カテゴリ"アセアン"の記事

[373]日本・メコン交流年 最後のセミナー

| 関連記事(0)

 メコン地域投資促進セミナーに行って来ました。カンボジア経済特別区委員会副長官、ラオス投資計画省投資促進局長、ミャンマー外務省国際機関・経済局長、タイ投資委員会国際部長、ベトナム計画投資省国内経済局副局長という実務レベルトップのメンバーが勢ぞろいし、日本・メコン交流年であった2009年をしめくくるにふさわしいセミナーでした。とはいえ日本人にとって投資活動からはまだまだなじみの薄い国々もあるのに250名の定員があっという間に埋まったそうです。

12月10日号「ベトナム新しい展開」でも触れたようにベトナム関連のセミナーも満杯、11月にコンサルタントを務めさせていただいた「ヨルダン イラク パレスチナ展」でもこの3ケ国についてそれぞれセミナーが並催されていましたが、いずれも大変なにぎわいでした。途上国に寄せるビジネスマンたちの関心と一般メディアによる報道記事にはどうも温度差があるような気がしてなりません。国際化をさらに進展させようと羽ばたく人々と自分の身の周りの事だけで精いっぱいになっている人々という二極分化も始まっているような気がします。

この地域についてはすでに何回かこのエッセイで触れております。関連記事を書きだしておきますのであわせてお読みいただければ概要や執筆時との変化をおわかりいただける事でしょう。冒頭の 5ケ国に中国を入れた 6ケ国が GMS(大メコン地域)ですが、 1人あたり GDPの順で言うとタイ(4,115米ドル)、中国( 1,300米ドル)、ベトナム( 1,040米ドル)、ラオス(840米ドル)、カンボジア(818米ドル)、ミャンマー(462米ドル)となります。人口順では中国(1,300百万人)、ベトナム(86百万人)、タイ(66百万人)、ミャンマー( 59百万人)、カンボジア(14百万人)、ラオス(6百万人)となります。この経済格差(つまり労働コストの差)を活用して国際分業を行い、共に発展しようというのが今のメコン地域のめざす方向です。

たとえばタイには 7,000社以上の日系企業が進出しており、自動車産業や家電などの精密部品やハイテク製品に国際競争力を持っていますが、生産コストが上昇しています。そこでタイの工場を閉鎖せず、ラオスで労働集約的な作業を行い、タイで最終組み立てを行い、タイ国内で販売する、もしくはタイから輸出するというパターンがあります。

あるいは中国にマザー工場を置き、ラオス第2工場、さらにタイで最終組み立て、そこから輸出というパターン。中国にマザー工場を置き、ミャンマーが第2工場、あるいはベトナムがマザー工場でカンボジアが第2工場というように無数の組み合わせが考えられます。それぞれのお国事情もありますが、現在道路網の整備や通関制度の簡略化が進んでいます。

 以前、ベトナムの貿易促進機関の副長官と雑談をした際に「日本人はアセアンの後発国であるラオス、カンボジア、ミャンマーとはビジネスでのつながりが少なく、域内での格差が広がった場合、アセアンとして連帯が危うくなるのでは」と私が言うと「それでは日本からの投資がふえているベトナムが架け橋となれば良いでしょう。ベトナムにとっても新しいビジネス・モデルとなるし、日本も後発国もそれぞれにメリットがあります。」と即座に答えられました。賢人で有名な方でしたが、国境紛争の絶えなかった国々がそれぞれの違いを生かしながら協調しあおうという時代に入りつつある事は確かです。

河口容子

【関連記事】
[370]ベトナム新しい展開

[365]アセアンへの投資いよいよ選択の時代へ

[273]5ケ国外相が揃ったメコン地域投資セミナー
[195]メコンに吹く風
[177]バイラテラルからリージョナルへ

[371]ブルネイの人々 冬の東京に集う

| 関連記事(0)

