カテゴリ"ワイン"の記事

[321]バカラ美術館

| 関連記事(0)

ワイン好きな人ならバカラのワイングラスは知っていると思います。ワイン愛飲家ならグラスがワインにどんな効果、どんなメリットがあるかということも。私はワインが好きでフランスに来て、二つ持っている異業種交流会のイベントのテーマでもやっぱりワインに関することが多いのです。

「ワインを飲む会」というテーマで飲み会を月に2回くらいやっていますが、平日のアフターファイブのイベントなのでメンバーがなかなか集まらない日なんて、一人で出かけてます。人が来ようが来まいが関係ない。ワインはみんなで飲んでも美味しい、一人で飲んでも美味しい。ワインはとどのつまり美味しい、というのが私の持論なのです。でもその美味しいワインを更に美味しくする道具のひとつがワイングラスなんですよ。

これも私の持論なんですが、思い込みと取られても仕方ありませんが、でも、グラスが良ければ安っぽいワインでもワンランクはアップするというものです。それはサラダドレッシングを作るときにオリーブ油のランクを上げるよりも、お酢に凝る、つまり平凡なサラダ油でもそんなに贅沢なオリーブ油でなくても、使うお酢をワインビネガー以外にシードル(リンゴのサイダー)やフランボワーズ(ラズベリー)、ハーブ入りのお酢にしてみるとこれが不思議なことにかなり美味しくなるんです。お酢なんてオイルと比べると値段はそれほど高くないし種類もいろいろあるので、こちらに凝ると安い材料でランクアップのドレッシングが出来ます。

ワインについて言うならば、上質のシャンパンフルートで飲むと安めのシャンパンが高級シャンパンのように泡が、つぶづぶが長く弾いているんですよね。それはグラスのカットや使われているクリスタルの量によると、その昔、ロレーヌ地方のクリスタル工房見学をしたときの職人さんの説明で知りました。

ワインに凝りだした頃、著名なグラスで試飲をする機会がありリーデル、ミカサ、バカラ、サンルイ、クリスタルダルクといろいろ試しましたが、この中で私のワイン好きに滑車をかけたのがバカラ。日本でその昔、バカラ展がありマハラジャテーブルが来たときは横浜、大阪まで追いかけ、そして今はロレーヌ地方のバカラまでやっぱりこれを見に追っかけて行きます。

バカラにあるこの美術館についてはこちらをどうぞ
http://blogs.yahoo.co.jp/beaucaillou7/54377820.html

夢路とみこ

【関連記事】
[319]ロレーヌ地方バカラ観光

[307]ディジョンのワインバー(1)

| 関連記事(0)

ポルト・ギョームという凱旋門のそばにあるこのホテルはかつて由緒あるお宅が独立経営していたホテルで、今はチェーン系、3つ星のホテル。室内は古き良き時代のヨーロッパを感じさせるけど、それぞれの部屋の内装が異なっているのでお部屋の比べっこが大好きで、ちょっとでも違うとむくれる日本人団体観光客には向かないと聞く。その代わり、ヨーロピアンアンティークを求めて旅する観光客やちょっとバジェット旅行のカップルには人気があるようです。

またこのホテルの中のレストランはシックだし、日本語メニューもある、そして料金はお手ごろだから観光客も多く立ち寄るのも頷ける。しかし、私のお目当てはこのレストランではない~。この店が美味しいことはディジョン時代に何度もビジネスディナーで使ったから知っている、しかし、私の目当てはこのレストランの下にあるワインバー。

まずホテルの入り口でレストランかフロントの人に「下のワインバーに行くよ」と声を掛けましょう。下のカウンターには誰もいないのでだまって降りてゆくといつまでたってもオーダーすら取りに来てくれません。カーブなのでアコースティックが良いのとグラスで作った照明がやわらかい光でロマンチック。

ちょっと気になったのは、ここも最近のディジョンの傾向か、パリのどっかのバーのような内装。90分もTGVに乗ってレピュブリックとかバスティーユにありそうな店の雰囲気を味わうのはどうなんでしょう。ディジョンの人にはお洒落でしょうが、私にはもう見飽きた感じです。ワインリストを見るまでここがブルゴーニュかどうか疑いたくなります。

