カテゴリ"マナー"の記事

[356]あいづちのマナー

| 関連記事(0)

 知人がメルマガで「そうですね」と言うフレーズを取り上げました。最近、スポーツ選手のインタビューでやたら耳にすると思っていたところ、タレントや政治家までが「そうですね」を連発するようになりました。何か相手が言うと必ず「そうですね」と機械的に前置きして言い出す、これを個性がなくて耳障りだと知人は指摘しました。ちなみに知人は中高年の会社経営者の男性です。

 実は私ももっと以前から不快に思っていて、ひとつは用法に誤りがあることです。通常「そうですね。」というのは相手の言うことに同意する場合で「おっしゃる通りです。」と同じなのですが、「今日の結果についてどう思いますか?」と聞かれ、「そうですね」は変です。この場合は単なる前置きの時間稼ぎの言葉のようです。確かに「えーっと」「う~ん」と前置くよりは丁寧な感じもしますが、言うたびに身構えているのだな、きっと言う内容は指示されているのだろうと勘繰ってしまい、素直な気持ちで発言を受け止められません。

 そもそも圧倒的上の人に対して何か聞かれて「そうですね」と前置くのは失礼でしょう。生徒から質問を受けた先生が「そうですね」と言ってから説明を始めることはあっても、先生に質問された生徒が「そうですね」とは言わないはずです。この言葉を何か不快に感じる人がいるとすれば「上から目線」や変ななれなれしさを嗅ぎ取っているのでしょう。あいづちは短い言葉だけに深い言葉のニュアンス、言い方、言う人のパーソナリティが相手に大きな影響を与えるものです。

 一時流行した「嘘!」というあいづちも相手を嘘つき扱いしているようでけしからんという方がいらっしゃいましたが、では「本当?」なら問題ないかと言えばこれも連発すれば結果は同じだと思います。

 英語の世界もまったく同じであいづちのバリエーションがふえ、タイムリーに使い分けることができれば上級者とよく言われます。確かに、英語がかなり話せてもあいづちは Yesの連発のみという方がかなりいらっしゃいます。聞きとるのに全神経を使ってしまうので余裕がないのです。あるいは次に自分が何と言おうか考えてしまい、あいづちはおろそかになってしまうのでしょう。

 ところがパーティなど雑談の場になると、あいづち名人は「たくさんしゃべる必要がなくて疲れない」「相手から見て好感度大」「機械的に同じ言葉を繰り返すより知的に見える」のです。話題がなくて困る、英語でテンポ良くやり取りができないと言う段階ならあいづちを何種類か覚えて上手に使いまわせば快適に時間は過ぎて行きます。

 ついでながら個人的に嫌悪感を持ってしまうケースをご紹介します。日本人には「イエ~ス」と間延びして言う人が多いのですが、「そりゃあ、ごもっとも」「もちろんで~す」というような強調した場合のみで、フォーマルには短く「イエス」と答えるべきです。何にでもyou knowをつける人。これは「でしょう?」「ほらね?」のように相手に同意を求める表現でうんざりします。Actuallyを連発する方も気になります。「実際のところ」「本当はね」のような使い方ですが、じゃあさっきまでの話は建前か嘘だったのか、真面目に聞いて損した、などと思ってしまいます。

 面と向かっている場合は、話さなくてもしぐさや表情でも意志表示ができますが電話ではわかりません。電話ではきちんとあいづちを打つことがマナーの第一条件です。

河口容子

【関連記事】
[217]ビジネス・ネットワーキング・パーティのマナー
[045]ノーは親切、論争は親近感
[006]ヨコメシのマナー

[349]心の伝わるメール術

| 関連記事(1)

 新型インフルエンザに日本列島がおののいている頃、感動的なメールをいただきました。「日本で新型インフルエンザが発生し、 4,000校も閉鎖したと聞き驚いています。先生はお元気でいらっしゃいますか?ハノイで一度しかお会いした事がないのにいきなりメールをして失礼とは思いますが様子を教えてください。」

 送信者はベトナムのニンビンにある商社の役員でした。同氏とは2006年のハノイでのセミナーで名刺を交換させていただきましたが、 200~300 人の方がセミナーに参加されましたのでほんの一言二言の挨拶だけだったと記憶します。成長著しく、目まぐるしく変化をとげるベトナムにあって 3年近い時を超えてわざわざ思い出してくださるとは本当にありがたいと思いました。私はお礼とともに日本の様子を取りまとめ、ひょっとして仕事柄日本の状況を継続的に知りたいのかも知れないと思い NHKの英文サイトの URLも教えておきました。ニンビンはハノイ市から約 100kmのホン河の河口にある省ですがこんな奥ゆかしい人物をはぐくむ場所をぜひ訪れてみたいと思いました。

