カテゴリ"料理"の記事

[333]パリの食事処 後編

| 関連記事(0)

前回の続き〉

ここで映画のワンシーンなら見知らぬ男女が相席になって恋も芽生えるのでしょうが、現実では、ベタベタカップルの隣で食事中は一口食べたらキス、一口食べたらお手てニギニギという事や、口には戸が立てられないオバタリアン二人組み(外国語だったら尚更の騒音)ってのもある。

気分が悪くなって席を立ちたくなるのは悪臭のする人、国に寄っては食文化の違うせいか体臭がものすごい人もいるし、またそれ以外では観光で来ている日本人で外国で日本人に会いたくないという態度が見え見えの人も相席にはなりたくないですね。むしろ現地に住んでいる人と相席になってラッキーと思ってくれる人であればこちらも親切心を持って観光アドバイスをしてあげる気にもなれるんですけど。とにかく私たちは上の階に席を取ることになりました。

巨大ブラッスリーとなるとギャルソンの数も多いけどテーブルの担当もしっかりと決まっているので、自分のテーブルの担当でないと何もしてくれない。メニューも持ってきてくれなければ、注文も取りに来てくれない。またギャルソンがフレンドリー過ぎても困りもの。あちらこちらのテーブルで愛想を振りまいている分、配膳は遅いわ、注文は揃わないわで。

サービス料込みとなっていてもそれが給料にそれ程影響を及ぼさないので彼らにとってはぐうたらしていても、一箇所のテーブルで愛想振りまいていても給料はほぼ一緒。だったら好みの女性客のテーブルでデレーとしたいギャルソンはデレーとしています。ウエイトレスもそう、知り合いが来ると仕事そっちのけでお喋りに花が咲いています。年配のウエイトレスは配膳そっちのけで話し相手をするのも仕事の一部だと本当に思っているからどうしようもない。これもこの国の食文化と言えばそれまでなんですけど。

上の階から下を眺めるとこのブラッスリーの巨大さが実感できます。でも上に席を取る利点はこの「実感」だけでしょうね、たぶん。だからやっぱり下の席の方がいいわ。この店は料理を目当てに来る人はいるのでしょうか。でも、この店の売りは昔ながらの大衆食堂料理とその雰囲気と懐かしのメニューじゃないかな。そして単品のどれもが安く、前菜+メイン+デザートを食べてもシャンゼリゼのお洒落な店のメイン一皿よりも安い事がメリットです。

こちらもご参考にどうぞ
http://blogs.yahoo.co.jp/beaucaillou7/58033659.html


大きな地図で見る

夢路とみこ

【関連記事】
[332]パリの食事処 前編

[332]パリの食事処 前編

| 関連記事(1)

最近、伝統的なパリ風ブラッスリーに行く事に凝っている私。本来、花より団子なのですが、インテリアも好きで、特に伝統的な建築様式が気に入っています。ナチによるパリ占領下の時代にここはランスやルーアンのような大空襲がなかったので、昔が今もここに。それはまるで京都が守られていたように。

ここは古いものが沢山残っていていつの時代にいるのか分からなくなってしまうことや、時代劇の背景探しには事欠かないと思います。それはテレビドラマの時代背景で戦後直後の大衆食堂のシーンなんかを見ていると、あれ~これってあそこのブラッスリーだよね、俳優の人の服装やメイクは50年代、60年代しているけれどお店の雰囲気とかギャルソンの様子とか、今でもあるよそれって、という感じの店がパリには幾つもあります。

また反対にモダンな建築、コルビジェやライトも好きで、パリにはこのようなモダン建築のレストランやカフェもありますが、それは青山や麻布のようなものでそんなに頻繁に見に行きたいとは思いません。パリの人にはその新しさが受けているけれど、やはり私としてはパリにいるのだから日本であまり見かけることのない伝統的な店のほうが気になるわ。

この店、Chartierシャルティエがある場所はパリ9区、メトロGrands Boulevardsから降りてすぐです。この付近は劇場が多く、それでも超一流と言われるオペラ座やシャンゼリゼ、シャトレ劇場ではなく、どちらかというともっと庶民派、お試しコースなカジュアルな劇場という事もあり、パリの「オフ・ブロードウェイ」と呼ばれているようです。

