カテゴリ"女性"の記事

[380]マダムをめざして

| 関連記事(0)

 年賀状を機に久々にメールを交換した旧友に私のインタビュー記事を送ったところ「すっかりカッコいいマダムになられましたね。」と一言。彼女はプロのライターでシャープな頭脳から繰り出されるワーディングに昔から大いにインスパイアされてきました。しばらく会わないうちにお世辞という大技まで身につけたようです。彼女曰く「日本はオバサンの大量生産国家でマダムについては金型の作り方すらできていない。」と。

 確かに日本では「女の子」から一気に「オバサン」になり果てる人が多く、「金持ちそうなオバサン」「きれいなオバサン」「インテリオバサン」「若づくりのオバサン」などはいても所詮オバサンである事には変わりないのです。国会議員やエリート官僚に登りつめたとしても、私利私欲にまみれたオバサンや高給にも拘わらず生活に疲れた顔のオバサンが多く、マダムとはほど遠い気がします。

 先日、ラオス大使館主催のレセプションに招待された時の事です。スピーチに立ったラオス商工会議所会頭の中年女性、驚くほどの美人ではありませんが、知性と品性を兼ね備えた風情に思わず「マダム」の真髄を見たような気がしました。控えめながらも凛としたオーラが他のメイクばっちり、色鮮やかな民族衣装の若い女性たちを圧倒します。ラオスは日本の昔の着物を想い起させる絹織物が特産品ですが、黒地の長い絹織ストールの左端を首からそのまま左側の腰へたらし、右端は背中をたすきがけに通し右のウエストあたりから引きだしてひじを曲げた左腕の上にのせています。何とエレガントな姿でしょうか。

 一方、日本人ゲストでは専門家仲間の O女史。シルバーグレイがかったブルー地に黄色の縞がアンシンメトリーに織り込まれたラオスの布で仕立てた和服がボブカットにしたグレイの髪に実によくお似合いです。彼女は会社経営者で西洋文化に囲まれて育ち、のちにアジア諸国での生産や輸入、文化も紹介するようになりました。強烈な信念と独特のセンス、コツコツと積み上げた経験やスキル、とても気さくで明るい方なのに、凡人がおいそれとは近づけない威厳は堂々たるマダムの証でしょう。

  2月 4日号「日仏混合かしまし娘」に登場するフランス人女性社長の V女史も A女史も元祖マダム。女性ならではのやさしさや機転も持ってはいますが、それぞれ自分で会社を立ち上げ、世界を飛び回り、リスクに勇敢に立ち向かっていく凛々しさが少年系に見えたゆえんでもあります。彼女たちは良き家庭人でもありますが、仕事中はきりりとして一切生活の臭いを感じさせません。

 2007年 3月15日号「アジアを狙うオペラ・ビジネス」に登場する大学の先輩である音楽プロデューサー M女史もオスカルのような巻き髪の美しいヨーロッパ仕込みのマダムです。お金や地位だけを追うのではなく、見識やプライド、文化レベルの高さがマダムには必要なのだと思います。

 かつて総合商社に勤務していた時、50代の男性が一番素敵に見えました。修羅場をくぐりぬけてきた自信と余裕。とっさの判断力や洞察力の深さ。なぜ女性がそうなれないのか。それは経験を積みキャリア・アップできる社会基盤が日本にはなかったからです。私は46歳で独立しましたが、男社会の総合商社よりももっと素敵な50代を送る方法はないかと模索した結果でもあったように今思えてなりません。そういう環境がなければ、自分で作れば良い、これが私流です。男女雇用機会均等法施行に関しても社内外でいろいろな活動を繰り広げてきました。次は冒頭の旧友がくれた視点「カッコいいマダム」への道をめざして頑張ってみようと思います。

河口容子

【関連記事】
[378]日仏混合かしまし娘
[355]日本の女性差別の根底にあるもの
[229]アジアを狙うオペラ・ビジネス

[367]日本女性と癒しグッズブーム

| 関連記事(1)

 相変わらず癒しグッズのブームが続いていますが日本のクライアントが20代から40代の働く女性 200名弱にアンケートを取りました。日常的に癒しを感じるものとして、動物、音楽、自然(植物や風景)、アロマ、ぬいぐるみ、人(家族や恋人)と言う順で、食事やお茶の時間という回答もありました。あまりにもささやかな、と言うべきか、正直何だか貧しいというという気もします。おそらくヨーロッパ女性なら人(家族や恋人)、快適な住空間という回答が来るような気がします。アセアン諸国でも同じような気がしますし、香港人なら仕事の後家族や友人と食事やお茶を飲みながら過ごすこと、かも知れません。

