カテゴリ"観光"の記事

[331]ムーリスでお茶(2)

| 関連記事(0)

雰囲気と言えばそれを醸し出すこのサロンの内装について触れると、まず天井にはこのレストランの名前、ダリ、芸術家ダリを冠にしているだけあってそれっぽい絵が描かれているのと、クラシックとモダンな家具がうまく調和しているところになんとなくダリかな、いや、私はダリの芸術をあまり知らないからこれが「ダリ風」と言われたら納得するはず。

ここの椅子は、良く聞く「ナポレオン風」というのがあり椅子の脚の先が猫のようになっている。これはナポレオンがエジプトを好んでいて、エジプトのスフィンクスやアフリカのサファリをイメージさせる動物類を好んでいたことに由来すると聞いたことがあります。とすると、椅子のひとつにシマウマみたいなものもあるのですが、これももしかしてナポレオン?モダンなデザインだとも思うのですが。

そして、見逃しえてならないのは、脚がハイヒールの形になっているもの。金ピカのメタリックな椅子でハイヒールとはちょっと別の世界をイメージします。またカントリー風をイメージしているのかロッキングチェアーもありました。

シックなマダムのアフタヌーン・ティーからマニッシュなスーツ姿のビジネスマンの打ち合わせなどを見かけます。日本の高級ホテルの場合、サロン・ド・テがロビーの近くにあってざわざわしていることが多いですが、こちらはフロントを経てさらに奥なのでゆったり、まったりの時間が楽しめます。紅茶は12ユーロから、そこら辺のおやじカフェなら5ユーロですが、場所、雰囲気そして使っている紅茶の葉も数段違うから仕方がない。

こんな贅沢な場所でのものですから、デザートも少々高いのですが、これも場所、雰囲気代ということかしら。そして紅茶の濃さも丁度良い、更にここが絶対におやじカフェと違うのは洗練されたスマートなギャルソンが注いでくれること。眺めているだけでも絵になるし、写真にきれいに納まる。それにパリ・コレのファッション・ウィークなら雑誌の切り抜きみたいな人がこの辺をうろうろしています。夢のよう。

料金が少々高いけど、ここのお料理、ランチにしてもデザートにしてもヤニック・アレノ氏の総指揮だから芸術性のあるものが期待できますぞ。今度はランチに行ってみたいと思います。たまにゆくならこんな店という一軒です

ホテル・ムーリスのレストラン ダリ
http://www.lemeurice.com/restaurant-le-dali

大きな地図で見る

夢路とみこ

【関連記事】
[330]ムーリスでお茶(1)

[330]ムーリスでお茶(1)

| 関連記事(1)

パリにはパラスホテルと呼ばれる超高級ホテルが幾つかあり、ミッシュランの3つ星レストランが入っているところも多い。お泊りにも3つ星にも最近ではもう縁のない私がこの手の場所に出入りする理由は「サロン・ド・テ」つまり「お茶をするため」

ルーブル美術館、ジュー・ド・ポーム美術館、オーランジュリー美術館にも近いので、美術館巡りの後に立ち寄ってもらいたいサロン・ド・テのひとつはここ

ムーリスのメインダイニングはミッシュランの3つ星で、その隣に「ダリ」というカジュアルなダイニングがあります。こちらは星なし。でも、ムーリスの中のレストランですからね、やはりここの料理の総指揮は3つ星シェフのヤニック・アレノ氏によるものだそうです。メインダイニングでの食事はまったく行ったことがないですが、ここのダリのアフタヌーン・ティーは好きでときどき行きます。そのメニューはこちら(PDF)をご参考にどうぞ。

ここがそれをやっているという事はホテルのサイトを見ないと分からないくらいに控えめな情報です。雑誌なんかに取り上げてもらったり、大々的な宣伝をすれば良いのに、今、ホテル業界はみなさん集客で大変なのですから。でもそうしないのはホテル側の意思なのかもしれません。一回掲載されると色々な人が押しかけてきてホテルの雰囲気が崩れる恐れがあるからでしょうか。やっぱりこのレベルとなると宿泊客もシックだから気を使わなければと思い、アフタヌーン・ティー程度にドレスアップして出かけたら浮いちゃいました。いかにもおのぼりさん丸出しになってしまいました。

