[191]おやじカフェ万歳!

フランスで強烈にこの国を意識させるのが「おやじカフェ」。主役の彼らたちは朝からビールやワインで鼻を真っ赤に染めてローカル紙を読み、まどろみながら時の流れを楽しむ。私のアパルトマンの側には2件あり、時々だけど人が遊びに来た時見物がてら朝ご飯を食べに案内する。

おやじカフェは、朝はおやじの聖地、しかしランチタイムは「お袋の味」を求めて付近の会社員やOLも来る。確かにここの食事はボリュームがあって日本の「定食屋」を思い出す。生姜焼き定食の替わりにクリームソースのポークソテー、ご飯の替わりにマカロニ。食べながら「おかぁさーん」と年の所為か目元がウルウル。つまり私にとっておやじカフェはおやじの聖地であり定食屋だから「安い、早い、旨い」だけで「お洒落」という形容詞は無縁のはずだったのに、シャルネイ・レ・マコン村にそれを覆す「おやじカフェ」を発見!

ここの主要顧客はおやじなので内装がその層に好まれそうなものが多いのですが、この店は昼食時の若き女性もちょっとは意識しているのか、店内はカントリー風にベルエポック風の調度品があったりします。感心したのはワイングラス。おやじカフェなのにワインが美味しく、色合いが綺麗に見えるようにとの配慮か、バカラ風チューリップ形をしています。マコン産のワイン産地という利点を生かしてかカラフで出すワインも数種類あって値段が安い。

ワインは結局ハーフを4種類飲んだけどプイィ・フュイッセなんてまるでアルザスの「遅摘み」のような黄金色と味の深さには言葉を詰まらせた。しかしこの店で度肝を抜かれたのは料理の質の高さ。10.50ユーロの定食に1.20ユーロを払い前菜とメインとチーズを注文(デザートは追加不要)。メインのトマトファルシーは私の好物、シェフの決め細やかな作業がお皿の上で花開いた。おやじカフェでレストランのレベルが食べれた。出されたチーズはこの地方のブルー・ド・ブレス。昼食の営業開始した時から室温に戻していたのでしょう、充分に融けて滑らかさが赤ワインによく馴染んだ。こんなサービスはおやじカフェどころか、ビストロでもあまり期待薄なのだが。ここにサービスの真髄を見た!

Le Cafe de la Gareへの行き方
電話:03-85-34-87-99
Macon Ville駅裏側のバス停からLigne 7のCharlon Sur Saone
行きに乗りCharnay下車すぐ前

夢路とみこ

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

関連する記事(4)

おやじカフェに屯(たむろ)する「おやじ」はカフェに行く事を日課にしているだけでな... 続きを読む

ブルゴーニュのワイナリーは小規模な家族経営が多い所為か、村の中に同じ苗字のカーブ... 続きを読む

東京で外人ハウスに住んでた頃のある日、隣のスイス人が困った顔をして声を掛けてきた... 続きを読む

フランスはカフェ文化と言われるほどにカフェが多くそれはフランスの知的文化の源であ... 続きを読む

たまごや内を検索する


このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊2002.01.05


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yumeji/b/

ブルゴーニュ通信局 カテゴリ

おすすめトラベル

同じカテゴリの記事

アーカイブ

全 337 件-タイトル表示

著者プロフィール

  • マガジン発行部数履歴
  • 夢路とみこ 自己紹介