 次は2009年 3月 5日号「春の別れ」に出てくる元ベトナム大使館の商務官からのメールです。エリート中のエリートの彼ですが真面目すぎて要領の悪いところもあり、日本で生まれた二人のお子さんがベトナムの環境に慣れたかどうか心配で近況をたずねたところ、いただいた返事です。「ご心配いただきありがとうございます。家族は新生活とハノイの環境に慣れました。息子は保育園に通っています。日本語はもう忘れてしまい、日本語の歌 1曲が歌えるだけです。娘は 9ケ月ではいはいをし始めました。妻も働き始めたのでお手伝いさんを雇いました。みんな忙しくてあっという間に 1日が過ぎていきます。通産省では国際経済協力の仕事を担当していますが、副局長になる予定です。帰国したばかりなので数ケ月待たなければいけませんけれどね。早くハノイにいらしてください。お目にかかれるのを楽しみにしています。」日本人は公私ともに忙しい、あるいは自分が出世してしまったら、返事なんていちいち書かないという人が多いようですが、彼の律儀さは健在でした。

香港のビジネス・パートナーとの仕事の話はほとんど夜の11時から 2時の間にチャットを使って行うケースが多いのですが、「今日は眠いんです。朝の 4時過ぎまでマイケル・ジャクソンの追悼式典をライブで見ていましたから。ジャクソン・ファイブの時代のマイケルを覚えていますか?」「もちろんだとも。ほとんど全部歌えるよ。」ビジネス・パートナーは私より少し年上ですが、よくも 6年以上も一緒に仕事をしていると自他ともにあきれるくらい性格が違う、というか奇人変人大会のような組み合わせです。音楽、映画、本、歴史が共通の趣味でこういうちょっとしたやり取りを積み重ねる事により長続きしているように思います。

 比べてみると日本人ビジネスパーソンからのメールはほとんど通りいっぺんの仕事の話ばかりです。表現下手なのか余裕がないのかわかりませんが、親しい相手ならもう少し相手を思いやったり、楽しませる可愛げがあったほうが好感を持たれ仕事でもプラスになる気がします。

河口容子

【関連記事】
[345]メールは生活の一部
[330]春の別れ
[313]マナーブームと可愛げ
[289]Thank You レター

[345]メールは生活の一部

| 関連記事(1)

 4月からパートナーとなった香港の国際経営戦略コンサルタント会社の D氏(彼は代表パートナーなので上司とも言えます)は、2008年11月 6日号「マナーブームと可愛げ」の終わりのほうで触れたように実にメールの返信が早い人です。おかげでしばらく返信が来ないとメールが届いていないのではないかと確認をします。案の定、届いていません。香港はウイルスのメッカとあってプロバイダーのセキュリティ・チェックが厳しいようです。

 先日、 D氏がバンコクに出張し、 5通くらい一切返事がないものの「出張中だから忙しいのだろう」「帰ってからと思いゆっくりしているのでは?」と勝手に思っていたところ「香港に帰って来ました。最近あなたからメールをもらっていないけど、メールをくれなかったんだろうか、それとも受け取れなかったんだろうか?」というメールが来ました。この配慮は素晴らしいと思います。

 「私からメールがなくてバンコクではゆっくりできたでしょうね。香港に帰ったらメール魔の事を思い出したんですか?」「そんな事はないよ。いつも気にしているよ。メールがない生活なんて考えられない。どこに行ってもちゃんとチェックするんだから。」そういえば先日広州のマクドナルドで雨宿り中の D氏にメールでえんえんとつきあわされたことがありました。

 PCを出張に持っていく人は本当に偉いと思います。私はミニノートPCも持っていますが洋服と化粧品が優先なのでPCはいつもあっさり切り捨て。その代り帰ってくると何百ものメールがにぎにぎしく、時にはにくたらしく出迎えてくれます。

 まさにメールは私たちのような職業にとって天からの贈り物です。相手一人につき 1日 5往復くらいする日はざらですし、大量の資料やデータを圧縮して添付することもあります。このやりとりを電話や FAXでやっていたら通信費で破産するに違いありません。契約書や請求書といったサインの必要なものも PDF形式にして電子署名をして送れば郵便代と時間も節約できます。

 私が会社員になった頃はメールも FAXもなく、海外の通信手段は電話かテレックス(電報)か郵便でした。新人として配属されて与えられた仕事のひとつが先輩たちがテレックスに対しきちんと返事をしているかのチェックでした。先輩に対し「早く返事を出してください」と言うのは新人の分在では抵抗があったのですが、上司は大阪弁で「返事をしなければ、受け取ったのか受け取っていないのか、本人がいるのかいないのか、わからんやろ。なんぼ、会議や出張前だからとほったらかしにせんと 明日返事します とか  1週間待ってください と返事しなさい。たった 1行のことや。どんな事があってもほったらかしは 2日まで。」と怒り続けるのでした。もちろん不在の先輩たちに代わって 1行のテレックスを出すのは私の仕事でした。

