カテゴリ"中国"の記事

[381]中国で輝き始めたダイヤモンド

| 関連記事(0)

 最近、何かの記事で中国のダイヤモンド市場が日本を抜き、米国に次いで世界 2位になったと知りました。人口の多さはもとより、とんでもない富裕層の多さからも不思議ではない気がしました。ワビサビの伝統がある日本より、金銀財宝は中国人にお似合いです。中国のジュエリー市場の常連は 1.000万人以上いると言われる富裕層、これにニューリッチ層、何と中間層の上のほうの人口だけでも何と 1億 7千万人いるのです。

 また、製造業としても広東周辺がメインでこれは香港系の企業が進出しているのと労働集約型産業の基盤が整っているからです。山東省ではゴールド・ジュエリー、青島ではシルバー・ジュエリー、浙江省では真珠関連という具合に集積地もすでにできていると聞きます。

 日本もバブル時代にはジュエリーが飛ぶように売れました。催事場ではガラスケースが押し寄せる客で動き始め、中にいる販売員が押しつぶされそうになったり、「これ下さい」と客が商品を販売員にお札と一緒に他の客の頭を飛び越して放り投げたりする光景を何度も見ました。販売員は賽銭箱状態です。景気が良かったのに加え、それまで庶民はジュエリーとは縁がなかっただけに購買意欲をかきたてられたのでしょう。この状態が人口10倍以上の国で起こればどんな事になるか、米国の 1位を抜いて中国がダントツトップになる日もそう遠くはないと思われます。

 ところが統計を見るとジュエリー市場を支えているのは大きな宝石を身につけた中国マダムではなくブライダル需要です。2008年の婚姻数は 1,100万組。都市部では 8割以上が婚約指輪を購入し、ジュエリー市場の65%の金額を占めます。結婚指輪は25%なので、まだまだファションとしてのジュエリーは10%ちょっと。日本もまずブライダル関連が普及してからファッションに拡大した事を思い出すとまだまだ拡大の余地があり、カルティエ、ティファニー、ブルガリなど欧米の著名高級ブランドはどんどん中国に進出しています。

 一方、日本は不況と服装のカジュアル化が進みジュエリーの出番が少なくなったような気がします。既婚女性にもかかわらず結婚指輪をしていない人、離婚しているのに結婚指輪はしたままの人など、もう結婚指輪で未婚か既婚を区別する事すら難しくなりました。100万円から200万円のメンズリングがニューリッチ層の男性に売れているそうですから世の中は変わったものです。

 生まれ月ごとに決められている宝石が誕生石ですが、西洋占星術による星座石、生まれ曜日による曜日石というのもある事を先日の国際宝飾展でお会いしたジュエリースクールの校長先生から初めて聞きました。いずれもそれぞれの神様に捧げられたもので、お守でもあるのです。私はダイヤモンドが好きですが、誕生石ではありません。ところが獅子座の日曜日生まれで星座石も曜日石もダイヤモンドであることを発見。妙に納得したから不思議です。ただの鉱物があんなに高いなんて馬鹿馬鹿しいと思えばそれまでですが、持つ意味や意義まで考えるとジュエリーというのは長い歴史や文化の産物だということがよくわかります。

河口容子

【関連記事】
[378]日仏混合かしまし娘
[074]中国の消費市場
[319]婚約指輪と結納 - 週刊マナー美人

[375]面接試験いろいろ

| 関連記事(0)

 香港のビジネスパートナーから依頼される仕事に日本人スタッフや取引先候補との電話面接があります。また、香港人スタッフの日本語力チェックもあります。ビジネスパートナーは英語、広東語、北京語を同レベルで操れる語学力があり、何十年と日本との取引経験がありますが、どうも日本語は苦手のようです。日本人に関する面接については日本のビジネスパーソンとしての常識をわきまえているか、そのスキルや経験が日本の取引先に評価されるレベルかどうかがポイントです。香港人については「日本語ができる」という事で応募してくるわけですから、実践に使えるレベルかどうか私が試験をするわけです。

 上記の方々は私とは原則として直接関与しませんので、たった 1-2回のやり取りで評価をさせていただくのは非常に責任が重いと感じる部分もあります。社内に日本人がいるのですからその方々に面接をしていただいたら良いと思うのですが、トップダウンの風土から社員には任せたくないという気持ちと、日本語で行う仕事のトレーナー兼チェッカー(私) がちゃんといるという証拠を見せたいのかなと推察します。