そのように呼ばれるだけあってとにかくある意味の不夜城。この付近のレストランやバーは夜中でも温かい食事が出来ます。ですからシャルティエも遅くまでやっているし、またお芝居を見る前と見た後の顧客を迎えるためにここでは夕食の時間は6時営業です。そして予約不可なので7時を過ぎると並ぶことを覚悟すべき。

先日この時間帯を逃したらこの店の上席であるRDZ レッドショッセ(日本の1階)のフロアに席が取れなかった。この店に来たら下の席を狙うべし!6時からの営業と走らず入店した時はもう1階(日本の2階)しかなく、上へ行ったもののやっぱり下のほうが良かった。上も下もテーブル同士がかなりくっついていて、また個々は相席をさせるので同じテーブルに見知らぬ人が座ることもよくあること。

大きな地図で見る

夢路とみこ

【関連記事】
[228]パリでごはん(5)

[329]ジャンポールエヴァンの店(2)

| 関連記事(0)

前号の続きで、そのロジックからするとこの店の料理がおいしい事は頷ける。そしてパティシエのお店だから見かけにもこだわっていることは出来上がったお皿をみれば一目瞭然。

カフェ飯が美味しい店の条件のひとつにクロックムッシュー、オムレツ、そしてフレンチオニオンスープの出来があります。これらの料理はシンプルだけど料理人の基本だから、特にスープはスープストックを取るのに時間とお金がかかるけど、でもスープだからたいした料金は取れないということもあり、今ではもう大抵のお店が出来合いのスープをチンするだけです。だからスープをきちんとお店のキッチンで作る店はあまりなく、あるとしたらすごいこと。

またクロックムッシューも大抵のカフェが工場生産で食パンにスライスチーズとハムを挟んでオーブントースターで焼いてい程度、ベシャメルソースがはいっていたら上出来よ!あれだったら私だって作れるわ。

そこら辺の住宅街のおやじカフェで出しているクロック・ムッシュー(お約束のスーパー特売品みたいなもの)が5~7ユーロ、観光地カフェだとこれにレタスが数枚横に盛られていてはやり7~9ユーロ。では、このジャンポール・エヴァンの店では9.60ユーロであるとしたら、この店が有名店であり、場所がサントノレ通りにある事だけで払えるかしら?

それはご心配に及ばず。ここのクロックムッシュは9.60ユーロに値する、いやそれ以上の美味しさだから。この店のそれは耳のないサンドイッチ用のパンを使っていて、中味はハムではなく、チキンのフィレ、とろけたチーズにはエストラゴン(というハーブ)をふんだんにまぶしてありました。見かけも味も申し分がない。

エストラゴンは(英語ではタラゴン)というハーブで香りが強すぎて私はあまり好きではありません。でも、フランスにはこれを使ったドレッシングなどあるし、チキンに合うハーブと料理本には書いてあるけれど、これまでエストラゴンを使った料理で美味しいと思ったものはまずなかったのです。

だから私の頭の中では、エストラゴン=まずい=食べきれない、だったのですが、この店のクロックムッシュを食べて初めてエストラゴンが美味しいと感じました。やっぱり料理は腕だわ。腕のある人が作ると美味しい。腕のない私が作るといつまでたってもエストラゴンは私のキッチンで能力を発揮できない、9.60ユーロですっかりエストラゴンを見直してしまいました。


大きな地図で見る

夢路とみこ

【関連記事】
[328]ジャンポールエヴァンの店(1)
[140]ようこそ日本へその5

[328]ジャンポールエヴァンの店(1)

| 関連記事(1)

ルーヴルからオペラの間はパリの中でも伝統的な観光地で季節を問わず世界中からの観光客でいつも賑わっています。だから食事処もお茶をするところもかなりいい加減なサービスと味なのに値段だけ一丁前なんだからといいたくなる店が多いのです。

またここには、高級店が並ぶサントノレ通りがあり、世界で一番土地が高い、宝飾店ばかりだかららしいけど、ヴァンドーム広場もあるから有名なセレクトショップの「コレット」やパリを代表するパティシエのジャンポール・エヴァンの店もあります。これらの店は軽食が食べられるサロン・ド・テを併設しています。