さりげなくテーブルにお部屋のキーを置いていた宿泊客はカジュアルだけどセンスのあるお洋服。でも、あんた本当にムーリスの客?と言いたくなるようなくたびれたジーンズとTシャツ、それもブランド物でさえもない、か、或いはあなた様は成金様ですねと言いたくなるような方もちらほらと。でもこれだけ様々な人を見かけても、サロンの広々さが混雑感を感じさせず、静かです。


大きな地図で見る

夢路とみこ

【関連記事】
[196]北ブルゴーの休日(1)
[259]ステーキタルタル

[325]パリからディジョンへ(3)

| 関連記事(0)

パリ・リヨン駅からディジョンへ行くTGVの注意点の続き、第3編です。

そしてパリを出るとき同様にディジョンで乗り換えの場合、TGVとTERの切符は違うのでこれまたコンポステ、刻印が必要になります。限られた時間の中で電車を乗り換えコンポステとなるとホント大変なんですよね。コンポステを忘れたら速やかに車掌さんに言わないと罰金がすごいですから、これも要注意。

さてTGVでの楽しみのひとつは、最近は激減してますが、車内グルメ。私が仏留学をしていた、TGVが開通して間もない頃はレストラン車両があってそこで朝食のハムエッグを食べたのが未だに忘れられないのですが。良い思い出です。しかし、今はただの売店。でも、ここで売られているサンドイッチやレンジでチンのパスタや一品料理はそんなに悪くないと思います。ブッフェ車両は窓が大きいから外の景色が良く、パリを出て1時間位したら通過するモンバール辺りからはブッフェ車両へ行くことをお勧めします。

この車両は8両編成なら4番か5番、16両編成なら14か15番だったと思います。TGVの車内の入り口ドアの上に鞄マーク、トイレマークと一緒にカクテルマークがあればブッフェがある車両はその先という意味です。ブッフェと言ってもそれはバイキング料理でもレストランでもありません。ただの売店です。少しスツールがある程度で大半の人は立ってカフェを飲みながら大きな窓越しに流れる景色を楽しむというものです。

ここで売っているスコッチケーキ、Gateau anglaise(イギリス風ケーキ)とフランスでは呼んでますが、このケーキが美味しいんです。日本ではスコッチケーキなのにどうしてイギリスケーキ何だろう????私はこのスコッチケーキとカプシーノでディジョンまでの道のりを楽しみます。

しかしここで要注意なのは、このブッフェ車両全てのTGVに接続されている訳ではないのです。ここ数年の不況とネット販売による価格破壊のせいでしょうか、ディジョンが終点の便は、乗車時間が90分程度のせいか、もうビュフェ車両がほとんどなくなってしまった。残念。最近はコーヒーやドリンク類の自販機もTGVにはない事も。

だから最近は駅を出る前におやつを調達してから乗車。TGVは時々、途中停車をすることがあり1時間くらい遅れることもあります。乾燥した車内ですから非常事態のためにミネラル・ウォーターの携帯は必須です。

夢路とみこ

【関連記事】
[324]パリからディジョンへ(2)
[001]トラン・ブルー

[324]パリからディジョンへ(2)

| 関連記事(1)

パリ・リヨン駅からディジョンへ行くTGVの注意点の続き、第2編です。

パリの主要な駅ならどこでもそうですが、この駅でも例外になくライフルを装備した軍人が警備目的でうろうろしていますが、駅の係員はあまりいません。軍人に時刻表やホームの位置を聞くわけにはいかないし、INFORMATION案内所は数箇所あってもいつも混んでます。切符の購入や変更、その他質問事項がある場合は乗車前日までに済ませる事をお勧めします。メトロの窓口以上に長蛇の列ですから。

4点目、スクリーンで見落としてならないのは予定時間通りの出発かどうかです。スクリーンにRETARD 5minとあればそれは5分の遅刻。ディジョンで降りるのならこの程度の遅れはそうそう問題にはなりませんが、でも、ここからローカル線のTERに乗り換えてボーヌなんかへ行く予定があったら大変。大体の場合、遅刻については駅同士で調整しているので乗り換えのローカル線のTERがTGVの到着を待ちますが、問題はディジョンの駅に着いて乗り換えのための移動がこれまた大変。