 「ブルネイにお詳しいとお聞きしたものですから」と JETROの方から電話をいただき、ブルネイのハンディクラフト業者がIFFT(国際家具見本市)に出展したのを機にレセプションがあるのでどうぞ、というご案内をいただきました。ブルネイのハンディクラフト業者にセミナーを現地で開いたのは2004年です。たった一人で 2日半のセミナーを仕切るという大役でした。もともと企業数が少ない国ゆえに私の知っている人が誰か来ているだろうと出展業者のリストを見ると2003年以来交流のある刺繍製品の会社の女性オーナーの名前を見つけました。彼女はグッドデザイン賞アセアンセレクションの第一回受賞者です。

 当日は雨の強い寒い日でした。まずはブースに向かうと刺繍の女性がいました。今までご主人の顔どころか、話すら聞いたことがないのに今回はご主人も一緒の来日です。「寒いでしょう?」と赤道直下から来た二人に言うと「寒いけど、大丈夫」とニコニコ、大手デパートのバイヤーが見に来てくださったのだとか。彼女に「ねえ、あちらの会社の女性って私のセミナーに来てくれていましたか?」と聞くと「そう来ていたわよ、覚えてる?」彼女はさっそく織物の会社の女性オーナーの所へ連れて行ってくれました。「私もよく覚えています。」と織物の女性。2004年に会った時は丸顔のやさしくてきれいな人だという印象がありますが、少し日に焼けて年をとった感じがしました。「私たちもあの時は若かったわよね。」と私。「今だってみんな若いわよ。」と刺繍の女性。もう 1社はクリスタルガラスのメーカーですが、こちらはグッドデザイン賞アセアンセレクションの第二回受賞企業です。

 実は JETROが 2年がけでデザインなどの専門家をブルネイに派遣し、日本市場向けの商品化指導を行い、IFFTが発表会というわけです。なぜ、ブルネイかと不思議に思う方が多いでしょうが、日本の LNG輸入の約10%をブルネイに依存しているのです。日本は世界の LNGの約 4割を輸入している世界最大の LNG輸入国です。インドネシア、マレーシア、オーストラリア、カタールに次ぐ輸入相手がブルネイなのです。ブルネイとの経済連携協定 (EPA)も2008年 7月に発効し、先日のシンガポールでのAPECでも鳩山首相がブルネイのボルキア国王と会談、ブルネイが LNGの長期安定供給と来年のAPECでの議長国日本を支持することを確認しました。このハンディクラフトの件も資源外交の延長線上にあることは間違いありません。

 さて、お次はレセプションでレストランを借り切って行われました。もちろん駐日ブルネイ大使も出席されました。このレセプション、ドレスコードはセミフォーマルと書いてありました。最近はフォーマルと言ってもかなりカジュアル化していますので、はてセミ・フォーマルとはどのくらいのレベルなのかと数日悩んだ事は確かです。ましてや私の場合はビジネスパーソンとして招待されているわけでいつでも名刺を出してビジネスの話をするのをふさわしいスタイルでなくてはなりません。

 黒地に水彩タッチのプリント柄のついたシフォンのミニ・ドレスに黒の長めのジャケット、チャコールグレイのタイツに黒のスエードのくしゅくしゅ感のあるロング・ブーツにしてみました。カジュアルなイタリアン・レストランですのでブーツでもスエードなら平気だろうと判断したのです。タイツにブーツの組み合わせは厳格なイスラム教徒である彼らに対しても脚を見せないという配慮もあります。日本在住のブルネイ女性なのでしょうか。被り物をしているもののやはりミニスカートにロング・ブーツ姿を発見。このくらいならドレス・コードなんてわざわざ書かなければ良いのにと思ったくらいです。こういう時男性のスーツと女性の民族服は本当に便利とうらやましく思います。