この店のすごいところは、ここがパリか東京か錯覚してしまいそうな雰囲気にあります。まずその理由の第一は、地上階(日本の一階)はショップなのですが、販売員の数名が日本人らしく日本語が良く聞こえる、そして包装や支払いが素早い、まるで日本のデパート並み。小さな商品にも大きな袋に入れるのも日本。

そして一階(日本の二階)にはサロン・ド・テがあります。ここはランチタイムになると近くの会社員と言っても場所がサントノレ通りだからシックな人たちばかり、またはいかにもこの界隈の常連買い物客と思わせるようなブルジョワマダムたちが大集合。

ここのランチタイムの食事にはセットメニューというのはないようですが、単品のひとつひとつをとても丁寧に作る少ない品数です。メニューだけ沢山あっても手抜き料理、レンジでチンして出すようなカフェやブラッスリーはパリに多いですからね。それからすると少ないメニューでも一品一品に手が凝っているなと思える料理を出す店なら少々高くても(と言ってもその差額は僅か1、2ユーロ程度でしょ)を払う気になれます。

時々耳にする話で、お菓子作りは目方が重要だから几帳面な性格でないと良いパティシエには慣れないし、また、良いパティシエは料理をするとしてもやはりきちんと目方を量るところがあるから美味しく美しいものが出来ると聞きます。

料理人の場合、感性が主体となって作るから料理人からパティシエに転職することは、パティシエが料理人になる事よりも少ないらしい。感性が重要視されるという点からか、料理人がソムリエになったという話は良くのですが。

大きな地図で見る

夢路とみこ


【関連記事】
[115]ペシェミニヨン
[143]ヌーボー三昧
週刊マナー美人[139]日付と住所

[318]パリでごはん(7)

| 関連記事(0)

1区のマルシェ・サントノレの広場の一角にあるこの「シーフード」の店は牡蠣を始めとしてシーフードが安く食べれるとガイドブックで見て早速出かけてみました。この周辺で魚屋は一件しかないし、目立った看板があるのですぐ分かると思いますが。この看板もなぜかしら葛飾北斎の絵のようなもので、「お寿司」「お刺身」から来る日本食ブームに乗せてこれにしたのかどうかは知りませんが。

外から見るとただの魚屋にちょっとしたイートインコーナーみたいなテーブルと高椅子がある程度ですが、これが奥にはいるときちんとしたテーブル席があり、レストランのような雰囲気になっています。だから、店頭のテーブルに人がいっぱいで「入れない」と諦めてはいけません。確かにランチタイムは混んでますが、それでも奥に入ればお席があります。

ここは魚屋だけあってとにかく新鮮、だから別にBREのつかない月でもおいしいんでしょうね。ここのお勧めはFormule Expressという牡蠣6個にミュスカデというロワールの白ワインがグラスでついているものなんですけど、これ、思っていたよりもおいしかったので私のグルメノートには花丸です。

通常このような安い「お試しメニュー」になると安い分、いまいちなワインしかでないのですが、びっくり。普段はあまり好きでないロワールの白ワイン、シーフードにミュスカデが合うことは知っているけど、それでもあえてボルドーのアントル・デュ・メールなどを好むので、ここで出されたミュスカデにはにんまりしてしまいました。もちろん牡蠣もフレッシュでおいしかったし、ご丁寧にポワラーヌのパンが付いてくる。これポイント高し。

牡蠣のメニューはこの他に自分でアラカルトに選べて6個と1個、サイズも一般的な3番から巨大といわれる0番まであります。

このお店は毎週火曜日から土曜日までランチタイムとディナータイムに食べれます。金曜日と土曜日のみ午後10時までやっていますが、それ以外は午後7時まで。週末は付近のワインバーもかなり混むので、やっぱり午後でランチタイムをちょっと遅らせた静かな時間帯が良いようです。ワインもロワールのみならずいろいろあるので試してみる価値ありかも。

こちらもご参考にどうぞ
http://blogs.yahoo.co.jp/beaucaillou7/51810374.html

夢路とみこ

【関連記事】
[230]パリでごはん(6)
[228]パリでごはん(5)
[206]パリでごはん(4)

たまごや内を検索する


このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊2002.01.05


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yumeji/b/

ブルゴーニュ通信局 カテゴリ

おすすめトラベル

アーカイブ

全 337 件-タイトル表示

著者プロフィール

  • マガジン発行部数履歴
  • 夢路とみこ 自己紹介