[293]生活の知恵その1

久々の一人暮らしもそろそろ2ヶ月が過ぎ周辺の事やパリでの一人暮らしのコストについて分かりだしてきました。収入はディジョンにいた頃の給料の半分に減っているのに生活費は家賃の倍近くから始まっていろいろとお金が掛かるということが今更ながらに分かる。しかしやっぱりパリに来て良かったと思う点がたくさんあるのでここを離れる事は出来ない。でも、今の収入ではとにかくアップアップなので何とかせねばと思う日々この頃。無い知恵を振り絞って生活費を有効に使わないと、特に私は交際費が多いものですから。

光熱費を押さえるためにキャンドルを使用している事は以前にも書きましたが、これからの季節、いや既に6階は屋根裏に住む私のところは冬のように寒くなりつつあります。で、暖房費を押さえるために考えたのが、毛布と寝袋の寝具。羽根布団は日本よりうんと安く買えるけどでもやはりそれなりの値段。だから大き目の毛布を買ってそれを寝袋のように折りたたんで中に入ると結構温かい、それ程寒くない夜はそのまま寝袋の中に寝てますが、これが結構温かくってぐっすり寝れるんです。うちの寝袋、細長いタイプで10ユーロ程度。

寒くなるとシャワーを浴びるのがおっくうになります。だって冷たいんだも~ん。日本のような湯船がないからすぐに体が冷える。で、買ったのが大きめの洗面器。シャワーの下に置いてシャワーからこぼれるお湯がたまったのをかぶるとかなり体が温まります。まるで湯上りのぽかぽか感がそのまま保てる感じです。洗面器、4ユーロ。

私の住むゴブランはバスが豊富でバスで5分から10分のところに大きな朝市が土日と立ちます。朝市で量販のお店はバスケットに入った野菜や果物、ちょっと傷物を3キロから5キロ単位でそれを5ユーロ程度で売っている店もあります。傷物でも新鮮だから翌週まで十分持ちます。肉屋では私の大好きな生ハム、チーズ屋では切り端が持ってけ泥棒価格。これらを上手く組み合わせて料理するとそれなりの一品、スープの作りおきには最高!

後はモンパルナスのような大きな駅の中にある売店ショッピング。メーカーのシャンプーや石鹸、ストッキングや靴下が卸価格。消耗品だからこそコストを押さえたいので足げに通います。最近はレッグウォーマーを腕に着けていますが、これが袖代わりで温かい。長袖が嫌いで動き難いと感じる私にとって半そでの下のこれは仕事の効率を上げる強い見方。


夢路とみこ

【関連記事】
[288]新居獲得奮闘気(2)
[289]新居獲得奮闘気(3)

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

関連する記事(0)

たまごや内を検索する


このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊2002.01.05


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yumeji/b/

ブルゴーニュ通信局 カテゴリ

おすすめトラベル

アーカイブ

全 337 件-タイトル表示

著者プロフィール

  • マガジン発行部数履歴
  • 夢路とみこ 自己紹介