛型や着地姿勢の良し悪しは素人でもわかりやすいものです。速さ、距離、高さ、球技の得点などシンプルに勝敗がわかる所がスポーツの潔さ、さわやかさだと思うのですがフィギュア・スケートに至っては素人にはまったく訳のわからない複雑な採点法方式です。ジャンプの種類によって点数が異なりますが、その差が全体の点数の中で妥当なのかどうか私にはわかりません。見栄えでの加点というのも基準があいまいで、ジャッジの主観や状況により違うのではないかと思います。その実、国際競技で実績の少ない選手には点数は控えめという解説を聞いたことがあります。

 このルールで行けば、一番点数が取れるプログラムをシミュレーションして作り、その通りスムーズに表現できれば「金メダル」という事になり、選手個々の持つ個性は点数につながらなければ封印されてしまうような気がします。技術的には限界に達し、高度の技にチャレンジすれば表現力や見栄えでどうしてもミスが出、逆に氷上バレエに重点が傾けばもうスポーツとは呼べなくなります。人間が人間を短い時間で評価する難しさの象徴でもあるような気がして、フィギュア・スケート界は今後どんな展開をしていくのか楽しみでもあります。

 話は変わりますが、 1月と 2月に「小口輸入のためのマーケティング」というテーマで講演をやらせていただきました。特に公的機関主催のセミナーでは講師は聴講者アンケートにより採点されるのです。 5段階評価を行い、4と5の比率を顧客満足度としており、1月の分は95.6%、2月の分は 100%でした。私自身の出来栄えは 60-70点と思っていただけに驚くと同時に甘い点数をつけて下さった聴講者の皆様に感謝しています。

 私自身は「うれしい、良かった」でおしまいですが、企画担当者にとってはセミナー事業の存続やご本人の評価にまで影響するようで大変重みのある採点結果のようです。これも明確な採点基準があるわけではなく、あくまでも「雰囲気」や「印象」が与える影響が強いのではないでしょうか。私が聴講者となって採点する際は 3を基準にして、資料が丁寧に作られている、準備が行き届いている、わかりやすく理解させる工夫がなされている、ユニークな理論や経験談の披露、身だしなみや態度を総合して加点減点をする事にしていますが、考えれば考えるほど、講演する立場も知っているだけに迷う事も事実です。

 さて、長らくおつきあいいただきましたエッセイ「誰でもなれる国際人」をメルマガという形でお届けするのは次号で最後となります。違う形での情報発信を準備中です。詳しくは次号でご案内させていただくつもりです。


河口容子

【関連記事】
[302]北京オリンピック開会式を見て
[102]アテネオリンピックで思ったこと
[2002.03.21]ソルトレークで日本がわかる
[2000.10.26]オリンピックに魔物はいません

[347]世界に拡がる通販の世界

| 関連記事(0)

 先日新聞記事を見て通販での売上がコンビニや百貨店の売上を超えたことを知りました。約20年前、会社員の頃日本の大手通販会社数社と取引をしていたことがありますが、当時は通販という形式での売上がなかなか伸びず、日本は人口ひとり当たりの小売店数が欧米の何倍もあり、買い物に不便しないこと、ショッピングに出かけることが楽しみのひとつであるから小売店を肩を並べるような事はないだろうと言われていました。

 ここまでふえたのは媒体の進化、カタログ誌や新聞からネットへの変化があげられるでしょう。ネットになれば違う通販会社の商品を簡単に比較することもできますし、検索もかけられます。欲しいものをとことん探せるとなればお買いもの好きにはたまりません。私も日常食べるものや洋服の一部を除き、家電、PC、家具までほとんどネット通販に頼っています。最近は運送面でもスピード・アップし注文した翌日届けてくれるものもあり、「忙しくて買い物に行く時間がない」という悩みもなくなりました。

