カテゴリ"フランス生活"の記事

[336]健康第一(4)

| 関連記事(0)

外国に住むとなると何よりも心配なのは健康管理と病気になったときの保険です。予防と治療ができないとここでの生活は長続きしません。学生ヴィザやワーホリで入国する人たちの多くは海外医療保険に入ることが義務付けられているようですが、それでも入ってない人にたまに会います。旅行者なんかは任意なので更に入ってない人の数は多いようです。とにかく予防と治療は大切なので、予防のために色々な健康アドバイス的な話を聞いたり読んだりするのが好きです。健康オタクまでの筋金入りではなくとも頑張っています。

掛かりつけの歯医者が乳製品、特にヨーグルトが良いと言えばスーパーのヨーグルトを買い漁って食べ比べ。でも係りつけの婦人科の先生が私の年齢が取る乳製品は低脂肪が望ましいとの事なので牛乳の摂取量を減らし、山羊や羊、豆乳を増加中。足を診察してくれる先生からは、もう足は治らないから、でも老後の事を考えて体力増強には良いからと勧められた、この足のままでも出来る運動として週末はアクアジムにも通っています。

でも最近これが面白い、役に立つと思っている情報誌がパリで無料配布されています。これは日本人編集者によるもので、在仏者の為の「ひよこクラブ」「たまごクラブ」「日経ウエルネス」がミックスされたようなものです。BISSOU ビズという情報誌です。
http://www.bisoupfj.com/html/beissue.html

これの12月号の特集で、「鴨」が良いと読んで、鴨料理を見直しだしました。日本では「鴨南蛮」くらいしかあまり食べたことのない鳥ですが、フランスでは頻繁にメニューに出ます。有名なのは「鴨のオレンジ煮」ですが、
http://www.sawanotsuru.co.jp/sakana/menu/2002_12/menu_01.htm鴨のローストはビストロでも本日の定食のメニューになるくらいに気軽な食材です。

またスーパーには鴨のスモークが真空パックになって売っています。これ便利です。身はスライスにしてワインと合わせる、脂身の方はスープの出汁や野菜炒めの時に風味オイルとして。フランスに旅行あるいはワーホリなどの中長期滞在でこられる方、健康管理には十分に気をつけて下さいね。こちらは日本とは全く気候も医療システムも違うのでその準備にビズのような情報誌を読んで準備をしておくこと、大事だと思います。

夢路とみこ

【関連記事】
[335]健康第一(3)

[335]健康第一(3)

| 関連記事(1)

予防と言えば毎年インフルエンザの季節になると予防注射を受けるようにしています。数年前、単なる風邪と甘く見ていたものが肺炎になりあの世へ半分足を入れてしまったので、それ以降は予防注射は私の冬の恒例行事の一つ。

予防注射を受けるとき、まず掛かり付けのお医者様に予約を入れます。そこで「予防注射」という診断書を持って薬局へ行き薬と注射器を購入。ここで、普通の人はこれを自分で注射するそうです。(私のフランス人同僚達はみんな自分でやると言ってました。)私の「怖いもの集」のひとつが注射なので自分では出来ない。それを持って先生の所に戻ると「自分でやっても良いんだよ 」と言われびっくり。私はジャンキーじゃないんだから注射の打ち方なんて知らないし、それに打った後注射器とか針とかどこに捨てれば良いんでしょう。同僚いわく燃えないごみに捨てるらしいけど。。。。それって違反じゃないの?

先生は医者であって福沢諭吉じゃないから、注射器と針の行方、道徳観念というのは関係ないらしい。どこに捨てようが、ドラッグに使用なんてのは知ったことじゃないらしい。この国の麻薬問題が減少しないのはモラルの低さとこのようないい加減さに基因するのではないかと。

今年の新型で悪性インフルエンザの蔓延に伴い社会保険事務所から「新型インフルエンザの無料予防注射」の案内が届き出かけました。接種は赤十字のスタッフによりもちろん注射器も針もその場で破棄。先生からこのワクチンが普通のインフルエンザよりも強いので後で発熱の恐れを警告を受けたものの、その後、特に問題もなく週末は健やかに過ごせた。のですが、月曜日の出勤ラッシュに戻ったらメトロの中で急に悪寒がして呼吸困難となり途中下車。ホームで30分ほど休んだものの今度は嘔吐。すごい月曜日の朝となり、ふらふらしながら家に戻り休暇を取りました。悪寒と発熱が夕方まで続き夜になったら落ち着いたので翌日から出勤しました。