大きな地図で見る

河口容子

【関連記事】
[279]動きだすブルネイ
[276]春の雪 南への回帰
[175]こんな世の中だからブルネイに行ってみよう
[071]ブルネイ特集 祈りとセレブな日々

[370]ベトナム 新しい展開

| 関連記事(1)

 先日、ベトナムの ダン・フイ・ドン計画投資省副大臣を迎えてのベトナム投資セミナーが都内の一流ホテルで開催されました。 200名の定員がほぼ満員。一方、東京都が主催するハノイ投資セミナーもあっという間に満員御礼になったようで相変わらずベトナムへの関心への高さを強く感じました。

 このセミナーでアメリカ人のプロジェクト・マネジメント会社の社長と知り合いになりました。先方からご挨拶に来られ、「興味深いお仕事ですね。来年早々にランチ・ミーティングにお誘いしてもよいですか?」と言われました。最近ふえているのは ASEAN諸国をベースに仕事をしている欧米人のコンサルタントや弁護士です。日本人の場合は在留邦人を除いては専門職のサービスで広く ASEAN諸国をカバーする人は珍しいのできっと私の事を「変わり者」と思ったに違いありません。

 さて、副大臣のスピーチによれば、ベトナムは1991年から2005年までの GDP成長率の平均は年 7.5%であり、2006年と2007年は 8%台、2008年はリーマン・ショックによる世界的な不況やベトナムの経済危機もありながらも 6.23%、2009年も 5.2%を目標としているそうです。産業別では、工業生産額は前年比 7%増加、サービス業は前年比18%増加と順調な回復を見せています。

2009年 1月から10月までの外国直接投資額は登記ベースで 189億ドル、前年同期比27.1%増、また実際に投資された金額は80億ドルで前年同期比の87.9%です。この世界的な不況下でもベトナムへの投資は堅調と言えます。日本企業は今までに50億ドル(1164案件)実際に投資しており、実行ベースでは世界一、登記額では世界で 4番目です。追加投資額でも日本は世界最大でベトナムでの事業が成功している証拠とも言えます。ただ、投資した企業の86.8%が加工業や製造業で日本が強みとする業界とも言えるし、ベトナムでの事業化に向いている業界とも言えます。

 私はベトナムの小売店チェーンに日本のクライアントの商品を輸出し始めたところです。この小売店チェーンはベンチャー企業で経営者は全員若いエリート・キャリアウーマンであり、子どもを持つ母親でもあります。この会社は日本から毎月コンテナ単位で商品を買い付けています。しかも前払いです。 1年前くらいから女性社長が何度か来日して会社訪問をしたり、日本市場を見て着々と準備をしてきました。先月第2子を出産したばかりですが、まだ会社に出られないと言いながらも自宅から元気にメールをくれました。伸び盛りの国ならではの底力を感じます。

 個人的にはベトナム市場はおもしろいと思います。中国市場に目を向ける方が圧倒的多数でしょうが、たしかに中国の人口の多さは生活必需品を売るには世界一の市場であることに間違いはありません。しかしながた嗜好品を売るとすれば地域ごとの違いがあり、関東圏や近畿圏くらいの規模の市場が点在するイメージです。新しいもの好きで熱しやすくさめやすい、偽物がどんどん出回る、というリスクを考えるとかなりフレキシブルなオペレーションを強いられます。一方、ベトナムは堅実な国民性のうえに品質を重要視します。対ベトナムの ODA支援額は世界一で国民に広く認知されていることから反日感情を持つ人はまずいません。日本の 8割くらいの国土に8600万人の人口。半数以上が30歳以下です。ベトナムは二人っ子政策ですので2010年くらいには約 1億人の人口になります。教育水準も高い。日本と同じように南北に細長い国、つまりもうひとつ日本と同じ市場ができると思えば日本企業にとってはイメージしやすいのではないでしょうか。