 また、20代の女性に対する「ストレス解消法」については、寝る、ごろごろする、しゃべる、入浴、買い物、ペット、という回答順です。50代なかばの私としてはあまりにも自己中心で安易な時間の過ごしかたに「ゆとりのなさ」を感じてしまいます。

 日本社会の特徴に「人間関係のむずかしさ」があります。日本人は殺人事件の大半が家族や交際相手などの一番近い相手によるものという恐るべき結果が出ているのもその証拠でしょう。また、お手伝いさんを雇いにくい風土というのも、「会社に使われても個人に使われたくない」という雇われる側のプライドや人にもよりますが「かえって気を遣う」雇い主側との感情がもつれるからでしょう。

 ビジネスにおいても昔は「和」、今は「空気を読む」。いつまでたってもイエスかノーかはっきりしませんし、論争を避けようとします。表でホンネが言えないから裏で愚痴る、あるいは遠まわしにそれとなく知らせるという文化がえんえんと続く。これらは日本の国際化をはばむ理由でもあり、上記の癒しの対象のランキングに「人」がなかなかあがって来ない理由なのでしょう。

 最近、女性側からの一方的な婚活ブームですが、ある記事によれば女性の平均年収は 291万円で男性の約半分です。しかも女性の年収のピークは30代前半でそれでも 299万円です。あとは年を重ねるごとに減って行きます。この年収では「お一人様」で世界一長寿の人生を終えるのは親からの遺産でもあてにできない限りいささか厳しいものがあります。一方、男性の独身率が伸びています。最近までは低収入の男性は結婚できないと言われていましたが、最近は高学歴、高収入の独身男性もふえています。女性向けの高額品市場がへこんでいるのに比べ、男性向けの高額品市場にスポットライトが当たっているのもそれを物語っているような気がします。

 私の世代の女性たちはほとんど結婚しており、独身でずっと仕事を続けている人たちはほとんど経営者や管理職、高等専門職です。特徴として見られるのは住空間の充実。定年を見据えてのマンションの買い替えや家のリフォームなどがよく話題となり、ギフトはインテリア用品やちょっと珍しいスキンケア化粧品だったりします。仕事がうまくいった場合は大きな癒しとなりますが、男性に自慢をすると妬まれたりいじめられたりするので、女性どうしで自慢をするという傾向にあるのが寂しい気もします。ただし、女性の社会進出に非常に制限があった時代から信念と覚悟を持って生き抜いて来たからこそ、腕を磨く事も含めライフ・プラニングもしっかりできたので若い世代より結果として恵まれたと言えるかも知れません。

河口容子

【関連記事】
[236]アジアと日本の働く女性たち
[096]感情的であること
[091]幸福な人生であるために
[045]ノーは親切、論争は親近感

[355]日本の女性差別の根底にあるもの

| 関連記事(1)

 国連女性差別撤廃委員会は日本に対し、女性が離婚後 6ケ月再婚できない民法 733条の撤廃をはじめ、家庭内暴力を含む女性への暴力を削減する具体策、男女の役割や責任をめぐる旧態依然とした考えをなくす教育の徹底などを求め、日本政府はこの勧告に従い、今後国内法の整備をすすめなければならないそうです。

 UNDP(国連開発計画)が発表したジェンダー・エンパワーメント指数(GEM)によると2008年12月の数字で日本は 108ケ国中58位です。これは国会議員、管理職、専門職、技術職に占める女性の割合や男女の所得差を指数にしたものです。2004年には38位、2005位には43位とどんどん後退していき、タンザニアやウガンダにも抜かれている始末です。

 帝国データバンクが全企業に対する女性社長の比率について数年間統計を取っていましたが今はやっていません。数字が5.5%.前後で一向に増えないからでしょう。一方米国では38%あると聞きます。この統計によれば、日本では女性が社長の企業は消費者相手の小売やサービス業に多く、また親や亡夫から事業を継承したケースも少なくないと書いてあります。また、見かけは創業者であっても親、配偶者、愛人などの傀儡であることもあり、女性社長の場合はまず背後を疑われがちで、私の会社の場合私自身が100%株式を所有していることを明記しています。

 先週号に登場するフランスの女性コンサルタントAさんは自分の会社の社長であり、妻であり、母でもあります。ヨーロッパ域内はもとより、遠い日本にだって年に3-4 回は出張して来るそうですが、実におっとりと淡々と仕事をこなしています。ヨーロッパは母性保護の下、ゆるやかな男女平等という社会を作っているせいだからでしょうか。

 東南アジアや中国も女性の社会進出がさかんです。商談をすれば女性ばかりという事も珍しくはありません。経営者、上級管理職であってもだいたい既婚者でお子さんも(国によっては4-5人) いらっしゃるのが普通です。昔の大家族制度が生きているのと信頼できるお手伝いさんを安価で雇えるからこそできる技です。

