カテゴリ"国際"の記事

[382]春節の挨拶

| 関連記事(0)

 中国が台頭してきてから彼らの春節(旧正月)のニュースを日本でも目にする機会がふえるようになりましたが、東アジアではカレンダー通りに正月を祝う日本が不思議なくらいです。中華圏(中国、香港、台湾、シンガポール)はもとより、韓国も旧正月、ベトナムも旧正月(テト)、モンゴルもモンゴル暦による旧正月のお祝いがあるそうです。また、タイの旧正月はソンクーランと呼ばれる 4月の13日から15日までの祝日です。

 中国では春節は旅行シーズン、田舎から都会に働きに来ている人たちは郷里へ帰りますし、都市住民は観光や買い物旅行に出かけて行きます。そして工場経営者にとって頭痛の種は春節後にどのくらい労働者が戻ってくるかです。また中国の工場と取引をしている日本企業も春節前後は連絡が取りづらかったり納期が遅れるのでこれも頭の痛い事です。

 香港のビジネス・パートナーは年中、北京、上海、広州、貴州、ベトナムを飛び回っていますが春節だけは香港にいますので、春節のお祝いを伝えると「ありがとう!日本へ行く、行くと言いながらいつも延び延びになってしまい、いろいろな方に不義理をして申し訳ないと思っているんだ。今度は本気で日本へ行く計画をたてるつもりだから。」といつもの理屈っぽさはどこへ行ったのやら、正月気分満開です。実は2007年に札幌に講演にやってきたのですが、その時もとんぼ帰りで会えずじまい。もう 3年以上会っていない気がします。「それではホ・ン・キで考えてくださいね。」と半信半疑の私。

 彼のところの広州オフィスの女性スタッフからもメールをもらったので、春節はどこかへ行ったの?とたずねると、うれしそうに「郷里へ帰りました。同じ広東ですが広州から電車で 2時間です。」と答えてくれました。

 シンガポール国際企業庁に勤務していたC女史はここ 2年くらいの間に 3度転職を繰り返しています。本部長クラスでの転職ですから、いわゆる天下りの渡りなのか、他にいろいろ事情があるのかよくわかりませんが、春節のお祝いとともに「新しい職場はいかがですか?もちろんすべて順調だと思ってはいますけれど。」とたずねると「ありがとう。楽しくやっているわ。」「そうそう、日本の大使館に駐在しているSさんに協力していただくつもりだったけれどずっと忙しくて連絡を取っていません。これから連絡しますね。」Sさんはシンガポール人の女性管理職でC女史の元部下です。「Sは今シンガポールよ。今晩私と食事をすることになっているわ。」Sさんとは東京で一度会ったことがあり、何度かメールでもやり取りをしましたが、果たして私のことを覚えているかどうか不安でした。C女史からも伝えてくれることは間違いなしでラッキーでした。

 その後、Sさんとやり取りをすると「連絡を下さってありがとうございます。お元気そうで何よりです。ご依頼事項について本国のスタッフと一緒に検討をしますのでお待ちくださいね。」との事でした。彼女からも春節で里帰りしたのでリフレッシュしたウキウキ気分が伝わってきます。

 日本のビジネスマンも国際化したとはいえ、クリスマスカードを出したり、クリスマスのない中東圏へ年末年始の挨拶状は出したりするものの、近隣諸国の旧正月のお祝いに対する配慮が足らないような気がします。逆に考えると彼らから年賀状をもらう事もないので、お互いに「変な時にだらだらと休まれて困る」と内心思っているに違いありません。

河口容子

【関連記事】
[324]インターナショナル・アジアン
[280]続 夢を紡ぐ人たち
[173]アジアのホリデー・シーズン

[379]嗜好品の輸出市場を探る

| 関連記事(0)

 私の日本のクライアントに癒しや健康に関する雑貨のメーカーがあります。今流行りの「ゆるキャラ」(あまり個性を出張しないキャラクター)もいくつかあります。商品の約 9割を中国生産に切り替えてから価格でも勝負できるようになり、この冬はテレビ番組で何度も取り上げられ、日本ではよく売れている商品たちです。

 現在輸出に力を入れていますが、韓国市場向けは全体の売上の 1割近くすでにあります。現地パートナーに恵まれたおかげでもありましょうが、キャラクターものが得意な韓国でわざわざ日本のものが売れるとは不思議な現象です。最近の日韓の消費者は互いの文化を吸収するのに必死なようで、見近な外国ゆえの違いや類似性を見つけるのが楽しいのかも知れません。