 ネット通販のおもしろさは有名デパートから個人のやっているような小規模のお店までが競い合っていることです。進物物や限定の化粧品などは外商のカードを利用してデパートのネット通販を使いますし、小さなお店ではユニークな商品が超破格値で買えたりします。効率化のため小売店の品揃えが最大公約数的になっていく中、通販では標準サイズでないもの、売り場で埋もれてしまうようなニッチな商品も多くの選択肢を持っています。女性にとって嬉しいのは実年齢よりはるかに若い層をターゲットとしたファッション・アイテムを何の気兼ねもなく買えることです。また、スーパーやドラッグストアでは売っていない外国製の洗剤や柔軟剤をまとめて買いましたが、5kg くらいあり自宅まで配達してもらえるのは何とありがたいことか。

 最近は海外在住の日本人の方がセレクトショップ的にネット通販をされているのを見かけます。専門的な仕入れルートを持たずとも商品選択眼さえあれば小売店で調達しても可能なのでサイドビジネスとしては面白いのではないかと感じました。

 韓国製の化粧品をいくつかまとめて買ってみたのですが、国内に連絡と決済を行う韓国人経営の会社があり、商品そのものは韓国から送られてきました。注文後3日くらいで到着ですから国内とくらべて何ら遜色はありません。また梱包も素晴らしく美しく、日本人のほうが几帳面で手先が器用だから梱包もきれい、などというのは単なる神話に過ぎないとあらためて思いました。

 もともと外国のネット通販を利用して個人輸入を楽しむ方法はありましたが、逆に海外へネット通販を利用して積極的に売って行く時代に変わりつつあります。中国でもネット通販がさかんになって来ました。世界最大の市場中国で自社の製品を売ってみたいという日本の中小企業にとってもビジネス・チャンスの到来です。

河口容子

【関連記事】
[316]粉ミルクと幻の酒
[74]中国の消費市場
[2002.05.30]オーバー・ストア

[340]パンデミックの危機

| 関連記事(1)

この原稿を書いている 5月10日時点での新型インフルエンザの WHOの警戒レベルは 5です。とうとう日本でも水際対策で感染者が発見されました。

 2003年のSARSの時成田の検疫体制はどうだったかと言うとサーモグラフィーは置いてあるものの誰も見ていない、という状況でした。私は東南アジアへ国際機関の仕事で出かけたのですが、シンガポールでもマニラでもきちんと熱をはかっていました。マニラでは検査の待ち時間の間旅客を少しでもリラックスさせようとディキシーランド・ジャズバンドが傍で演奏をし続けてくれていました。ブルネイでは王様の一言でSARS発生国への渡航および経由すら禁止となり、直行便のない日本へはSARS発生国を経由せざるを得ず会議にも来ることができないと政府機関の職員がぼやいていました。

 友人の商社マンたちなど海外出張の多い人たちから一番危ないのは「成田」というのがいつしか定説になっていたほどです。日本人の香港や中国への渡航の見合わせは指示されても香港人や中国人は入国して来ます。その実、私も香港人と商談を行い、お土産に月餅をたくさんいただきました。さすがに他人におすそわけしても困るだろうと思い毎日2-3個ずつ食べて続けて太ってしまったのが私のSARS二次災害でした。

 日本ではSARSもその後の鳥インフルエンザにしても感染者はいないことになっていますが、私の周辺では医療関係者も含め「それはいるでしょう。」というのが大方の見方です。自宅に帰ってから発症した場合、本人が懸念を話さない限り一般の病院やクリニックではSARSや鳥インフルエンザと診断されることはまずないからです。

 ベトナムでひどい下痢と嘔吐に見舞われたことがあります。ちょうと仕事が終わってからで良かったものの17時間ほとんど水も飲めず首や手足に水を含ませたタオルをあて脱水を防ぎながら、ハノイからホーチミン乗り換えで成田にへろへろと一人でたどり着いた経験があります。当時母が病気で風邪のウイルスさえ入れると失明するかも知れないという状態でしたので、感染症だったら隔離してもらわなければと成田の検疫に行ったのですが、「水か油が合わなかっただけ。あとはストレス。」とせせら笑われ、無情に追い返されました。こんな状態でもリムジン・バスに乗り、そこから電車、駅から徒歩で荷物を引きずりながら帰った私のメンタルの強さには本人もあきれるばかりです。