 先日は日本から水産物などを輸入して香港の日本食レストランに卸している会社に香港人の営業チーフを採用したいので電話をかけて営業をできるほどの日本語力があるかチェックしてほしいという依頼がありました。中卒ですが働き者であり、日本のレストランに板前として10年勤務、大阪で 3ケ月修行もしたことがあると説明を受けました。日本の食材を売り込むには相手は香港の日本食レストランの板前さんと話をしなければなりません。当然プロの調理の知識がなければ馬鹿にされてしまいます。

 こういう電話面接の場合、相手が日本人の場合は丁寧な対応をしつつもどこか情報を得ようと探っているような態度や自分に有利にはからってほしいという思いを強く感じ、気が重くなってしまいがちです。その点、外国人の場合はざっくばらんで楽しい会話ができます。日本料理に興味をもった理由をこの香港人の板前さんに聞くと「子どもの頃お母さんが日本食レストランに連れて行ってくれたんです。とてもおいしかったから興味を持ちました。」超学歴社会の香港で中卒という事は豊かな環境ではなかったのでしょう。「お母さんが」と言うあたりは母子家庭なのかも知れません。もし、いつでも日本食を食べられるような豊かな家庭に育ったなら、おそらく板前になろうという「夢」は持てなかったかも、と思うと人間何が幸いするかわかりません。

 「板前の修業って大変でしょう?日本の若い人は長い間辛抱するのが嫌だとなり手が少ないと聞いていますが、香港人で板前になろうという方は多いのですか?」と私。彼は魚(特にマグロ)をさばく大変さを教えてくれた後「結構いますよ。大変だけれど面白い。」「それでは今度日本に来たら料理を作ってくれますか?うちの包丁はあまり切れませんけれど。」「もちろん、いいですよ。」「中華料理も作れますか?」「作れますよ。」「ラッキー!」お互いの笑い声のうちに電話面接は無事終了しました。

 彼が加わろうとしている会社は日本人が設立した会社にパートナーが出資、のちに買収した経緯があり、人事やビジネスのやり方がなかなかすっきりしませんでした。電話面接をした彼が持ち前の明るさと頑張りで新しい風と吹かせてくれる事を願っています。

河口容子

【関連記事】
[351]香港トレーダー
[314]私のChangeとYes, we can
[312]続 中国に広がる日本の食文化

[359]中国投資家のフラストレーション

| 関連記事(0)

 香港の国際経営戦略コンサルタント会社のパートナーとしてお呼びがかかったのは2009年 4月 2日号「占い通りの新しい春到来」で書いた通りです。私の役目としては中国の中小企業(ないしは投資家)向けに日本からの技術、デザイン、ノウハウ面での支援です。リーマンショック以来、特に世界中が頼みにしている中国、しかも世界最大規模の市場にあって、さて、どんな案件が来るのかと興味しんしんの毎日でした。私たちのターゲットは借入も含め数千万円から数億円程度を投資できる企業や人ですので、ある程度の規模の事業構築が可能です。以下はここ数ケ月から私が感じたことです。

 投資家たちが最初興味を持ったのは「ブランドビジネス」でした。欧米や日本の高級ブランドのライセンス生産をしようというものです。いよいよコピー商品路線からの脱却かと喜んだものの、私は二つの不安がありました。お金を持てば天下を取ったような気分になる中国人(全員とは言いません。そういう傾向が強いと思ってください。)にブランド・イメージを守るためのいろいろな制約に従順に従えるのか、そして、流通関連の仕事をしようとする人は生産そのものに関してはあまり経験がない人が多いのでライセンス商品を作って送り出して行くノウハウがあるのか、です。私の不安は見事というか残念ながらというか的中しました。

 また、ある行政機関は先進国のブランドを一同に集めて中国側業者と商談会をやろうと言いだしました。アイデアとしては素晴らしく実現したらたいしたものです。ところが、世界に冠たるブランドが貿易見本市のごとくブースを並べて中国の業者と次から次へと商談をするわけはありません。人気のあるブランドの本社には取引を願う業者が世界中からコンタクトしてくるのです。中国人からしてみればお金を払う側が何でわざわざ頼みに行かねばならないのかまだ十分理解できていないようです。

 香港や中国では「欧米や日本とコネがある」というだけで多くの引合いが寄せられます。その意味で上述の会社や香港のビジネスパートナーにとって私はビジネス・チャンスのきっかけを作る意味では貢献しているような気がします。ところがやはり日本の産業構造や流通のしくみを理解できていないことが多いのも事実で2009年 7月30日号「香港トレーダー」で書いた粉ミルクや化粧品のような話が実に多いです。