駅に着いて乗り換えのためにこれまた駅の構内を走らなければなりません。パリから来るTGVの便が入るのはほぼホームHとかIで、ここは恐ろしいくらい遅いエレベータはあってもエスカレータはない。そしてTERはホームAとかCでそこまで階段の昇降を経て乗り換え。大きなスーツケースを持ってボーヌのホテルに宿泊する予定のある方、頑張ってください。ボーヌの駅は階段しかないです。

またディジョンからボーヌへの乗り換えのTERはCHALON SUR SAONE行きが主なので、駅に到着してやはりホームにあるスクリーンでCORRESPONDANCE 乗り換え案内で時間、行き先がCHALON SUR SAONである事を確認するのですが、この乗り換え時間が5分だったりするとかなり焦ります。そしてパリの駅ではホームをQUAIと表示しているのに対して地方の駅ではVOIEという単語でホームを表しています。英語のプラットホームや米語のトラックという単語では駅の係員が英語が話せてもあまり通じません。ので、このQUAIとかVOIEという単語を覚えておくと便利です。乗り遅れると地方ですからね、次の便が来るまで時間がかかります。パリからボーヌへ日帰りなんか予定していたら乗り遅れた事で目的地に行けなくなることもありえるので要注意。

夢路とみこ

【関連記事】
[323]パリからディジョンへ(1)
[042]ボーヌのパンとチーズとワインの祭り
[172]マスタード博物館(2)

[323]パリからディジョンへ(1)

| 関連記事(1)

私のお客様でもそうですが、最近ディジョンへ個人で出かける人が増えてきたので少し旅のヒントをご案内。まず、大事なのはディジョンへ行くTGV発着駅、パリ・リヨン駅はパリにある他の主要TGV駅同様かなり広いです。メトロ駅の乗り換えの簡単さには比にならない広さ。ですから、駅に着いてすぐにTGVにポンと乗れるとは思わないで下さい。構内を走り回る時間を考えても最低20分前には駅に入るようにしておいた方が良いでしょう。

TGVの出発プラットホームが駅中央の電光掲示板や数箇所ある入り口の所に吊るされているTVサイズのスクリーンに掲示されるのは出発20分前になってからです。出発はDEPARTです。このスクリーンには終点、TGVの番号、出発予定時間、プラットホームの番号です。ここで要注意なのはディジョン行きのTGVは必ずしもディジョン行きと掲示されてはいません。多くがBESANCON、 ZURICH 、LAUSANNEになっています。それはディジョンを経由してその先の町が終点である事が多いからです。だから自分のチケットとTGVの番号を確認する必要があります。

また要注意の2点目は、このTGVの番号です。TGVの終点がディジョンである場合、車両は8両編成である事が多く、スクリーンにはTGV7657のように番号が1便のみですが、これがディジョン経由で他の町が終点の場合になると16車両編成ということがあり、そのときはスクリーンに2つの便が掲示され、時間とプラットホームの番号が同じなのでこれは何という事にななり易いのですが、これは16編成であり、デイジョンで切り離されるという事に気づいてください。乗り間違えるとディジョンより先まで行っちゃいます。16編成に当たったとき私は泣きたくなります。それもぎりぎりの時間に駅に着いたときは特に。乗車車両がホームの入り口からかなり遠い所にありそこまでの疾走が大変です。

3点目は、プラットフォームの番号。これはAやZなどのアルファベットと数字があります。アルファベットのホームはおの駅の中央にあるのですぐに見つかりますが、番号のホームは駅を正面にして左の奥、それも駅を半分横断してあちらのホームへ移動しなければなりません。この間歩くこと5分近く。パリ・リヨン駅にメトロやバスで来たとき、入り口からは見えにくい場所にあるこの番号のホームを探すのに皆さん苦労しているみたい。


夢路とみこ

【関連記事】
[186]南ブルゴーニュの休日(3)
[003]ようこそディジョンへ

たまごや内を検索する


このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊2002.01.05


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yumeji/b/

ブルゴーニュ通信局 カテゴリ

おすすめトラベル

アーカイブ

全 337 件-タイトル表示

著者プロフィール

  • マガジン発行部数履歴
  • 夢路とみこ 自己紹介