 私がよく出かける東南アジア諸国は帰国時成田の検疫での健康状態に関する質問状(イエロー・カード)の対象国です。インドネシアではデング熱が発生していたこともあるし、ベトナムでは狂犬病も注意しなければなりません。SARS禍以来、海外出張時は医療用のマスクを持っていきますし、機内で眠る際は必ず着用しています。喉が乾燥するのも防げます。また、薄手の軍手も素手で触れない場合にと持って行きます。殺菌スプレーや消毒薬、抗菌目薬なども必携アイテムです。また、持っていった物はすべて丸洗いか殺菌スプレーで消毒して天日干し、お土産などは一番外側のラッピングは即廃棄、というのを帰ってすぐやります。夜中に到着の場合は翌朝までテラスに放置して家の中には持ち込みません。

 20数年お世話になっている内科の先生が理事長を務めておられる高齢者専門の病院がありますが、入院患者は90歳台がほとんどにもかかわらず、この冬インフルエンザ患者はゼロでした。患者にワクチン接種を義務づけたのと、お見舞客全員にうがいと手洗いを強制した効果があがったようです。この「全員徹底」が防疫にはまず必要だと改めて知らされた良い例です。

河口容子

【関連記事】
[34]ウェブ・カンファレンス・システム
[31]SARSが長期化すれば

[333]サクラ

| 関連記事(1)

 「ところでサクラはどうですか?そろそろ咲く頃ではないかと思うのだけれど。恥ずかしながらまだ日本でサクラを見たことがないんです。乗り物の中から散ったのを見たのが1度あるだけ。」と香港のクライアントである D氏からメールが来ました。「うちの周辺は桜がたくさんあるんですよ。咲いたら写真を送りますから、もうちょっと待っていてくださいね。」と私。「恥ずかしながら」というあたりは「日本通」であることを強調したかったのでしょう。その実、私が覚えている限り、外国人ビジネスマンの中で「チェリー・ブロッサム」ではなく、はっきりと「サクラ」と呼んだのは彼が初めてです。

 2009年 4月 9日号「桜の季節」で触れたように日本人にとって桜は格別なものですが、外国人ビジネスマンたちも桜の咲く頃に出張をしたいという夢を持っているようです。ところが日本企業の多くは4月に新年度を迎え、組織変更や人事異動に忙しく、桜の季節に海外からの出張客を受け入れる余裕がなく、桜と外国人にまつわる思い出は案外ありません。

 一番喜んでもらったのは会社員の頃米国法人の男性スタッフが日本に研修にやって来た時、昼休みにお弁当を持って数人でお花見に行ったときの事です。「東京のど真ん中にこんなにたくさん緑と花があるなんて」と驚き、「人生で最高のもてなし」であると言ってくれました。記念に写真も撮ったのですが、今でも皆の笑顔が桜に負けないくらい輝いて見えます。

 もうひとつの思い出はこれも会社員の頃ですが、やはり米国法人の女性の部長が香港の国際会議に出席する途中東京に立ち寄り、二人で仕事が終わってからおでんを食べに行く途中見た夜桜です。散る寸前の桜でしたが彼女に見せられて良かったと言うと「これでも十分きれいだわ。桜を見ることができて良かった。ありがとう。」この2日後また二人は香港で再会し、この世の終わりかと思うほどの雷雨に見舞われました。夜桜と雷雨、この落差が忘れ難いものとなっています。

 海外で見る桜も私を元気づけてくれます。初めて海外出張したのは3月ごろで米国とイギリスへ行きました。スタート地点のニューヨークでは雪も降り、ひどい風邪をひいてしまい、頭がふらふらのまま3週間ほど地球を半周するはめになりました。途中のワシントンDCのポトマック河畔の桜はまだつぼみすらつけておらず寒さに耐えている姿は咳が止まらず夜もよく眠れない私を勇気づけてくれているかのようでした。サンフランシスコのゴールデンゲートパークでは桜が咲いており毛皮のコートを着たまま思わずホットドッグでお花見をしましたし、最後のロンドンではハイドパークを車で通りがかった際ぽつんと桜らしきものを見つけ、思いがけないプレゼントをもらったような気分になりました。そして帰国時には満開の桜が私を出迎えてくれました。