 日本の女性の(特に質のレベルでの)社会進出を阻んでいる大きな問題点はまず「個」を発揮するための機会均等がないことです。景気が悪くなければ女性の新規採用は見送られ、女性社員もリストラのターゲットになりやすい。そして非正規社員として労働力の調整弁として女性が「活用」されてきました。個よりも性別で百羽ひとからげの扱いを受けかねません。

 女性が「OLです」「パートです」と言ってもどんな仕事をしているのか、どんな業種に勤務しているかは聞いてももらえません。女性の仕事なんてたかが知れていると思う風土があるからでしょう。

 ある商社マンは「商社の女性総合職なんてヒステリーの独身女ばかり」と言い放ちました。後輩の女性は「商社OLは男性にちやほやされるのに、総合職と聞いたとたんにのけ者にされてしまう。」と嘆きました。私自身も、「総合商社という男性の聖域を荒らしているとんでもない女性」というような目を感じる事や「皆のさらし者」になっているような気になる事がしばしばありました。

 もうひとつは少子化ともつながりがあるのですが、有能な女性であっても結婚や出産のため、いったん退職すると、人並みはずれた才能か強力なコネがない限りまともな職には二度とありつけない事です。女性の出産、育児の時期というのは社会人としての伸びざかりの時期で、女性にとって将来を捨てる覚悟ばかりか、このご時世、夫が失業するリスクや離婚のリスクもあわせて考えると二の足をふんでしまいがち。かといって両立は環境がよほど整わないと無理でしょう。

 40代ちょっと過ぎた頃だったでしょうか、後輩の20代の男性にからかわれたことがあります。「その年収の人を遊ばしてくれるほどの男性はまずいませんからね。専業主婦になりたくたってもうなれませんよ。それに辞めたらスーパーのレジか掃除婦くらいしか仕事もないですからね、絶対辞めたら損ですよ。」ありがたいような悲しいような、日本で女性がいったん「男性並みの仕事」という靴を履いたら死ぬまでそれを履いて踊り続けるしかないようです。

河口容子

【関連記事】
[354]フランス人と盆休み
[315]ジェンダー・ギャップ世界98位の日本
知得労[186]読者Q&A『会社では必ず新姓を名乗らなければならないのか?』

[325]メッセージを纏う

| 関連記事(1)

 厳寒のワシントン、200万人の国民が感動と期待を持って見守る中、バラク・オバマ氏が米国大統領に就任しました。オバマ氏は夫人がアフリカ系米国人ということもあり、アフリカ系にアイデンティティを置いているようですが、ケニアからの移民を父とし、母は白人で、ハワイに生まれました。日本で言うところの「ハーフ」です。母の再婚相手がインドネシア人のためジャカルタで暮らした経験もあります。インドネシアは大国であり、歴史的には中国とインドの文化がぶつかり合う所で多様性の宝庫です。ビジネス界で活躍している華人たちは仏教やキリスト教がほとんどですが、国民の太宗はイスラム教、日本人に人気のあるバリ島はヒンズー教です。このアジアの複雑さと奥深さの理解と体験が今後のアジア政策に反映されて来るような気がします。

 ミシェル・オバマ夫人は早くも類まれなファッション・センスの持ち主として注目されています。同じように夫以上に実力があると言われたヒラリー・クリントン国務長官がファースト・レディ時代はキャリア・ウーマンらしいファッションの印象が強く、ローラ・ブッシュ前大統領夫人は南部の良き家庭人という印象のファッションです。さて、アフリカ系米国人のミシェル・オバマ夫人は何を着る?歴代のファースト・レディがパステル色を好んだのに対し「褐色の肌にはパステルは似あわないだろう」という声や「ファースト・レディのファッションは米国人のお手本だから白人に受け入れられないのも困りもの」という声もあったと聞いています。

 就任式の黄色のドレスとコートは「希望の色」それもテレビで見る限り抑えた黄色でエレガントかつ厳粛な雰囲気です。彼女の長身を包んだ黄色から国民へ「希望」のメッセージを発信したわけです。このデザインはキューバ系米国人、そしてワン・ショルダーのイブニング・ドレスは台湾系のデザイナーで、靴はジミー・チュー(セレブに人気のマレーシア人デザイナー)、教会で着ていたドレスは白人デザイナーでしたが日本の鶴をイメージしたものだそうです。鶴は千羽鶴のように祈りを運ぶ鳥でもあり、それを知っていたとしたら実に心憎い演出です。また、米国の通販ブランド J・クルーの愛用者としても知られており、自分に似あうものや好きなものと言うより、一般庶民やマイノリティへの配慮がそこかしこにうかがわれ、「世界の公人」としての決意が現れているように思いました。

