[060]日仏ショックな事

今年も同僚を伴って2週間程帰国した。外国人と一緒に帰国するのは面白くもあり疲れる。外国人は私達日本人を表現する時にすぐ「カメラでパチパチ何でも撮りたがる」と言うし、こちらで観る映画やドラマの中でもそこを強調する。でも私の同伴者達は日本に来るとパチパチ何でも撮りたがる。

日本人は比較的に順応性が高い国民だと思う。食事だって和食のみならず、中華や洋食はもとよりエスニックだってへっちゃら。旅が長くなると箸安めが欲しい、パリのオペラ座界隈でラーメン一杯なんてのもあるけれど、私の同伴者は箸安めが多すぎる。

折角久々に帰国しているのに毎日喫茶店でトーストやハンバーガー、魚は嫌いと朝から牛丼やラーメンだったり、悲しい。しかし、一緒にいて面白いと思う事は日本について改めて学習出来る事。それまで何とも思ってなかった事に気付かされた。何で日本は自転車が舗道を走っているの?自転車に乗っている人は通行人を平気で押し倒すの?失礼とかごめんなさいとか言わないの?と質問を受けた時にはっとした。

海外在住の日本人や観光に来る人はほとんどが礼儀正しく、愛くるしい笑顔で「失礼します」と仏語なり英語なりで言います。だからこちらでは日本人が礼儀正しいというイメージが定着。なのに本国ではチャリが舗道を暴走し礼儀なんてどこ吹く風。

ユーロ流通から1年。お札は加盟国共通だけどコインは各国片面オリジナル。慣れるまではニセ物と勘違いした事も。しかし今私がショックを受けているのは1 ユーロ硬貨と旧10フラン硬貨がとても似ているからよくそれを業とおつりに混ぜるという悪徳人がいるという事。そんなのもらっても銀行は替えない、店でも使い様がない。今ではおつりをしつこく一枚一枚確認。たまに旧10フランを見つけ文句を言うと「あれーどうしてこんなものがあるんだろう」としらばくれるのもいる。

ヨーロッパ旅行する際にはしっかりとユーロ硬貨の写真を見て覚える事を事前準備した方が吉。でもユーロ内で流通している以上は加盟国の硬貨が全部ごちゃ混ぜなので旧10フラン硬貨をもらってもユーロと類似しているから勘違いするかも。でもユーロ硬貨の表は共通の絵柄で1ユーロ表示があります。また日本に旅行する仏国人には車道に自転車専用地があるフランスとは違い、舗道をチャイムも鳴らさず暴走するチャリがいるから気を付けるようにと忠告。どちらにしてもやはりショックだわ。

夢路とみこ

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

関連する記事(0)

たまごや内を検索する


このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊2002.01.05


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yumeji/b/

ブルゴーニュ通信局 カテゴリ

おすすめトラベル

同じカテゴリの記事

アーカイブ

全 337 件-タイトル表示

著者プロフィール

  • マガジン発行部数履歴
  • 夢路とみこ 自己紹介