 その割に香港、中国、台湾が伸び悩んでいます。香港、中国市場へはずいぶんいろいろな商品を輸出した経験がありますが、何でも 3ケ月あればコピー商品や類似商品が出て来る市場です。高収入で知的レベルの高い層以外は本物である事に日本人ほどこだわりません。それに日本製品は欧米製品と同じ位置づけです。機能や品質を重視する商品なら日本製を買っても、ライフスタイルやデザイン性となると欧米へのあこがれはなみなみならぬものがあります。

 先週号に出て来るパリ在住歴10数年の日本人男性 N氏とフランス人女性 A女史に聞くと、フランスではキャラクター商品に代表されるかわいい文化は思春期までで大人は買わないとのこと。「癒し」というと「禅」、つまりシンプルなフォルムにナチュラルカラー、自然素材のものをイメージするのだそうです。そもそものんびり、個人主義的傾向の強いフランス人に「癒し」なんていらないではないかというのが私の持論。そしてケチだから雑貨は売れないと言うのです。これも私に言わせれば、日本人ほど年中だらだらと買い物を、しかも衝動的に行う人種は日本人くらいしかいないと思います。最後に中国製との競争。何とコピー商品をすでにパリで見つけたというのです。同じ価格なら当然日本製を買うでしょうが、雑貨でどこまで価格差が受け入れられるか頭の痛いところです。

 年末にはベトナムへの輸出をスタートさせましたが、次のオーダーが入ってくる所です。この日本メーカーは途上国向けには「高すぎるのではないか、廉価版を別に作る必要があるのでは」と考えていましたが、私は「日本人が使っているものと同じだから価値があるのです。バージョンを下げて安くしたところで中国製に勝てますか?」と反対しました。特にベトナム人は品質を重視し、プライドが高いのをよく知っているからです。

 まったく商品は異なりますが、コンスタントに輸出しているものの飛躍的な伸びがないのが日本酒です。酒造メーカーの団体などで上海や香港の見本市に出展したり、市場視察には行ったりしていると聞きますが、そこから先には進まないようです。香港側からすれば、あまりにも銘柄が多すぎ、違いがわからない上にもともと南国でお酒を大量に飲む習慣がありません。グルメ地域でもあり世界中の料理とお酒が楽しめます。コンテストで金賞を取る日本酒はだいたい辛口。香港ではワインで言うならばライトボディでフルーティな日本酒が好まれ、コンテスト優勝の銘柄とは必ずしも一致しません。

 国内市場がだめなら海外へ活路を見出そうといろいろな業種が模索しているようですが、「ものづくり日本」もこと嗜好品となれば市場の「違い」との闘いです。

河口容子

【関連記事】
[378]日仏混合かしまし娘
[374]2010年代の幕開け
[367]日本女性と癒しグッズブーム

[378]日仏混合かしまし娘

| 関連記事(3)

 フランスのクライアントであるジュエリー・メーカーの社長 V女史が東京ビッグサイトで開催された「国際宝飾展」に出展するために来日しました。2009年 8月21日号「フランス人と盆休み」に登場したパリ在住の日本人男性コンサルタントの N氏とブランド・ビジネス・コーディネーターの A女史も一緒です。

 私自身は会社員の頃 4年ほどジュエリー・ビジネスを担当した経験がありますが、この展示会に足を踏み入れるのは約10年ぶりです。約 1,300社が出展しており商品が商品だけに招待客しか入場はできません。 V女史は私のために VIPの招待券を用意してくれました。要所要所で警備員が台の上に立って警備をしている姿が目につくのが一般の見本市との大きな違いです。

 N氏がホテルへ戻って仕事をしている間に V女史、 A女史、とともに訪問してくれた企業やそのコメントを分析しました。 V女史は米国の大学院を出ており英語も堪能、フランス人というよりアングロサクソンっぽい女性です。私も含めいずれも女性の社長さんですが、皆着飾っている割には色気はなく少年系。それでもお菓子の話に盛り上がるところは「日仏混合かしまし娘」と言った感じです。

 会場で会社員の頃の大先輩が元取引先で顧問をなさっているのを発見。何とパリとザイールの駐在経験がおありでフランス語も堪能とあって早速 V女史のブースへご案内。その後も先輩には事務局も含め、 VIPにお引きまわしをいただきました。会社員24年、独立して10年になりますが、10年前、20年前、あるいはそれ以上前にご縁のあった方々がいざという時に支援して下さるのも長く仕事を続けてきたおかげと最近特にありがたく思うようになりました。逆に言うとそのくらいの年月を積み重ねて「人としての信用」はやっと構築できるのかとも思えます。