中国は人脈社会ですので知人友人のネットワークを広げてビジネスを展開するケースが多いのですが、情報収集力がその人脈だけに限られてしまい、いわゆる経済ニュースなどをよく見聞きしていない事も気にかかります。彼らが一生懸命に考え、小規模からぼつぼつ始めようと思ったところで、日本をはじめとする先進国が中国本土ですでに大仕掛けのビジネスを展開しているケースもよくあります。私は毎日人民日報の日本語版をインターネットで読んでいますが、ビジネスを立ち上げるのだったら、そのくらいは常識なのに、と思う事しばしばです。

先進国諸国が経験や知識を駆使して中国市場をものにしようとしのぎを削っている中、中国企業は厳しい競争を強いられます。これはどの途上国にも言えますが、外資は利益が取れなくなれば撤退してしまうリスクがあります。中国の持続的な発展のためにも中国企業の育成が強く求められている気がします。

河口容子

【関連記事】
[351]香港トレーダー
[344]ビジネス・スキーム その2
[334]占い通りの新しい春到来
[323]中国 製造業に足らないもの

[351]香港トレーダー

| 関連記事(2)

 「トレーダー」というと最近は金融関係者に使われることが多いように思われますが、長く貿易の世界に住む者にとって「香港トレーダー(貿易人)」は国際人としての憧れも含めた懐かしい響きを持っています。

 とはいえ香港トレーダーの基本は「担ぎ屋さん」。たとえば日本へ来る時はブランドもののバッグを持って来て日本で売り、出張旅費を捻出、帰りは香港や中国本土で売れるものを買って帰りまた儲けるというスタイルです。中小企業経営者で中流以上の生活をしていてもこんな事をいまだにやっている人も多い。商機あらば労力は惜しまず、という感じです。さすがに私の香港パートナーたちは富裕層ですのでそこまではしませんが、日本へ来るのにディスカウント・チケットを必死に探し、良いホテルをいかに安く予約するかにも神経を使い、当然私も時にはお手伝いするのですがどれだけ安くなったか自慢ひとしきり。とここまではかなりケチくさいですが、ビジネス・ギフトは豪勢にというのが中国流ですので、お土産やご馳走して下さる場合は大盤振る舞いで、これぞ効果的なお金の使い方と変に納得してしまいます。

 また、少しお金と地位があれば、人脈を利用してサイド・ビジネス的にトレーダー業に手を染めたがるのも香港人の特徴かも知れません。日本人のように専門分野を決めて戦略的にビジネスをするのではなく、売れそうと思えば商品は何でも扱います。要は売買差益が出れば何でも良いのです。香港のビジネスパートナー向けには婦人服、紳士服、婦人靴、雑貨、食器などの扱いを経て、今は日本酒、先日は業務用の冷凍庫まで輸出しました。ここ 6-7年で仕入れ先は50社以上にのぼると思います。計画性はゼロ。商品に思い入れがあり、頑張って時間をかけて売ってみようという気もゼロ。彼らにとって株で儲けるのか、不動産で儲けるのか、ビジネスで儲けるのかという投資の選択肢のひとつなのでしょう。

 香港や中国本土ではいまだに日本製粉ミルクの需要が大きいらしく、2008年11月27日号「粉ミルクと幻の酒」で触れたように日本産業構造の問題や市場性の問題もあるので日本で中国向けに増産するのは難しい、日本から技術を学んで中国の企業が安全な粉ミルクを作るべきだと言うと「ふん」とばかりに話が途切れてしまいます。本職は学者である香港パートナーがそういう議論にまったく興味を持たないのは不思議です。日本の総合商社なら「なければ作れ」とばかりにメーカーに投資をし、技術導入までやります。そもそも私は売買の繰り返しには関心がなく、時間がかかってもものづくり、仕組みづくりのほうが自分の工夫や粘りを生かせるので残念に思う瞬間です。

 こんな論議もありました。「日本のブランド化粧品を輸入したい。」とパートナー。「そのブランドは中国でも生産されていますし、同じ商品なら製造方法も同じはずです。」と私。「そんな事は百も承知だが、皆日本製をほしがるのだよ。」売り先は輸入化粧品専門店と思い少量多品種をそろえている問屋を探したところ、1商品最低 1,000個はいるね。大手小売チェーンだから。」「そんな大量なら正規代理店から買うのが筋ではないでしょうか。」「正規代理店から買うといろいろ規制があるから嫌だと言っている。必要なものを必要なだけ買いたいし、価格も自由につけたいから。どうして売れるのに日本のメーカーは売らない?工場から直接買えないの?」「工場は本社の許可がなければ製品を製造もしませんし、売りもしませんよ。」