 北半球に分布するサクラは 800品種程度あるそうで、サクラという植物名はなく、古くはヤマザクラ、現在はソメイヨシノを指すそうです。ソメイヨシノは戦後たくさん植林されましたが、寿命は60年ほどと言われています。枯れて伐採される桜の古木を最近見かけるようになりました。日本人にとって春を告げる花、思い出の花を絶やしたくないものです。

河口容子

【関連記事】
[184]香港人と行く花冷えの大阪
[80]桜の季節
[67]春はあけぼの

[332]問題意識

| 関連記事(0)

 昨年の秋ごろから日本製品を扱っている複数の香港企業から「既存の取引先に問題があるので新しい取引先を探してほしい」という依頼が直接、間接を問わずありました。私は「問題とは何なのか明確にすること、不満に思っている事について改善策がないのか既存の取引先と話しあっても解決できないのならお手伝いはさせていただきます。」と答え続けました。

 香港の中小企業のオーナーたちは儲かると思えばいとも簡単に新しいビジネスを始めます。日本人が株式取引で売買差益を稼ぐような感覚です。なぜ実業にこだわるかと言うと「株式市場は自分ではどうにも操れない、自分の会社なら自由に操れるから。」と日本人の知人が冗談半分に教えてくれました。簡単に始めるだけあって、途中で相手にだまされているのではないかと疑い比較をしたくなり冒頭のような依頼につながることもあります。日本ではビジネスを始める前に仕入先を比較検討するのにもたもたした挙句の果てに「やっぱりやめておこうか」となるケースも多く、ここが国民性の違いだと感じます。

 香港人が「問題がある」という場合は彼らに取って好ましくない状態にあるというだけで日本の取引先も問題として受け止めているのかどうか疑問です。たとえば日本人なら価格や取引条件に問題があるなら取引先と話しあい折り合いがつかなければ取引先を変える事を検討します。もし他社から好条件の話を持ち込まれても既存の取引先に同じ条件にすべく検討する機会を与えたりします。日本人はいったん構築した良い関係を維持しようと努力する義理がたい国民性とも言えるし、逆に保守的で変革を好まず、癒着につながりやすいという風土を作ります。

 もうひとつ彼らに即協力しようという気にならない理由は「自分たちに問題がないか」というチェックをしていない事です。私がわかっているだけでも社内の処理やコミュニケーションの問題、商品や業界の知識、ビジネス・スキームの組み立て方など山ほど改善する余地はあります。あきらめているのか、どうせ次々と目新しいビジネスに飛びつくのだからどうでも良いのかも知れませんが、「内省的でない」というのは進歩につながりません。日本人も同じで「政治が悪い」「社会が悪い」「会社の制度や方針が悪い」とあたかも自分は正しい、ないしは被害者であるかのように言う人たちがたくさんいます。無責任で気楽かも知れませんが、自分はどうするべきか考えない限り進歩はないはずです。

 カー・デザイナーのご出身で名古屋在住の工業デザイナーの Y先生に近況をおたずねしたところ、自動車関連の二次、三次下請けメーカーには脱自動車の動きがあり、航空機や医療機産業へシフトしつつあるそうです。また、環境関連のお仕事もふえているとか、これらは何年も前から取り組んできたものだそうです。やはり大所高所から物事を見ている人たちはきちんと準備ができているわけです。先生いわく「この不況が終わる頃は社会の価値感は変わっているはずです。」と。私もまったく同感で、逆に日本も日本人も変わらなければ永遠に不況から抜け出せないでしょう。

河口容子

【関連記事】
[331]産業構造の見直し
[321]秩序と支え合いの時代へ
[319]不況を生き抜く自力、地力、知力

たまごや内を検索する


たまごやの"新着"記事

Loading...

このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊:2000.10.12


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yoko2/b/ 誰でもなれる国際人|河口容子

国際人カテゴリ

最近のエッセイ

おすすめトラベル

アーカイブ

全 385 件-タイトル表示