私が勤務する朝の勤務先の病欠扱いは欠勤3日目以降、それも医者の診断書がある時のみ。そうでない場合は有給か無給の欠勤扱い。午後からの勤務先は日雇い契約なので欠勤すると全く収入がゼロ。そのせいか、朝の同僚達は病欠すると最低1週間は欠勤する。そしてその診断書にはお約束のように「軽症のうつ」「ストレスによる心労」とある。そして長期休暇と診断書付き病欠の繰り返しでいつ働くんだろうと不思議に思う私。

夢路とみこ

【関連記事】
[334]健康第一(2)

[334]健康第一(2)

| 関連記事(1)

にも書いたことがありますが、海外生活で一番心配なのは突然の病気や怪我。貧乏は耐えられてもこれら二つは耐え難く、生活は切り詰められても健康はそうにも行きません。一応には気を遣っているものの、やっぱり人生も平均値の半分以上を生きたせいか、あちらこちらにガタが。そうなっていしまった以上、メンテナンスに努力をしなければ。海外では医療費が高い上に保険もイマイチ複雑なんです。

例えば日本なら社会保険にあたるSECUセキュ、治療費の一部を国が負担してくれる点は日本と一緒だけど、日本のように個人が全体の一部を負担するのではなく、こちらでは個人が全体を負担し、清算書をセキュのオフィスに郵送し7週間後に払い戻しが来るというのです。つまり受診するまえにある程度の費用を持っていないと治療すら受けられないのです。清算書の郵送が遅れると払い戻しも遅れる、そして払い戻しの額も大したことないというのが事実。

フランスではかかりつけの内科医を指定することが義務付けられています。その医者からの診断書なしに専門医に直接行くと、このセキュの払い戻しがないという事もあります。眼科、歯科、婦人科のような特殊専門医は別ですが、でも外科に行く前にまず掛かりつけの内科の診断書という流れです。ですから治療を受けるとき、まず掛かりつけの内科医に予約を取ることから始めます。先生が夏休みとかの休暇シーズンに入って不在だと大変。

急病の時はSOS何とかというその専門へ行けるけど、そうでない場合は掛かり付けが戻るのを待つか他のお医者様の所へ。でも他だと診てもらっても、やっぱりその先生の処方箋をもらっていつもの先生の所に戻らなければなりません。私の掛かり付けだから。ただ診て貰うだけでも基本料金の25ユーロに対する保険の払い戻しは7ユーロとかそんなもの。それも1ヶ月とか2ヶ月あとで忘れた頃に口座にはいっている。

セキュリティーソシアル(社会保険証)のカードを行きつけの薬局に登録すると保険適用のものについてはその場で支払う必要がないと聞きます。気の利く薬局は登録してなくても代理に手続きをしてくれるので、そこで薬を購入すると保険適用後の価格で買えます。処方箋とは関係ない薬品については、モンパルナスやオペラ座の格安薬局で購入。後は中華街の漢方薬局があるから大丈夫。でも普段から薬の代わりに中国茶やハーブティーの摂取で予防に余念がありません。

夢路とみこ

【関連記事】
[166]健康第一

[327]カルチャースクール(続き)

| 関連記事(0)

朝夕と今は掛け持ちで2つの会社に出勤し、空いている時間にマーケティングや翻訳、そしてときどき観光アテンドの仕事もするのですが、この中で一番大変な仕事は観光アテンド。私の場合、個人ツアーを引き受けることが多く、また雇われる目的も何か特定のものに興味がありそれについて説明しながら同行するという事が多いのです。

良く受けるのが、私にとっても合っている「食べ物系」のお仕事。ワイナリーを見学したり、チーズを買いに行ったり、減少しているものの時にはお星様レストランへの同行もあったりします。そこだけ話すと大抵の人が羨ましがってくれますが、何時間もの間、ワインやチーズ、フランスの食文化、テーブルマナーについて話をしなければなりません。お客様の注文を通訳するだけではなく、彼らの質問に答え、日本との比較を示し、そして「この人を雇って良かった」と思ってもらえるような情報提供もしなければなりません。これが私の考える「アテンドのお役目」なんですが。だからゆっくりと美食を味わっている暇がない、美食ものどを通るのみ、美味しいとは思うものの味わう時間がない!