この店では分厚いワインリストにいろいろなワインをグラスで飲めるようになっているので、銘醸街道をグラスで横断するのは可能です、が、ブルゴーニュワインの基本をさらっと体験してみたいのであれば、セットメニューをお勧めします。このセットはグラスで3種類のワインにチーズとハムのセットが乗ったおつまみの皿1枚においしいパン、バターがついて来ます。料金は13、16、19ユーロとありワインのランクによってこの値段に差があります。ワインだけのセットメニューは3種類を10ユーロから。

詳細はこちらでどうぞ
http://blogs.yahoo.co.jp/beaucaillou7/51003860.html

夢路とみこ

【関連記事】
[190]パリでごはん(3)

[275]パリで知る日本(3)

| 関連記事(0)

中華料理店にある「お酒」は日本酒と違いかなりアルコール度の強いもので、メニューでもそのままSAKEだから日本酒との勘違いは当たり前。しかし、私の周囲の外国人にはそれが分らない。酒豪の私でも、その本質を説明するだけの語学力がないので、日本酒に関するセミナーが11区の日本文化センターにて開催と知り早速、にわか勉強と大好きな日本酒を呑みに行きました。

フランスのワイン業者は良く日本へRPへ行くけれど、日本酒の業者がフランスにPRに来るのはワインEXPOがあるとき位ではないかな、と思う位に貴重なイベント。はせがわ酒店というネゴシアンが作り手である蔵元を引率しての来仏。作り手の話を聞きながら試飲するのは貴重で味わいが増しますね。彼らの努力と仏国市場開発への意気込みを感じた一時。異業種交流会のフランス人と一緒に行ったのですが、彼女は「今日、初めて日本酒と中華料理のお店で注文する酒の違いが分った」とご満悦。で、更に「今日飲んだお酒はパリのどのお店で飲めるのかしら」と。しかしながら、今回来られた方々のお酒はまだこちらには未輸出らしい。

はやり将来輸出を考慮してか、ボトルをワインの形と同じそして量も750mlというのも日本側の柔軟性を感じました。日本同様に美観を重視するこの国ではまず視覚に訴える商品でなければいけません。しかし、ワインを和食に合わせるのと違い、日本酒はフレンチに合うのかしら、の不安を打ち破るような物をこの試飲会で発見。これはフレンチでも行けるはずのお酒や焼酎がありました。パリには「ゆうりん」というフレンチ居酒屋が最近出来たそうで、私はまだ行ったことがないのですが、日本酒とフレンチのマリアージュの完成度に対する評判はすごい、私も行かなきゃ。

しかし、今回も思いましたけど通訳の方がすごい。すらすらと質疑応答などの通訳をこなす。翻訳と違い訂正不可なのが通訳、あれだけ適切な単語を揃えられる機転のよさに感服。会話は弁舌、発音上手でも的確な日本語で応対出来ないのは無意味ですから。

日本文化センター
はせがわ酒店
遊鈴 3 rue Valette 75005 01 43 26 05 32
火-土曜日 午後6時30分-0時、日曜日は11時まで

夢路とみこ

【関連記事】
[274]パリで知る日本(2)

[265]3つの風車で過ごす一日(2)

| 関連記事(2)

殉教者の丘、モンマルトルにその昔、風車が合ったことは最近しりました。現在ではその面影を残す場所が3ヵ所あり、これを繋げると面白い1日観光になることも発見。ちょっとそれをご紹介します。

この3つの風車を機軸に1日観光するとしたら。。。。
アメリちゃんのカフェで朝食を取った後は、再びメトロ2番線のBlancheブランシュまで戻り、今度はプチトランでモンマルトル散策なんてどうです?そう、このメトロ駅の前にはプチトランもあり、これに乗るとサクレクールまで行けます。ものすごーくお昇りさんですが、何を隠そう、私はこれが大好き。だって坂道を過ぎるとかなり狭い道になるのですが、歩行者を「そこどけそこどけ」の勢いでプチトラン、(モンマルトルを約40分で一周、5.50ユーロ)が行くので、店内の商品やカフェでお茶する人たちの様子まで奥深く見えてこれが結構傑作だと思っています。

サクレクールまで行ったら、聖堂の中の売店で売っている聖クリストファーのキーホルダーなんかをお土産に買うのはどうですか。これについては本編213号をご参照に。ご利益はありますよ。