  V女史のブースに戻り「このような方々がいつでもご支援くださるとのことですよ。」と伝えると「アリガトゴザイマス。」と日本語で頭を下げてくれました。彼女のために市場調査の仕事を引き受けて以来、実は苦難の連続でした。私はとにかく何事もさっさと決めたり片づけたりしないとイライラするタイプ、おまけにホウレンソウ(報告、連絡、相談)をみっちりやらないと気のすまない性格です。ところがフランス人はマイ・ペース。返事はのらりくらり、連絡や相談なしに何かが起こるといった按配でフラストレーションの連続でしたが、顔を見れば憎めないお人柄のようです。

 以前、友人から「あなたは 3人組みが得意ね。」と言われた事があります。確かに日仏混合かしまし娘はもちろんのこと、別件では N氏と A女史の 3人組み、香港のビジネスパートナーは兄弟との 3人組、ジャカルタでは華人の男性と女性の 3人組です。理由を分析をしてみたのですが、 3人だと 1人だけ仲間はずれにされまいとお互いに気を使いあうのでバランスが取れるからだと思います。 2人の仕事というのはどちらかが主、あるいは従という関係になりがちで、私の性格からすると主は責任がより重く損した気分になり、従の場合は気を遣いすぎて疲れる上にみじめな気分になります。技術者、デザナーといった異分野の方がパートナーだと相互補完関係になるため成果があがります。仕事の成功はまず「性格のバランス」から、これは会社員の頃から気になっているポイントのひとつでもあります。

河口容子

【関連記事】
[360]ビジネスも「友愛」
[354]フランス人と盆休み

[374]2010年代の幕開け

| 関連記事(1)

 2010年がやって来ました。毎日毎日一生懸命過ごしているのに過去になれば60年代だの90年代だのといとも大胆に10年ごとにまとめて論じられます。そういう意味では新しい10年、2010年代の始まりとも言えます。

 私自身は2000年に会社員を辞め、すぐ起業をしましたので社会人としてのターニング・ポイントが2000年ヒトケタ代の始まりと重なり、人生の中で非常に思い出深い、そしてたった一人ですのでユニークな経験をし続けた10年だったと言えます。昨年の終わりごろ、会社員時代からの知人ですが異業種におられた方から「起業当時からまったく軸がぶれず、深めるものは深め、間口を広げるものは広げていっているので実に順調な成長ぶり」とほめてくださいました。また、もう亡くなられましたがやはり会社員時代一緒に仕事をさせていただいた弁護士の方に「あなたの方向性は正しいから頑張るように」と励ましていただいた事もありました。社会正義を強く訴える方だっただけに、中小企業のためになろう、途上国を支援しようという私の気持ちと重なる部分があったのかも知れません。お世辞半分だったり、単なるエールだったりするのでしょうが、このような大きな目での「見守り」に感謝し続けた10年でもありました。

 昨年を振り返ると、中国向けには超低温の業務用フリーザーや精米機を初めて輸出しました。日本酒の輸出も続けています。輸出逆風の中での日本らしい製品ばかりです。ベトナム向けにも雑貨の輸出を始めました。ベトナムへの投資やベトナムでの生産という動きが盛んな中、いち早くベトナム市場に参入することができました。また、新しい国々との取り組み、フランスや中東との方々や産品との出会いもありました。リーマン・ショック以降、先進国はどうも経済のみならず士気まで低調、逆に新興国や途上国の頑張りや明るさも実感しましたし、イラクやパレスチナといった政情不安定な国々へ想像した以上に多くの日本人が心を寄せている事もわかりました。この辺は日本の一般メディアの報道とはかなり温度差があるような気がしています。

 そして年末には私の古巣の総合商社グループからアイデアを出してほしいとのお声がかかりました。会社員時代は非常に異動が多かったのですが、異動後は仕事がない限り元の部署へ足を踏み入れが事がありません。私にとって職場は神聖な場所であり戦場ですので、離れたものがうかつに遊びに行くのは失礼だという美学を持っているからです。ですから起業後は元の会社へ一度も訪問した事がありませんでした。10年を経て訪問するとグループ企業の経営陣はほとんどが1-2期上の先輩たちでした。「私は日本とアジアの中小企業の支援を行うために仕事をしてきたのでこのような大企業で発言をさせていただくのはおこがましいのですが」と冒頭申し上げると、とんでもないとおっしゃって下さったのでいろいろ提案をさせていただきました。中小企業や途上国のためにと思ってやって来た事が大企業にも役にたつとは何と世の中は不思議に満ちているものかと改めて思いました。

 今月と来月は東京にある公的機関でマーケティングのセミナーを行います。小口輸入でこれから起業をされようという方々のためです。世は不況、不況と言われますが、個人や小さい組織だからできる事もたくさんあるはずです。バブルの頃からずっと感じてきたことですが、日本人は効率だのシステムだの、リスク・マネジメントだのと頭でっかちになり、理屈だけで何とかしようとする風潮が強くなっています。国際化が強いられる中で、日本人が本来持っていた勤勉さ、良い意味での情緒性、他人への配慮や社会の中での調和がどんどんなくなりつつある気がします。日本人としての「良さ」なくして真の国際化はあり得ないと思います。