 外国人はどうやらこのマナーを心得ているらしく返事は結構早くいただけます。日本人については二極分化で矢のように返事が来る方と電話で催促しなければ永遠に返事が来ないタイプにだいたい分けられるような気がします。普通の書面よりメールはくだけたツールと思うものの、やはりビジネス目的ならある程度のフォーマリティを備えた対応をしていただきたいものです。

 私はメールを多用しますが、万能主義ではありません。メールはセミプライベートの目的までで、プライベートはすべて手書きで郵送しますし、いただくのも手紙が好きです。手で書いて、切手を貼って、ポストに投函するという作業と時間を経るせいか、相手の心が文面よりも行間に匂っているような気がするからです。これはメールがどんなに進化しても勝てない部分でしょう。

河口容子

【関連記事】
[313]マナーブームと可愛げ
[154]仕事を支える電脳グッズ
[19]ITのチカラ

[335]空気を想像して「着る」

| 関連記事(0)

 「過ぎたるは及ばざるが如し」と言いますが、ビジネスの場で「着る」ものはその場の空気を想像してジャスト・フィットしたものを準備しなければなりません。「過ぎたる」も「及ばざる」も恥をかく場合があります。男性はスーツがあればほぼオール・マイティなのに比べ、女性にとっては悩みの種です。

 「過ぎたる」の例です。東京で香港貿易発展局の新年祝賀パーティをかねたセミナーに行った時の事です。出席者はほとんどがビジネス関係者で、女性はまばらでしたがビジネス・スーツ姿にアクセサリーをつけた人がほとんどでした。そこへ威風堂々と現れたのは花嫁が披露宴で着るような大きく裾の広がったロングドレスに華やかに髪を結いあげた中年女性でした。オペラ歌手か特別ゲストかと思いきや出番は一切なし。「デビ夫人みたいだね。」とある中年ビジネスマンは苦笑し、多くの出席者は彼女に好奇心と非難の混じった視線を投げかけていました。彼女は次第に自信を失い誰とも話すこともなく帰って行きました。どういう理由でそのようないでたちになったのかよくわかりませんがかなりの費用と時間をかけて大失敗した事は間違いありません。

 「及ばざる」の例。ベトナムで商談会に立ち会った時のことです。日本から買い付けミッションでやって来た若い男性の二人連れはまるでバック・パッカーのような服装でした。政府機関主催の商談会ですからベトナム側は皆ビジネス・フォーマルで女性の中にはアオザイの正装で臨んだ人もいました。たぶん咎める目をしていたのでしょう。私をベトナム政府が招聘したセミナーの講師と知っている彼らは走り寄って来て「こんな格好で着てしまってすみませんでした。こんな立派な会とは想像もしていなかったので、いつも観光がてらに買い付けをするようなつもりで来てしまいました。」と謝りました。こんな時、男性は相手に対して失礼をしたという詫びが多く、女性には自分が恥ずかしいから照れ隠しに詫びる事が多い気がします。

 TVの朝の経済番組を見た時です。コメンテーターとして女性の大学教授が出演していましたが、オレンジとも赤ともつかない悪趣味なスーツ姿に、知性の片鱗すら感じられませんでした。おとなしそうで古風な美人顔の先生にはもっと似会う服があったはずです。この番組の司会は若い女性アナウンサーで、ダークなスーツ姿もあれば夜会服のような姿で現れることもあり、自分の若さと美しさをひけらかすかのようです。先生が負けたくない、と思う気持ちは同じ女性として理解はできるものの、自分の与えられた役割や自分の強みである経験や知性をアピールするという観点から考えれば、マイナス効果どころか、女性アナウンサーとファッション対決をしようというあさましさまで垣間見えた服選びでした。

 実は先日アジアビジネス情報誌から取材の依頼を受け、写真を撮っていただくことになり、めったにない話ですので空気を想像するのに苦労しました。 5月号ということで新年度のあらたまった感じを出すために選んだのはミッドナイトブルー(留紺)の無地ジャケット。一見黒にしか見えない紺色です。中にはオフホワイトの総レースの襟なしブラウス。 5月の新緑をイメージし、翡翠グリーン系の 5連の細いネックレス。 1連ずつデザインや素材が異なるものです。この辺に少しだけ流行を取り入れ、リクルートスーツとは少し違う着こなしにしてみました。大好きなイヤリングはあえて封印。老若男女の読者から見て、派手でもやぼったくもならず、国際ビジネスコンサルタントのイメージと一致するものではないか、という計算です。全部手持ちの長く使っているものばかりです。着なじんでいるもののほうが着る人との一体感があるからです。こういう時にはデパートを走り回って少しでも自分を良く見せようと必死に新しい洋服を探す人がほとんどでしょうが、そういうのが気恥ずかしくもあり、面倒くさい私の苦肉の策がこの結果となりました。