ランチはもうひとつの風車、ムーラン・ラ・ギャレットでどうですか。ここのシェフは三つ星で修行してきたというだけあって、料理が洗練されています。これだけ有名な観光地で、そして更に有名店出身のシェフの料理なのに昼の定食は17ユーロからというのはまったくの驚きです。定食も良いけれどでも是非アラカルトで。

メインコースのSaintJacquesGrillees,Topinambouret ChouxRougeConfits 28ユーロはホタテのグリルにトピナンブールというお芋の一種が付け合せなのですが、このお芋に注目。このお芋は戦時中から戦後にかけてここでは食べられていたらしく最近ではお洒落な食材として扱われています。かぶのようなサクサク感あり。Cochonde lait 27ユーロは餌は牛乳のみで育てた子豚のお肉を使っているからお肉が柔らかく甘味があります。合わせるワインはBeaujolaisChardonnay 28ユーロでしょうか。ボージョレで作られるシャルドネはその色合いと深みからどちらの料理にも合うはず。

ムーラン・ラ・ギャレットのサイト
http://www.lemoulindelagalette.fr/

夢路とみこ

【関連記事】
[264]3つの風車で過ごす一日(1)
[213]とんでもハップン(4)

[233]栄光の3日間2006

| 関連記事(0)

先日、日本出張と本年最後のクルーズ添乗に合間を置かずに行ったせいで疲れが爆発。医者を呼んでも熱は下がらず、救急病院へ行けば何と熱が42度もあって半分あっちの方へ向かっていた。1週間ほどの抗生物質の投与で何とか回復。このせいか、体力は戻ったけど暫く日付に疎くなって、何度もアポを間違えたりした。

最大に悔しかったのは、ボージョレヌーボーの日付を間違えたこと。パリはディジョンよりもヌーボーの祝い方が盛大と聞いていたし、去年は仕事でパリにはいなかったので、今年こそ。と張り切っていた。でも日付を勘違いしている私はヌーボー解禁の瞬間、羊を数えていた。翌朝になり、家の前のカフェに掲げてある垂れ幕に「ヌーボー解禁」の言葉を見つけた。ヌーボーで失敗したことを教訓にボーヌの「栄光の3日間」こそ、張り切って飲みまくることを頑なに自分の中で決めた。

パリからディジョンまでTGVで80分、ディジョンは盆地のせいか、駅に着いた瞬間「どっしり、ずっしり」感が襲う。栄光の3日間のある週末だから駅はいつもの倍以上の利用客、目抜き通りのリベルテ通りを歩くと日本語が聞こえるし、マイユの狭い本店は人が外に溢れ出ていた。活気がある、お祭りらしくって良い。バスで国道74号線を銘醸街道沿いにボーヌまで1時間近く掛けてゆく。電車なら30分だけど、これが良い。畑はすでに収穫も終わり紅葉した葉すらもう一枚もなかったけど、でも葡萄畑は絵になる。

この日のボーヌでは町が巨大な試飲会場。試飲の値段も普段の3倍くらいはするけれど、普段では飲めないようなヴィンテージものがごろごろ。1939年のボーヌにはちょっと私も「あれぇ」と思ったが、62年のポマールには「寒いところ来て良かった」と思った位。試飲は30から60ユーロと結構なお値段。でも、上記にもあるようにものすごい年代のものが飲めたりするからやっぱりファンにとってはたまらない。特別な日に試飲するのだからわざわざ足を運ぶだけのものを飲みたい。

最大の目的であるワインの競売会は一部だけ一般人も入場できるようですが、かなりの行列。会場はガラス張りだから外から眺めることも可能。行列を覚悟すれば競売に出品しているワインも有料で試飲出来るようです。

栄光の3日間についてもっと知りたい方は、このサイトが詳しいですよ。
http://www2.odn.ne.jp/~cdj80950/index.html

夢路とみこ

たまごや内を検索する


このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊2002.01.05


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yumeji/b/

ブルゴーニュ通信局 カテゴリ

おすすめトラベル

アーカイブ

全 337 件-タイトル表示

著者プロフィール

  • マガジン発行部数履歴
  • 夢路とみこ 自己紹介