[331]ムーリスでお茶(2)

雰囲気と言えばそれを醸し出すこのサロンの内装について触れると、まず天井にはこのレストランの名前、ダリ、芸術家ダリを冠にしているだけあってそれっぽい絵が描かれているのと、クラシックとモダンな家具がうまく調和しているところになんとなくダリかな、いや、私はダリの芸術をあまり知らないからこれが「ダリ風」と言われたら納得するはず。

ここの椅子は、良く聞く「ナポレオン風」というのがあり椅子の脚の先が猫のようになっている。これはナポレオンがエジプトを好んでいて、エジプトのスフィンクスやアフリカのサファリをイメージさせる動物類を好んでいたことに由来すると聞いたことがあります。とすると、椅子のひとつにシマウマみたいなものもあるのですが、これももしかしてナポレオン?モダンなデザインだとも思うのですが。

そして、見逃しえてならないのは、脚がハイヒールの形になっているもの。金ピカのメタリックな椅子でハイヒールとはちょっと別の世界をイメージします。またカントリー風をイメージしているのかロッキングチェアーもありました。

シックなマダムのアフタヌーン・ティーからマニッシュなスーツ姿のビジネスマンの打ち合わせなどを見かけます。日本の高級ホテルの場合、サロン・ド・テがロビーの近くにあってざわざわしていることが多いですが、こちらはフロントを経てさらに奥なのでゆったり、まったりの時間が楽しめます。紅茶は12ユーロから、そこら辺のおやじカフェなら5ユーロですが、場所、雰囲気そして使っている紅茶の葉も数段違うから仕方がない。

こんな贅沢な場所でのものですから、デザートも少々高いのですが、これも場所、雰囲気代ということかしら。そして紅茶の濃さも丁度良い、更にここが絶対におやじカフェと違うのは洗練されたスマートなギャルソンが注いでくれること。眺めているだけでも絵になるし、写真にきれいに納まる。それにパリ・コレのファッション・ウィークなら雑誌の切り抜きみたいな人がこの辺をうろうろしています。夢のよう。

料金が少々高いけど、ここのお料理、ランチにしてもデザートにしてもヤニック・アレノ氏の総指揮だから芸術性のあるものが期待できますぞ。今度はランチに行ってみたいと思います。たまにゆくならこんな店という一軒です

ホテル・ムーリスのレストラン ダリ
http://www.lemeurice.com/restaurant-le-dali

大きな地図で見る

夢路とみこ

【関連記事】
[330]ムーリスでお茶(1)

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

関連する記事(0)

たまごや内を検索する


このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊2002.01.05


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yumeji/b/

ブルゴーニュ通信局 カテゴリ

おすすめトラベル

同じカテゴリの記事

アーカイブ

全 337 件-タイトル表示

著者プロフィール

  • マガジン発行部数履歴
  • 夢路とみこ 自己紹介