カテゴリ"仕事"の記事

[296]奉仕は力なり

| 関連記事(0)

最近また会社が倒産
フランスで就職して2度目の倒産

でも前回の倒産の時、123号124号にて掲載、と今回では気持ちの持ちようが違う。パリに移って労働許可証が更新されるまでの1年の無収入期間、パートタイム契約で3ヵ所と仕事をする事になったのに給料はディジョンにいた頃の半分にも満たない。

そして訪れた2回目の倒産による解雇、でも今回はたじろがなかったわよ、泣く事もなく、残った2社の仕事でなんとか生活する工面を考え、ボランティアのような状況で手伝っていた仕事をパートタイムの本契約にしてもらうように交渉し、数だけはなんとか3社勤務に戻し。でも、やっぱり給料がどんなに勤務先を増やしてもディジョンには戻れない。しかし、年間更新の労働許可証である以上は倒産だろうがなんだろうが解雇は来年の更新に響くから、薄給だろうがなんだろうがやらなければならない。

私の周囲にも仕事を探してる人は国籍を問わずにたくさんいる。でも、探している割には能力以上の報酬を期待する人、仕事を選り好みする人が少なくない。本当にやりたい仕事でたくさん報酬がある人なんてそうそういないと思う。みんな色々な面で我慢しながら生活維持の為に、その他の理由のために頑張る。

私に「何か仕事あったら紹介してください」と頼ってくる人に限って仕事の選り好みが激しいのには驚かせられる。それがボランティアに近い報酬だと尚更のこと。でも、ボランティアの出来ない人にすごい報酬の仕事が降ってくるものなのだろうか。ボランティアは金銭的な報酬こそないけれど確固としたネットワーク作りや自分を売り込むマーケティングの場になると私は思うのですが。

私はボランティアで国際異業種交流会のエクスパット・パリのアシスタントオルガナイザーをしていますが、今回の会社の倒産による失業経験を機に、今度は自分で異業種交流会、ジャパニーズ・カルチャー・クラブを作り上げました。

エクスパットで得た人脈の作り方のノウハウで、今度は日本に関心のある人たちをターゲットにしたグループを作ることで、また新たな人脈のルート作りの為に。仕事の合間にこれをするから毎日がものすごく忙しい。でも、忙しいから余計なことは考えない。会社が倒産したことを悔やむ暇もない。2009年はもっとふんばって来年こそ10年の長期滞在許可証を取得出来るようにならなければ、そのためには広範囲な人脈と売れるだけの能力がないとね。

夢路とみこ

【関連記事】
[123]解雇劇、合言葉はサラ
[124]別れても好きな仕事

[278]伝言係りを撃つな!

| 関連記事(3)

接客の仕事で一番困るのは、私達では何とも回答出来ない、上司に確認したって無理、会社の上層部の指示を仰がなければならない事に対して苦情を聞かなければならない時。旅先で思いがけない事に合い興奮して我を忘れてしまうその気持ちは分からない事もないけれど、泣こうが喚こうがお日様はいつも東からしか昇らない。

怒っているご当人は同胞人なんだから気持ちを汲めよ、日本と同等のサービスをしろよ、と思っているのでしょうが、ここはフランス。郷に入れば郷に従えじゃないけれど、上司は日本語でのサービスを提供する事のみを指示するだけで、日本と同等のサービスにする事については日系の企業でない限りその理解は得難い。むしろ、そのレベルにすると、他の国の顧客がそれを要求するし、また働く私達の日本人以外の同僚に負担がかかるという事で返って迷惑がられる事も多々とあり。

日本へ旅行してそのサービスの質の高さに驚嘆はするものの、それを導入しようとする動きは殆どなく、また、多国籍社員の会社で私達日本人だけがそれをしようとすると周囲との調和が崩れ、またはそれをでしゃばり行為であると見なされる事もある。その結果、異国で生活、仕事をする私達に精神的圧力をかける結果となりうるのです。日本人顧客と外国人上司や同僚の間に挟まれて四面楚歌の状況に。

ある浅い、英国人の同僚に顧客がどなりちらしていた。同僚は上層部の回答をそのまま伝達したのみで、それ以上の事はなんともしようのない事なのに。彼はその顧客に苦情係りの連絡先を案内し、不服はこちらに申し立てるようにと促した。私にも良く起きる状況。彼は怒りの捌け口にされながらも冷静に話を聞くだけ聞いていたけれどこの顧客がエスカレートするので、とうとう堪忍袋の尾が切れて、一言「私はただの伝言係りです。私に銃を向けても事態の収拾はつきませんよ。」Don't' shoot the messenger!

