[335]健康第一(3)

予防と言えば毎年インフルエンザの季節になると予防注射を受けるようにしています。数年前、単なる風邪と甘く見ていたものが肺炎になりあの世へ半分足を入れてしまったので、それ以降は予防注射は私の冬の恒例行事の一つ。

予防注射を受けるとき、まず掛かり付けのお医者様に予約を入れます。そこで「予防注射」という診断書を持って薬局へ行き薬と注射器を購入。ここで、普通の人はこれを自分で注射するそうです。(私のフランス人同僚達はみんな自分でやると言ってました。)私の「怖いもの集」のひとつが注射なので自分では出来ない。それを持って先生の所に戻ると「自分でやっても良いんだよ 」と言われびっくり。私はジャンキーじゃないんだから注射の打ち方なんて知らないし、それに打った後注射器とか針とかどこに捨てれば良いんでしょう。同僚いわく燃えないごみに捨てるらしいけど。。。。それって違反じゃないの?

先生は医者であって福沢諭吉じゃないから、注射器と針の行方、道徳観念というのは関係ないらしい。どこに捨てようが、ドラッグに使用なんてのは知ったことじゃないらしい。この国の麻薬問題が減少しないのはモラルの低さとこのようないい加減さに基因するのではないかと。

今年の新型で悪性インフルエンザの蔓延に伴い社会保険事務所から「新型インフルエンザの無料予防注射」の案内が届き出かけました。接種は赤十字のスタッフによりもちろん注射器も針もその場で破棄。先生からこのワクチンが普通のインフルエンザよりも強いので後で発熱の恐れを警告を受けたものの、その後、特に問題もなく週末は健やかに過ごせた。のですが、月曜日の出勤ラッシュに戻ったらメトロの中で急に悪寒がして呼吸困難となり途中下車。ホームで30分ほど休んだものの今度は嘔吐。すごい月曜日の朝となり、ふらふらしながら家に戻り休暇を取りました。悪寒と発熱が夕方まで続き夜になったら落ち着いたので翌日から出勤しました。

私が勤務する朝の勤務先の病欠扱いは欠勤3日目以降、それも医者の診断書がある時のみ。そうでない場合は有給か無給の欠勤扱い。午後からの勤務先は日雇い契約なので欠勤すると全く収入がゼロ。そのせいか、朝の同僚達は病欠すると最低1週間は欠勤する。そしてその診断書にはお約束のように「軽症のうつ」「ストレスによる心労」とある。そして長期休暇と診断書付き病欠の繰り返しでいつ働くんだろうと不思議に思う私。

夢路とみこ

【関連記事】
[334]健康第一(2)

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

関連する記事(1)

ブルゴーニュ通信局 - [336]健康第一(4) (2010年3月29日 07:49)

外国に住むとなると何よりも心配なのは健康管理と病気になったときの保険です。予防と... 続きを読む

たまごや内を検索する


このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊2002.01.05


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yumeji/b/

ブルゴーニュ通信局 カテゴリ

おすすめトラベル

アーカイブ

全 337 件-タイトル表示

著者プロフィール

  • マガジン発行部数履歴
  • 夢路とみこ 自己紹介