大きな地図で見る

河口容子

【関連記事】
[348]根強いベトナム・ブーム
[329]今が狙い目のベトナム
[311]危機を克服するベトナムと新しいハノイ

 アセアン10ケ国のうち日本からの投資と言えば今はベトナムがブームのようです。日本人の特徴として「バスに乗り遅れるな」とばかり、集団で同じ国に出かけて行きます。中国もそうでした。確かに一斉に同じ国に行くと裾野産業や物流業者などサービス業も進出してくれるので便利な面もありますが、度が過ぎると進出国内での競争が激化します。

 今までアセアン諸国への投資セミナーというと当該国の政府からゲストを迎え投資のメリットや誘致したい産業について講演、プラス日系企業の進出経験談というパターンで国ごとに行われてきました。複数国でそろって行われたのが2008年 1月24日号「5ケ国外相がそろったメコン地域投資セミナー」と2005年12月 1日号「南の島へのあこがれ BIMP-EAGA」くらいのものです。

 最近になってやっと「比較して自社に最も適した国を選ぼう」というテーマのセミナーが開催されるようになりました。この現象は「そういうニーズがふえた」「各国への進出例がふえた」「各国がそれぞれの強みを上手にアピールするようになり、受け入れ態勢も整いつつある」証左であり、日本とアセアン諸国それぞれの国際化が進んだと思って良いのではないでしょうか。

 私たち貿易人の通念とすれば、「遠い所はコスト安だが運賃と日数がかかる」「コストの高い国は裾野産業も発達しており部品調達が安易、安ければその逆」です。たとえば特殊な素材や部品を寄せ集めて作るファッション雑貨などは中国なら地場で調達が可能ですが、ベトナムではまず無理です。組み立て産業なら人件費は比較的高くても調達力でタイがまだ有利です。そのタイの下請けとしてラオスが有力です。メコン川を渡っただけで人件費が 1/3になり、タイとは文化が似ているためタイ人の管理職をラオスに派遣することが可能です。そうすれば日本人駐在員も削減できダブルでのコスト削減につながります。

 少し驚いたのはカンボジアの繊維製品の価格勝負はそろそろ難しくなりつつあるそうです。思えば、会社員の頃スポーツウェアをカンボジアから輸入し始めたのは10数年前です。大量に生産されるものなら裁断した布を送って縫製をしてもらうだけですから、カンボジアからさらに安い所へ移って行く時期なのでしょう。比較的習熟が簡単で女性の職業の確保にも縫製の委託は途上国にとって経済の底上げに本当にありがたい仕事だと思います。現在、カンボジアでは官民で農業プロジェクトが行われているようです。

 ミャンマーについては「眠れる獅子」状態だと思っています。労働力は圧倒的に安いものの日本まではマラッカ海峡を渡らねばなりませんので日数がかかります。また電力などインフラ面でも問題が多く、為替レートが二重価格というのも困りものです。

 インドネシアは人口2億数千万人をかかえる資源大国かつアセアンの盟主でありながら地盤沈下した感があるのは、1970-1980年代の投資ブームが一巡したからとも言えます。私自身はインドネシア華僑とのビジネス経験が長いのですが「インドネシア華僑はユダヤ人よりお金に厳しい」「インドネシア華僑とビジネスができれば世界中で通用する」とよく聞かされました。そのせいか後日イスラエルの方々とビジネスをした時には天使のように思えました。


河口容子

【関連記事】
[318]ミャンマーへ関心を寄せる日本人
[273]5ケ国外相が揃ったメコン地域投資セミナー
[163]南の島へのあこがれBIMP-EAGA

[364]アセアンのスイーツ

| 関連記事(0)

 アセアン諸国の食品展、今回はフルーツとスイーツに焦点を絞ったものへ行って来ました。私自身は食品の専門家ではないのですが、アセアンの方々の明るい笑顔が懐かしく、また日本では手に入りにくい食べ物を試食できるとあって、時間があれば必ず顔を出しています。