こちらから提供する情報や知識の蓄積のためにこのISEAのようなカルチャースクールにも通うし、試飲会があれば疲れ果てていても夕方の仕事が終わってから出かけるし、また異業種交流会も二つの幹事をしているので、それも企画して出席しなければなりません。貧乏暇なし、貧乏なのにいろいろ費用がかかることばかりするから更に貧乏になる。貧乏が輪廻のよう。

異業種交流会もそうですが、やはりテーマを持って人が集まるということは知識の泉に飛び込むようなものです。特にこのカルチャースクールはフランス人が集まっているので、フランス=議論好き、だから前から後ろから、右から左からと私と机を並べている人たちがやりを突くように発言します。問題なのは、彼らは発言の順番待ちというのはなく、好き勝手になのでここは発言無法地地帯化です。そのとき瞬間聖徳太子にでもならない限り、皆の発言を整理して理解することは出来ませんが、それを2,3拾って噛み砕いただけでもこの講義受講料の15ユーロの価値以上のものが得られます。そしてこの講義には試食もありこれがやっぱり一番の楽しみかな。美味しいチョコレートを食べてそれに語るとき、受講中は「私は貝になりたい」だったのが一転して「口には戸は立てられない」になります。

夢路とみこ

【関連記事】
[244]パリで異業種交流会(2)

[326]カルチャースクール

| 関連記事(0)

パリ在住の日本人コミュニティーには沢山のフリーペーパーのような情報サイトがあります。私が持っている個人ブログをも含めるとかなりの情報収集になります。

よく、日本にいる方々からのメールで「これからパリに行くのですが、色々教えてください」と来るのですが、会った事もない人に「色々って」何を教えたら良いんでしょう。返事に困ってしまいます。だからその「色々教えてください」に対してこちらをご参考にしてみては、と紹介している情報サイトが幾つかあって、これは比較的に内容が充実している面白いなと思うのがこれ、フレンチコード
http://www.french-code.com/index.html

このサイトで見つけたカルチャースクールに私は最近通いだしています
http://www.french-code.com/keiko08.html

このスクールは高校を卒業してバカロレアを終えた人や大学を卒業して修士号コースを学ぶ人たちが通う美術ややメディア、芸術関係の経営学を教える、ビジネススクールみたいな学校、ISEAという学校です。この学校は毎週月曜日の夜7時から9時まで社会人を対象とした食文化、それも嗜好品であるコーヒー、お茶、チョコレートについての講習会を開いています。

それを知ったのは上記のサイトで、でも、どうやってこんな場所と情報を探して来たんだろうと思うくらいに目立たない場所にあります。オペラ座通りだから一回行けばすぐ分かる場所なのですが、こんなところに、こんなものが、という驚きです。あまり目立たない場所にあるこの学校を探し出したこのサイトにリサーチャーの方々、本当に頭が下がります。やはりプロの編集者、ジャーナリストには敵いません。

で、ここのチョコレートの講座を受講してみたのですが。受講者定員は30名らしく参加していたのは専らアフター5の若い会社員や中高年の趣味の世界の人、この職業についているらしき人たち。全くの好奇心丸出しの人は私くらいだったのでは?この日の講師は大手カカオ豆輸入業者の女性社長でした。

カカオ豆の輸入ルートの説明からチョコレートになるまでの流れをスクリーンと黒板で説明するとはまるで大学の講義を思い出しました。またカカオ豆の商品市場での投機やサヤ取りなどのビジネス的な面も講義にはありました。他の講座も受講していますがどれも趣味の範囲を超えた理論的で学術的なところもこの講座の良さです。

夢路とみこ

【関連記事】
[235]パリで異業種交流会

たまごや内を検索する


このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊2002.01.05


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yumeji/b/

ブルゴーニュ通信局 カテゴリ

最近の記事

おすすめトラベル

アーカイブ

全 337 件-タイトル表示

著者プロフィール

  • マガジン発行部数履歴
  • 夢路とみこ 自己紹介