河口容子

【関連記事】
[325]メッセージを纏う
[263]シンガポール人と味わう銀座の秋
[2001.07.12]ドレス・コード

[313]マナーブームと可愛げ

| 関連記事(7)

 香港向けの新しい案件のコラボを小中学校の同級生 F氏にお願いしました。初めて出会ってから半世紀近くの時を超えて一緒に仕事ができるとは不思議なめぐり合わせと思われるかも知れませんが、私の同級生たちは社会人になっても一緒に仕事をするケースが結構あります。 F氏が最近好きな言葉は某全国紙で評論家が書いていた「可愛げにまさる長所はない」というものです。そして可愛げは天性のもので、乏しい人は「律儀」を目指せば良い、律儀なら努力で身につけられる、との事です。

 いつの間にか「可愛げがある人」「律儀な人」という表現は死語に近いような日本になってしまいました。「可愛げ」とはルックスやしぐさがかわいいというのではなく性格や心がけを指して言うもので、通常同等か目下を評して言うのではないかと思います。確かにルックスもマナーも能力も完璧であっても可愛げがない人なら魅力はないし、多少のミスや欠点があろうとも可愛げがある人は見捨てられない気がします。

 そんな矢先にニュージーランドに住む中国系インドネシア人の B氏から久しぶりにメールを受け取りました。(同氏については過去のエッセイで何度かふれております。下の[関連記事]をご覧ください。)東京の株価が急落した報道を受け、「たくさん株式を保有していないといいけれど。」と心配してくれたようです。 B氏と知り合ったのは1995年で私はまだ会社員、彼はジャカルタにある取引先の役員でした。能力、ルックス、マナーと三拍子そろっているものの、やはり可愛げが圧倒的にまさっています。

 彼は複雑な家庭環境に育ったので「気を見るに敏」です。要は相手の気持ちを察する能力が人並みはずれてすぐれているのです。ジャカルタで私が落ち込んでいたり、ちょっと疲れていたりすると、気分転換ができるような素敵なレストランやショッピングへ黙って連れて行ってくれます。お互いに仕事で忙しくて会えなくても何時に起きたか、何時に寝たか、何を食べたか、どこへ行ったか、元気かとうるさいほどにホテルに電話をくれます。「私は子どもじゃないから大丈夫」と冗談で怒った事もあります。そんなに気を使われては倒れてしまうのではないかと心配したからです。それでも「永遠の友達って約束したでしょう?僕は友達をずっと大切にする主義なんだ。」とあくまで律儀さを譲りません。

 そして感謝の心を忘れないのも彼の美徳です。何年前の事だろうとよく覚えていて「あの時はありがとう」と誰かれなく言っています。そしてどんなに遠く離れていてもいつも気遣ってくれている、そんな暖かさに包まれた気持ちにさせてくれる、これが彼の「可愛げ」の原点だと思います。

 香港のビジネス・パートナーの兄弟、投資家と弁護士という理論家であり社会的地位も高い彼らが、私に時には弱音を吐いたり、八当たりしたりをするのも心を許しているからであり、忙しいにもかかわらず身辺で起きたことなどをメールで教えてくれるのも「可愛げ」があると言えましょう。

 晋江に一緒に行った香港のクライアントの D氏は滞在中ありとあらゆる知人に私のことを「日本の親友」として紹介してまわってくれました。彼は夜中までよく会議をしていたので睡眠不足で疲労困憊にもかかわらずです。 D氏ほど即メールに返事をくれる人を見たことがありません。少しでも返事が遅れると「申し訳ない。」とか「すぐ返事を出せなかった自分が情けなくなる。」というような一言が必ず書いてあります。常に相手を思いやる D氏もなかなか「可愛げのある」人と感じています。

 マナー本やマナーのコラムがブームですが、確かにマナーをわきまえている事は大人として必要であるものの、いくら形式を整えたところで中味がなければ仕方がない、ぜひマナー本でも「可愛いげ」や「律儀さ」について教えてほしいと思う今日この頃です。

河口容子

【関連記事】
[257]続 華僑のDNA
[142]華僑のDNA
[129]人間関係
[105]変わりゆく華人社会

たまごや内を検索する


たまごやの"新着"記事

Loading...

このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊:2000.10.12


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yoko2/b/ 誰でもなれる国際人|河口容子

国際人カテゴリ

最近のエッセイ

おすすめトラベル

アーカイブ

全 385 件-タイトル表示