 中でも感動と笑いの渦に包まれたのは、カンボジアのドライフルーツとジャムの企業です。オーストラリアの中年女性が地雷事故の被害者のために興した会社で、スタッフに英語から生産、マーケティングまで教えています。またスタッフの独身女性や子どもに住居も提供しています。知的でやさしさにあふれたオーストラリア女性と始終笑顔を絶やさない工場長の若いカンボジア男性はまるで親子のような信頼関係に満ちていました。心のこもったハンドメイドのジャムやドライフルーツの数々は「赤毛のアン」の世界をほうふつとさせます。

 工場長いわく「カンボジアのしょうがは苦いです。日本のしょうがはピンク色で甘いのでびっくりしました。」どうやら紅しょうがを天然のものと勘違いしているらしく、あれは甘酢に漬けたピクルスのようなもの、と説明すると「ああ、それで初めて納得しました。」とちょっぴり残念そう。「加工したものと聞いてショックだったでしょう?」と私。「寿司屋に行けばあるわ。」と日本に 5年住んでいたオーストラリア女性。「日本のしょうがを漬けたらピンク色になったけど、カンボジアのしょうがはピンクにならなかったわ。」この企業のしょうが入りのジャムは日本人には珍しく、とてもさっぱりして美味でした。アセアン諸国ではしょうがを炒め物などにもよく入れますが、消化促進のためだそうで、カンボジアでは他の食べ物に比べると高いのだそうです。この企業ではしょうがを自家栽培しているそうです。

 不思議な出会いもありました。フィリピンのレガスピからピリナッツの企業が来ていて「私行ったことがあるんですよ。」と言うと「本当?いつですか?」と社長ご夫婦が身を乗り出しました。2007年 2月 8日号「続 マヨンの麓からの手紙~希望~」に出て来る Pさんの事を話すと「知ってるよ、僕の実家から5分の所だから。」とご主人。2002年にレガスピで Pさんに大変お世話になりましたが、今なおご縁が続いているような気がしました。

 圧巻はマレーシアとブルネイのレイヤーケーキ対決です。レイヤーケーキとは日本のバウムクーヘンのように切り口が断層のような縞に見えるものです。マレーシアのほうは女性の社長で小柄ながら体重80キロはあろうかと思う女性。パイナップル、苺などフレーバーごとに縞縞の色も変えてあり、着色料は使っていないそうですが南国らしいカラフルなものです。どんどん試食を勧める彼女に「全部食べたら太っちゃうわ。」と言うと「そうなの、聞いて。私スポーツウーマンでホッケーの選手だったの。この仕事を始めてからこんな体型になっちゃったわ。一緒に写真撮りましょう。」アセアンは女性が社長の企業が多いのですが、さすが男性客と一緒に写真を撮ろうとは言えず、いつも私は引っ張りだこになってしまいます。彼女たちは実に写真好きです。

 ブルネイのレイヤーケーキは人工着色料を使っていますが、レイヤーの中に花型だの渦巻きだのと色とりどりのデザインを施しています。王侯貴族、贅を尽くした王宮やモスクのイメージとぴったりの、アートのようなケーキでした。

 アセアンの香り、パンダンリーフの蒸しケーキもマレーシア企業にありました。パンダンとはタコノキで、葉はハーブとして整腸作用、解毒作用があると言われています。日本なら抹茶ケーキと思うような色です。アセアンでスチームド・ライス(蒸したごはん)を頼むとパンダンリーフで香りをつけたものが出て来る事がよくあり、私にはとても身近な香りです。

河口容子

【関連記事】
[317]続 アセアンからの食彩
[258]アセアンからの食彩
[224]続 マヨンの麓からの手紙~希望~

たまごや内を検索する


たまごやの"新着"記事

Loading...

このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊:2000.10.12


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yoko2/b/ 誰でもなれる国際人|河口容子

国際人カテゴリ

おすすめトラベル

アーカイブ

全 385 件-タイトル表示