 ここではたと気づいたのは、日本はメーカー側の観点から製品が動いていることです。特にバブルの崩壊以降は生産調整、在庫調整がきびしくなっています。成熟化した市場では商品が不足気味のほうが存在感があったりもします。一方、香港、中国は消費者中心に製品が動くのでしょう。ものがなかっただけに購買意欲に勢いを感じます。その欲を満たすために偽物が続出するのも自然の摂理なのかも知れません。


大きな地図で見る

河口容子

【関連記事】
[323]中国 製造業に足らないもの
[316]粉ミルクと幻の酒
[277]日本製に安全を求める中国
[010]香港億万長者とビジネスする方法

[343]リスク・テイカーのマナー

| 関連記事(1)

4月に香港の国際経営戦略コンサルタント会社のパートナー(非常勤役員みたいなものです)となってから、既存の香港パートナーのルートと並行してどんどん仕事も増え、国内外の人脈もネズミ産式に増えています。先週号で触れたようにフランス在住の日本人コンサルタント N氏に応援を得て、一気に私の世界はEUや中東、アフリカまで広がっていきそうな勢いです。

 「今の中国では頭が良く、少しのお金とちょっとの勇気、そして勤勉であればどんどん事業に成功して出世していきます。日本では世襲議員のように利権にしがみついているような人が多く、頭が良くてもお金の稼げない人もいれば、お金はしこたま持っていても品性も卑しいお馬鹿さんも多い。日本に比べるとまっとうですがすがしさを感じます。」と N氏に言ったところ、「日本も70年代まではそういう前向きなリスク・テイカーがいたんだと思います。皆が宝探しに邁進する、それが高度成長のエネルギーじゃないでしょうか。最近、ビジネスを仕掛けたブラジルやアルゼンチンでも同じエネルギーを感じます。」

 今の日本は高度成長期に成功した人の孫子の時代に入っており、政界のみならず経済界から芸能人に至るまで2世とか3世が現れてくるのも致し方ないのかも知れません。私に言わせればサラリーマンというのも所属する組織の名前や商権、他人の出した資本に依存しているわけで立派な利権にしがみついた職業です。

 私が香港、中国のビジネスマンたちに対し尊敬する点は「失敗しても他人のせいにしない、愚痴を言わない」ところです。香港女性と結婚している日本人から聞いた話ですが、奥さんの親戚に大金持ちがいたそうです。ところがある日突然事業に失敗し無一文になりました。「何と慰めて良いものやら」と励ましにご夫婦でこの元大金持ちを訪問すると、バスの運転手になっており、以前よりも喜々として暮らしていたそうです。こういう潔さと前向きな明るさが私は好きです。これがリスク・テーカーのマナーだと思います。

 会社員の頃、九州に取引先がありました。年に 2-3回しかお伺いしないにも拘らず、社長にお会いすると開口一番仕事のこと、社員のことなど愚痴ばかりです。「私に愚痴を言ったところで何の解決をしてあげられない。そんなに嫌なら仕事を辞めればいいのに、あなたは辞める権限を持っているではないか」と内心いつも不愉快でした。非常に業績が悪いという噂にも拘らず高級車を乗り回し、実態のないような子会社まで持っています。私としては支援の意味もあり、できるだけ売上を作って差し上げたつもりですが、感謝されるどころかあまりにも理不尽な対応が続き、とうとう私の一存で取引を停止しました。その 2-3年後、この会社は倒産し社長は自殺をされたと風の便りに聞きました。この社長に香港人の潔さと前向きな明るさがあったらそんな悲劇は起こらなかっただろうと時々思いだします。

私自身は追い詰められるほど冷静になり、普段は思いもつかない知恵のわくタイプです。だいたい悩みとは無縁で、10年ほど前に目の病気で医師に「休日に異常があったら救急車ですぐ病院に行ってください。失明するかも知れませんから。」と言われ、失明したら点字を覚えよう、今まで知らなかった世界が開けるかもしれないととっさに思いました。腰痛で「歩けなくなったらどうするんです?」と内科の医師に脅され、整形外科に行った時は、ドイツ製の車椅子のカタログから自分の好きなデザインをちゃっかり選んでいました。こんな性格が香港のリスク・テイカーたちと波長が合う理由のひとつだと思います。

河口容子

【関連記事】
[342]これぞ日本式経営の弱点
[2002.01.10]冷静と情熱

たまごや内を検索する


たまごやの"新着"記事

Loading...

このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊:2000.10.12


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yoko2/b/ 誰でもなれる国際人|河口容子

国際人カテゴリ

おすすめトラベル

アーカイブ

全 385 件-タイトル表示