お見事な一言!そうなんです、伝言係りの私達を撃っても根本的な解決にはなりません。無駄なエネルギーを使うのではなく、ここは落ち着いて、しかるべきところに苦情を持って行くようにして下さい。私達だって出来るものなら一緒に解決した所ですが、特定の国籍の顧客を優遇する事は会社に損益を齎す人物と見なされ解雇という最悪の状態をも招きかねません。それが、お客様は神様ではない国でのサービスに対する意識なのかも。

夢路とみこ

ボイストラベル メイト(携帯型音声翻訳機)【送料無料】

【関連記事】
[253]出る釘は打たれる

[276]継続は力なり(7)

| 関連記事(1)

ワインを最初に味わったのはフランス留学中の1987年、ローザンヌ勤務中の上司が副職でワイナリー経営していたのでそこで勉強させてもらってからワインに興味が湧くようになり、あれからかれこれ20年。ディジョンにいた5年半は飲んで印象に残ったワインのエチケットを収集しコメントを書いていてそれは1000枚にも達した。パリに来てからは生活を安定させるための仕事に追われ悠長にワインを勉強する暇なんてなしなし。ただ飲むだけ。

最近の仕事は外国人との接客が中心だから英語での業務が主流。今の同居人は英語学習者だから会話は英語のみ。だから貧弱なフランス語がますます使い物にならないものに。仏人から「何いっとるんじゃ!」みたいなことも最近は頻繁に言われるようになって。ディジョンにいた頃は語学学校に通っていたけど、パリではそんな金銭的余裕もなし。ワインを仕事にしている仏人と同居しているけど、ビジネス仏語の表現はもとより肝心なワインの知識が私より劣るからあんまり話にならない。

ときどき学生さんや語学学習者から「どうやったら語学って上達しますか」と聞かれる。定番の回答は二つ。「恋人をその言語の人にすること」と「興味ある分野の本を読むこと」。私の仏語が上達しないのは前者が達成されてない事が明らかなのですが、後者は頑張れる事。ディジョンを含む学生の頃はまじめに小説や政治雑誌を読んだりしてたけど、最近はご無沙汰。これらは読むと数ページで眠くなるし、辞書を引くのも面倒。小説は文法理解なしでは難問、政治は仕組みを知らないとお手上げ。

でも衰えつつある仏語なんとか応急手当しないと。で、料理本を読み漁ってみた。一行が短く完結だから読み易い。しかし、ここに難点が!これらを読むと、作って食べるから仏語の力も付くけれど、お腰のきびだんごも着いてきた。これはやばい、と思い、次なる手で考えたのは「そういえば最近全くワインの本を読んでないな」という事。でも料理本と同じでワインの本を読み出すとワインが欲しくなり、買い込むと給料がなくなるから。

で、落ち着くところはワインのクイズ本でした。これはワインで仏語だから一石二鳥。ワインに関する知識のおさらいと知識、仏語の増長。600問あるこれを全部読破したらこの二つはしっかり身につくような気がする。

Quiz du Vin
Kilien Stengel著
ISBN 978‐2‐10‐050873‐0

夢路とみこ

【関連記事】
[237]継続は力なり(6)
[236]継続は力なり(5)
[234]継続は力なり(4)
[219]継続は力なり(3)
[108]語学学習、継続は力なり

[254]エクスパット・パリ

| 関連記事(5)

以前、異業種交流会で紹介したこの会、最近メンバー1000人を超え、イベント100回を超えた記念行事として、この会が最初に発足した時のイベントと同じ「モンソー公園でのピクニック」がありました。

この会が発足した2003年はまだ私はディジョンにいたのでこんな異業種交流会なんて想像もしたことなかったのですが、今は、この会を支える6人の副幹事の一人です。この会に参加したのは去年の秋、この2月には副幹事としてイベント企画に積極的に参加することに。人の縁なんてどこでどうなっているのか全く分らないものですよね。

幹事のアンディが私に副幹事の誘いをしてくれた理由は二つ。一つは私が参画することで在仏日本人コミュニティーを引き込みたい、という事と。私の仕事は観光関係だからイベントに相応しい場所と企画を期待して。で、やり始めて半年経ちましたが、ここで私は多くの事を学びつつあります。