河口容子

【関連記事】
[270]2008年を良く生きる
[192]夢よ深く、志よ高く
[138]アジアでひとつだけの花
[001]国際人しよう

[369]パレスチナ人と語る

| 関連記事(0)

 「先進国相手なら自信はありませんが、途上国レベルなら私でも務まるかも知れません。」などとコンサルタントや技術者の方が志願される事がありますが、とんでもない思い違いです。産業インフラが整っていない、教育水準が低い、天災地変が多い、政情が不安定と途上国には問題点がたくさんあります。ハンデを克服しながら先進国で通用するものを作っていただくには忍耐やありとあらゆる知恵が必要です。おまけに相手は必死なだけに評価も厳しいのです。

 「ヨルダン イラク パレスチナ展」ではイラクは参考出品のみで業者は来日しませんでしたが、準備に JETROの課長がバグダッドに出張されました。公共の建物は厚いコンクリートの壁に守られているものの、市内で自動車爆弾が後を絶たず、防弾チョッキとヘルメットを着用されての外出だったそうです。そんな中、一般市民は早くも普通の生活を取り戻しているようです。

 パレスチナのベッドリネンのメーカーの社長。とにかく勉強熱心で前向きです。「日本の来場者はどうして話しかけると逃げて行くんでしょうか?私はただ意見が聞きたいだけなのに。日本人は黙ってじっと見ているのが好きなんですか?」日本の展示会は見て知ってもらう場所で、そこではめったに商談はしない、と説明すると「文化の違いですね。私たちはビジネスにならなくても情報交換をどんどんしますよ。」次に日本はボトムアップ方式だから決済も遅い、だからビジネスの立ちあがりには時間がかかる事を説明すると「じゃあ、なぜ日本はそんなに早く経済大国になったのでしょうか。そのトリックを教えてください。」「トリック?それはすばらしいワーディングですね。そう、共産党によるものではない社会主義、つまり村であるとか会社であるとか組織で個々を管理したことではないかしら。」「なあるほど。そういえば JETROの方は上司に対しお辞儀をしたり、丁寧な態度を取りますね。パレスチナではそんな事はありません。皆対等です。」

 饒舌なベッドリネン屋さんと正反対だったのがガラス器と陶器のメーカーの社長。職人肌なのかあまり感情を表情に表わしません。作りこんでいった資料をもとに商談用のテーブルを使ってミニ・レクチャーをしてもあまり反応がなく、質問もしないので、最初はやる気がないのかと思っていました。次の日、モロッコやチュニジアの製品を売っているネットショップをプリントアウトして持って行ってあげると、いきなり彼はコスト計算を始めました。やる気がないどころかなかなかの商売人。ブースに人が集まって来ると丁寧に応対をしていたし、何に興味を示すのか黙ってじっと観察をしているのです。その実、最終日、彼はお礼にと展示してあったハンドメイドのガラスの花瓶を私にくれました。セピア色のガラスに銀色の絵付けがしてあるアラビアン・スタイルのものです。私がそれを一番気にっていたのをどうやって彼は知ったのでしょうか。

 会場にアラビア語の堪能な日本女性の二人組が現れました。聞けば一人はパレスチナに留学していた経験があり、もう一人はボランティアでパレスチナへ行ったのがきっかけでパレスチナ人と結婚しているそうです。彼女によればガザと西岸(地図で確認されればおわかりでしょうが、離れています。)は派閥抗争で仲が悪く、ガザー西岸間では銀行送金もままならないと言っていました。彼女はガザに住んでいましたが、今は日本人には危険で夫を現地に残し里帰りをしているのだとか。彼女には子どもはなく、ご主人の亡くなった兄弟のお子さんたち、つまり甥や姪を育てていると言います。彼女はアラビア語でパレスチナの陶器を少しばかり買い付けました。日本で売ってみようと思ったようです。「えっ?私なんかに教えていただけるのですか?」と驚く彼女にアドバイスをしながら、一家が一緒に幸せに暮らせる日が早く来ることを祈りました。


大きな地図で見る

河口容子

【関連記事】
[368]ぐっと身近になった中東
[366]ヨルダン イラク パレスチナ
[829]イスラエルという国:常識ぽてち

たまごや内を検索する


たまごやの"新着"記事

Loading...

このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊:2000.10.12


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yoko2/b/ 誰でもなれる国際人|河口容子

国際人カテゴリ

最近のエッセイ

おすすめトラベル

アーカイブ

全 385 件-タイトル表示