[005]ディジョンで朝食を

フランスの朝ゴハンはイメージからするとクロワッサンやパン・オウ・ショコラにカフェオーレ。しかしパン屋さんで美味しいクロワッサンなどの菓子パン1、2個買うのとスーパーで10枚きり食パンを買うのとほぼ同じ値段です。一般のフランス人でこんな贅沢な朝食を毎日取る人は私の周囲にもいません。昨日の夕飯の残りのバゲットやスーパーの食パンなんてのがもっともらしい。

3つ星以上のホテルならこれに卵料理やソーセージ、ベーコン、それからコーンフレークも数種類などの米国式朝食ブッフェが多いようです。バゲットを縦半割にして表面にバターその上にジャムを塗る、tartineという食べ方はこちらに来て知りました。これに慣れるまで固いバゲットをかじりすぎていつもアゴが痛かった。フランス人のアゴは肉食とこの朝食で鍛えられているのかと納得。

ホテルの施設にレストランがない所でも朝食だけは出していのが一般的のようです。宿泊料金とは別に朝食料金というのも料金表には設定されています。しかし設定されているというのみで必ずしもそこで取らなければならないという事はありません。連泊するのなら、または寝起きから元気のある人、バジェット旅行の人にはRue Liberte,ギャルリーラファエット前にあるBrioche d'Oreeの朝食がお勧めです。パリを始め海外の大都市(日本は大阪)もチェーン店があるここはブリオッシュが有名ですが2つの朝食セットが安くて美味しいです。

この店の朝食で私も好きなMenu Matin Tonique、お値段3.35Eは菓子パン小2個か大1個、コーヒー、紅茶かハーブ茶のいずれか1品にオレンジジュース、ジャムかヨーグルトのどちらか一つ。ディーバッグだけどハーブ茶の種類には感動もしました。フルーツ味ありの薬草ありの。このカフェの前はブルゴーニュ大学行きのバス停があるからここで朝ゴハンを食べながら宿題する学生やOLなんかも良く寄っています。なんだかローカルになった気分ですよ。ちなみにこの店のランチDejeunerの安さと美味しさも見逃せません。

この店以外にもカフェの殆どが朝食Petit Dejeunerを出しています。フランス人は昼食や夕食をしっかり食べるようで、朝はとても簡素なものです。カフェオーレを注文する時は、Grand Cafe Cremeと言います。一般家庭で飲むときに使うようなお椀は出ませんが、大振りのコーヒーカップでミルクを添えて出てきます。ココアならばChocolat Chaudで大丈夫。しかしカフェと言ってしまうと小さなカップでエスプレッソのみしか出ないのでたっぷり飲みたい方はご注意を。 

夢路とみこ

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

関連する記事(3)

この広場から更に大公宮殿に向かい、リベルテ通りをそのまま歩いて行くと、この宮殿の前にるリベラシオン広場の一角にブラッスリーの「レ・グラン・デュック」があり... 続きを読む

ブルゴーニュ通信局 - [295]パリでファミレス (2009年11月 9日 22:10)

ここはいわゆるバイキング。店内に入りトレイ、フォークなどを取ってサラダバー、デザートバー、前菜、チーズのバーなどからお好みで取って、メインはGrill お... 続きを読む

ただいま、ココアを飲みながら書いております。あ~オイシイ! ココアはチョコレート... 続きを読む

たまごや内を検索する


このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊2002.01.05


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yumeji/b/

ブルゴーニュ通信局 カテゴリ

おすすめトラベル

同じカテゴリの記事

アーカイブ

全 337 件-タイトル表示

著者プロフィール

  • マガジン発行部数履歴
  • 夢路とみこ 自己紹介