ネット上でイベント情報を流し皆で合流して何かをするというところから比較的に人は集まりやすく、それは「出会い系」と「ネットワーク」の役割をうまくこなすような会です。イベント企画者が7人もいるとそれぞれの個性が出て、また参加者にもそれぞれの幹事についてスタイルが出来つつあります。

例えば幹事のアンディ、彼の朝食会はいつもオペラ座付近のスターバックス、ここはかなりシックな雰囲気でパリらしい。昼食会は、モンソー公園の近くのブラッスリー。場所柄か結構有名人が食事に来るらしく、私が参加したときはデザイナーのラクロワが隣の席にいて、別のメンバーの時は有名俳優が近くだったと聞いた。割安感のあるお洒落な店で気軽に入れる場所。

私の会は、少人数、食に中心を置いた文化系。早く言えば食いしん坊で面倒臭がりだからあんまり気を使わない人数でこじんまりと楽しみたいというところ。これまでは「激安」をテーマに食事会をしていましたが、今後は「ハイソ」をもテーマにしようと検討中。少々高くても誰か一緒に行ってくれるなら行きたい、というホテルのバーやディナーショー、「激安」と「ハイソ」とを交互にすることでまた違った層の仲間とネットワークを広げたいと思っています。

エクスパットパリ
1000回記念ピクニックの模様

夢路とみこ

【関連記事】
[235]パリで異業種交流会

[253]出る釘は打たれる

| 関連記事(1)

この言葉、日本にいたとき良く聞いたし、言われた。個人プレーよりも団体行動を重視する日本のあり方にへきへきした時期もあり渡米の原因の一つに。皆と違わなければならない、違うことに利点を見出してもらうためにさらに目立つような行動をしなければならない、それは私がアメリカ滞在中に学んだことのひとつ。

でも、ここフランスでは、特に会社社会ではアメリカ的な個人プレーは嫌がられ、日本のような団体の輪、協調性、同調が多く求められていてなんとなく日本に似ているような気がします。もちろんこれは私の個人的な見解でフランス全体がそうであるとは言い難いのですが。

知り合いのアジア系フランス人女性が最近突然解雇された。突然の解雇というよりも試用期間が終わり本契約にならないままに打ち切られたというものですが。入社当時は海外でのキャリアとアジア系言語を含む三ヶ国語が変われて重宝されていた彼女ですが、ある日女性上司のヘビースモーキングが気になり、それもオフィスで喫煙なので、外で呑んで貰えないかと促してみたところそれが女性上司の癪に触ったらしく、突然態度が豹変したとか。

それまでは彼女をチームの一人として温かく指導していた上司が、その事以来冷たくなり、仕事をどんどんはずして行くようになったらしい。そして社内の喫煙女性社員だけで集まって外で喫煙するようになったけど、この彼女の存在は皆で無視するようになったとか。彼女のある意味では「余計な一言」があるまでは、社内の女性社員同士みんなで温かく接してくれていたのに、と彼女はつぶやくように語ってくれました。

あれ?こんな話、日本でもよく聞くような「村八分」的な行為。フランスはまだまだ喫煙者が多く、女性のヘビースモーカーなんて日本やアメリカでは想像もつかないくらいの数。フランス女性が細いのはこのおタバコの呑み過ぎというのもあるようですが。

しかし、この嫉妬による追い出し作戦、聞いていていや?まるで日本みたいと思ったのですが。フランスは個人主義と言いながらも、全体主義なところはきちんとある。「密告」がフランスの犯罪検挙率に貢献しているとフランス人から聞いたけど、なんとなく頷ける話ですよね。

出る釘は打たれるのが日本やフランス、出ない釘は無視されるのがアメリカ、私は毎日、日、仏、米を相手に仕事をしているので打たれないように避けながら、無視されないように適度に目立ちながらやっています。

夢路とみこ

【関連記事】
[242]労働許可証への道(4)

たまごや内を検索する


このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊2002.01.05


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yumeji/b/

ブルゴーニュ通信局 カテゴリ

最近の記事

おすすめトラベル

アーカイブ

全 337 件-タイトル表示

著者プロフィール

  • マガジン発行部数履歴
  • 夢路とみこ 自己紹介