求人ニュースで日本がわかる!

日本人はニュースが好き。だけど話題についていくという要素が大きく、本質を深く考えない。評論ではなくもっと身近な観点でリアルに今の日本をとらえます。未来のニッポン。がんばれニッポン。河口容子の辛口時評。


求人ニュースで日本がわかる!

発行部数

100 変わりゆく日本、国際人として生きる
99 世界に羽ばたく日本女性
98 ショッピング天国ニッポン
97 日本の重くて暑い夏
96 住民基本台帳ネット騒動
95 無職の重みといのちの軽さ
94 辞めるも地獄残るも地獄
93 今の中国との日本
92 総合商社の闇
91 国境を越えるミーハー心
90 宴のあと
89 女性の出張
88 アジア人から見たニッポン
87 孫子に好かれたがる親たち
86 オーバー・ストア
85 中高年のワーキング・スタイル
84 境界認識
83 国際競争力
82 装置産業
81 カスタマー・オリエンテッド
80 ひがみといじめ
79 アセアンの国から - 3
78 アセアンの国から - 2
77 アセアンの国から - 1
76 ソルトレークで日本がわかる
75 緒方貞子的ライフプラニング
74 パートナー
73 健康保険制度の行方
72 ジャカルタの大洪水
71 田中外相更迭劇
70 雪印事件に見る日本の構造
69 歌が教えてくれたこと
68 成人式の意味
67 外で悠々
66 冷静と情熱
65 格物致知
64 オンラインでお買物
63 カレンダー今昔物語
62 12月1日あれこれ
61 スカートをはいた上司
60 納税者としての意識
59 ギフトの話
58 組織に生きる
57 パラサイトな人生
56 小さな親切
55 平和ボケのぜいたく
54 他人事
53 ほめ上手
52 「完全失業率」とは
51 新たな時代の戦い

1〜50


〜ソルトレークで日本がわかる〜

 このエッセイを始めたころ、シドニー・オリンピックがありました。今度は冬のオリンピックがやって来ました。長引く不況に、増加する失業、疑惑がつのる政官そして一部の民の癒着とどこを向いても不安や怒りがこみあげる時代背景の中、ウインター・スポーツの祭典、ソルトレーク・オリンピックは一抹の清涼剤として誰もが明るい感動を期待していたはずです。ところが、ふたを開ければ、日本にとってみれば失望とオリンピックのあり方についても疑惑だけが残り、後味の悪いイベントとなりました。

 まず、長野のメダル10個が単なる偶然、あるいはホームでの有利さだけとしか思えない少なさ。私自身ははメダルの数にはこだわっていないものの、里谷選手、清水選手のふたりが長野の金を色を変えての受賞のみ。2回連続ということでこれはすばらしい記録ではありますが、次のエースに座を譲るというわけでもなく、「将来の組み立て」に苦心する日本の姿そのもののように見えました。

 マスコミのはしゃぎすぎ。彼らは日本選手の本当の実力を知っていたのでしょうか。「メダルが取れるかも知れない。」と大げさに騒ぎたて、当のご本人たちも「その気になった甘さ」があったのではないでしょうか。よく職場で見かける自信過剰の若者、いざやらせて見るとふだんその若者が軽蔑しているような簡単な仕事さえ、まともにできない、そこで今度は自信喪失に陥るといったシーンまでオーバーラップしました。私はそういう若者を見かけると親御さんが過保護だったのだな、と思います。

 あいつぐ審判の不祥事もありました。審判は公正忠実な仕事ぶりで大会を支える重要な役割をになっています。もともとフィギュアで芸術的な「印象」を点数に換算すること自体が無理で、容姿や衣装も影響するはずです。平たく言えば「好み」の世界、不公平は最初からわかっている気がします。技術力と芸術性のどこに線を引き、融合させるかが今後の課題です。また、ショートトラックでの日本や韓国選手に対する失格は欧米優位主義イコールアジア蔑視が見え見えでした。日本の経済力がもっと強かった次代ならこんな意地悪はされなかったのではないかともふと思いました。

 実は子どもの頃からずっと疑問に思っていたのはウインター・スポーツだけでどうしてオリンピックがあるのかということです。それでもいつの日か熱帯の国々も冬季オリンピックに現れるかも知れないと夢を持っていました。今の冬季オリンピックの種目はそもそも欧米のものです。しかも一定の気候条件が必要で用具も施設も必要です。日本は1億2000万の人口がいますが、この先進国でもそんな条件に恵まれた人がどれほどいるでしょうか。一方、夏のオリンピックは身体能力さえ優れていれば出場できる種目はいくつもあります。  国際大会が少なかった昔、確かにオリンピックは楽しみだったし、多くの人がスキーやスケートになじむきっかけともなったことでしょう。毎回テレビの放映権はつり上がってビジネスとしてのオリンピックになり、欧米だけでメダルを分けあって喜んでいるようなら今の南北問題、地球を一握りの北半球に住む人々が牛耳っている構図を再確認するだけのものとなってしまいそうです。

2002.03.21




スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


河口容子データ

河口容子自己紹介

輸入関連

小口輸入・販路拡大支援サイト
販路ドットビズ

(財)製品輸入促進協会(MIPRO)
日本貿易振興会(JETRO)
国際機関日本アセアンセンター

デジタルたまごや

アンコールワット世界遺産

週刊マナー美人

週刊節税美人

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい

携帯版のQRコード

<$mt:BlogName$>:携帯版
3キャリア対応

当サイトは携帯でもご覧頂けます。上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。携帯サイトは3キャリア対応です。



最終更新日:2011.10.05

  デジタルたまごやトップ

Produced by デジタルたまごや会社情報お問合せ