 世界のファースト・レディではサルコジ大統領夫人のカーラ・ブルーニさんが元スーパーモデルだけあってファッション・アイコン(お手本)としては有名ですが、ミシェル・オバマ夫人が今後どんなメッセージをファッションから発信していくのか大変楽しみです。

 一方、日本の首相夫人のファッションは出番が少ないせいかあまりマスコミでも取り上げられる機会がなく、アジア全体では女性の大統領や首相がかなり出ているにもかかわらずファッション・アイコンとして有名な人がいないのはなぜでしょう。やはり、アジアではまだまだ控えめな女性像が求められているのかも知れません。特に日本では夫人同伴というイベントがほとんどなく、私は招待されてもビジネスマンとして行くわけですからビジネス・スーツで出席するわけで、ドレスも和服も巻き髪も一切縁のない世界にずっと住んでいます。

河口容子

【関連記事】
[263]シンガポール人と味わう銀座の秋
[2001.07.12]ドレス・コード
[2001.05.04]マイノリティ

[315]ジェンダー・ギャップ世界98位の日本

| 関連記事(2)

 毎年各国首脳や財界リーダー数千人がスイスに集う「ダボス会議」で知られる世界経済フォーラムが発表した2008年の世界のジェンダー・ギャップのランキングでは日本が98位との報道がありました。 130ケ国を対象に教育、保健、経済、政治といったカテゴリーでの男女格差を指数にしたものです。ちなみにトップ 3はノルウェイ、フィンランド、スエーデンで指数的には0.8以上です。確か1が男女まったく平等という意味だったと記憶します。

 スリランカ12位というのはちょっと不思議な気もしますが、米国が27位で0.7179、ロシア42位、タイ52位、中国57位で0.6878、ベトナム68位、シンガポール84位です。日本98位0.6434はケニア88位、バングラデシュ90位にも劣るというのは先進国としてはちょっと寂しいものの、当の日本女性たちが不満に思い、自ら動きださない限り、これは策を講じても無駄だと思います。

 教育、保健分野は差は少ないどころか、日本女性は世界一長寿というハイスコアをもってしても98位になるのは社会進出しても賃金や昇給の格差、政治参加率の低さにあるようです。私自身は能力と意欲のある女性に対する「機会均等」さえ維持されていればそれで良いと思います。あとは本人の意思と実力で勝ち取るのみです。

 私が総合商社に入社した頃は職種制度がなく、男子社員、女子社員という性別での区別しかありませんでした。雇用機会均等法の施行を前になぜか男子社員が自動的に総合職となり、女子社員が一般職と呼ばれるようになりました。そして申し訳程度に一般職の総合職への転換制度を作るに事になり、私は労働組合の人事制度諮問委員のひとりとなりました。専従ではありませんので委員の仕事は夜 7時頃から時には12時を越しましたが、私の注力したのは男性の総合職から一般職への転換制度(逆もなければ平等な制度と言えないからです)と評価の公平性に関する制度づくりです。

一方、社外では経団連の下部組織で働く女性のための経済誌の編集のお手伝いをしていました。「女性にも総合職の門戸を開放せよ」と単純に騒ぐ人たちもいましたが、私はこうやって外堀内堀から総合的に攻めて行くタイプです。今から考えると仕事だけでも暇ではないのによくそんなパワーがあったと思いますが、他人が作ってくれたものを選ぶよりは自分で創り上げるのが好きな性分ですので寝食を削ってでもやってしまいます。

 日本の大手企業は男性優位主義です。男性と同じ能力なら同じポストを得るのは絶対無理です。昇進するにも限界があります。では、自分で会社を作り社長になったら良い、と思い起業もしました。もちろん起業の理由はそれだけではありませんが、私は自分で決めて自分で責任を取るのが好きですから、会社員の頃より100倍くらいストレスがなくなったような気がします。

 日本のクライアントは女性の活躍できる公的機関と中小企業のみ。あとは海外のクライアントが圧倒的に多いのもフレキシビリティや伸びようとするエネルギーに魅力を感じるからです。おまけに何と世界で最低の部類の男女差別の国で社長をしているのだからどんなに優秀なのだろうと思ってもらえ、大変有利です。「天は自ら助くる者を助く」世界98位のジェンダー・ギャップですら皮肉にも私の競争力を押し上げてくれています。

河口容子

【関連記事】
[236]アジアと日本の働く女性たち
[52]女性の大学進学率

たまごや内を検索する


たまごやの"新着"記事

Loading...

このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊:2000.10.12


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yoko2/b/ 誰でもなれる国際人|河口容子

国際人カテゴリ

おすすめトラベル

アーカイブ

全 385 件-タイトル表示