カテゴリ"文化"の記事

[333]パリの食事処 後編

| 関連記事(0)

前回の続き〉

ここで映画のワンシーンなら見知らぬ男女が相席になって恋も芽生えるのでしょうが、現実では、ベタベタカップルの隣で食事中は一口食べたらキス、一口食べたらお手てニギニギという事や、口には戸が立てられないオバタリアン二人組み(外国語だったら尚更の騒音)ってのもある。

気分が悪くなって席を立ちたくなるのは悪臭のする人、国に寄っては食文化の違うせいか体臭がものすごい人もいるし、またそれ以外では観光で来ている日本人で外国で日本人に会いたくないという態度が見え見えの人も相席にはなりたくないですね。むしろ現地に住んでいる人と相席になってラッキーと思ってくれる人であればこちらも親切心を持って観光アドバイスをしてあげる気にもなれるんですけど。とにかく私たちは上の階に席を取ることになりました。

巨大ブラッスリーとなるとギャルソンの数も多いけどテーブルの担当もしっかりと決まっているので、自分のテーブルの担当でないと何もしてくれない。メニューも持ってきてくれなければ、注文も取りに来てくれない。またギャルソンがフレンドリー過ぎても困りもの。あちらこちらのテーブルで愛想を振りまいている分、配膳は遅いわ、注文は揃わないわで。

サービス料込みとなっていてもそれが給料にそれ程影響を及ぼさないので彼らにとってはぐうたらしていても、一箇所のテーブルで愛想振りまいていても給料はほぼ一緒。だったら好みの女性客のテーブルでデレーとしたいギャルソンはデレーとしています。ウエイトレスもそう、知り合いが来ると仕事そっちのけでお喋りに花が咲いています。年配のウエイトレスは配膳そっちのけで話し相手をするのも仕事の一部だと本当に思っているからどうしようもない。これもこの国の食文化と言えばそれまでなんですけど。

上の階から下を眺めるとこのブラッスリーの巨大さが実感できます。でも上に席を取る利点はこの「実感」だけでしょうね、たぶん。だからやっぱり下の席の方がいいわ。この店は料理を目当てに来る人はいるのでしょうか。でも、この店の売りは昔ながらの大衆食堂料理とその雰囲気と懐かしのメニューじゃないかな。そして単品のどれもが安く、前菜+メイン+デザートを食べてもシャンゼリゼのお洒落な店のメイン一皿よりも安い事がメリットです。

こちらもご参考にどうぞ
http://blogs.yahoo.co.jp/beaucaillou7/58033659.html


大きな地図で見る

夢路とみこ

【関連記事】
[332]パリの食事処 前編

[327]カルチャースクール(続き)

| 関連記事(0)

朝夕と今は掛け持ちで2つの会社に出勤し、空いている時間にマーケティングや翻訳、そしてときどき観光アテンドの仕事もするのですが、この中で一番大変な仕事は観光アテンド。私の場合、個人ツアーを引き受けることが多く、また雇われる目的も何か特定のものに興味がありそれについて説明しながら同行するという事が多いのです。

良く受けるのが、私にとっても合っている「食べ物系」のお仕事。ワイナリーを見学したり、チーズを買いに行ったり、減少しているものの時にはお星様レストランへの同行もあったりします。そこだけ話すと大抵の人が羨ましがってくれますが、何時間もの間、ワインやチーズ、フランスの食文化、テーブルマナーについて話をしなければなりません。お客様の注文を通訳するだけではなく、彼らの質問に答え、日本との比較を示し、そして「この人を雇って良かった」と思ってもらえるような情報提供もしなければなりません。これが私の考える「アテンドのお役目」なんですが。だからゆっくりと美食を味わっている暇がない、美食ものどを通るのみ、美味しいとは思うものの味わう時間がない!

こちらから提供する情報や知識の蓄積のためにこのISEAのようなカルチャースクールにも通うし、試飲会があれば疲れ果てていても夕方の仕事が終わってから出かけるし、また異業種交流会も二つの幹事をしているので、それも企画して出席しなければなりません。貧乏暇なし、貧乏なのにいろいろ費用がかかることばかりするから更に貧乏になる。貧乏が輪廻のよう。

異業種交流会もそうですが、やはりテーマを持って人が集まるということは知識の泉に飛び込むようなものです。特にこのカルチャースクールはフランス人が集まっているので、フランス=議論好き、だから前から後ろから、右から左からと私と机を並べている人たちがやりを突くように発言します。問題なのは、彼らは発言の順番待ちというのはなく、好き勝手になのでここは発言無法地地帯化です。そのとき瞬間聖徳太子にでもならない限り、皆の発言を整理して理解することは出来ませんが、それを2,3拾って噛み砕いただけでもこの講義受講料の15ユーロの価値以上のものが得られます。そしてこの講義には試食もありこれがやっぱり一番の楽しみかな。美味しいチョコレートを食べてそれに語るとき、受講中は「私は貝になりたい」だったのが一転して「口には戸は立てられない」になります。

夢路とみこ

【関連記事】
[244]パリで異業種交流会(2)

[326]カルチャースクール

| 関連記事(0)

パリ在住の日本人コミュニティーには沢山のフリーペーパーのような情報サイトがあります。私が持っている個人ブログをも含めるとかなりの情報収集になります。

よく、日本にいる方々からのメールで「これからパリに行くのですが、色々教えてください」と来るのですが、会った事もない人に「色々って」何を教えたら良いんでしょう。返事に困ってしまいます。だからその「色々教えてください」に対してこちらをご参考にしてみては、と紹介している情報サイトが幾つかあって、これは比較的に内容が充実している面白いなと思うのがこれ、フレンチコード
http://www.french-code.com/index.html

このサイトで見つけたカルチャースクールに私は最近通いだしています
http://www.french-code.com/keiko08.html

このスクールは高校を卒業してバカロレアを終えた人や大学を卒業して修士号コースを学ぶ人たちが通う美術ややメディア、芸術関係の経営学を教える、ビジネススクールみたいな学校、ISEAという学校です。この学校は毎週月曜日の夜7時から9時まで社会人を対象とした食文化、それも嗜好品であるコーヒー、お茶、チョコレートについての講習会を開いています。

それを知ったのは上記のサイトで、でも、どうやってこんな場所と情報を探して来たんだろうと思うくらいに目立たない場所にあります。オペラ座通りだから一回行けばすぐ分かる場所なのですが、こんなところに、こんなものが、という驚きです。あまり目立たない場所にあるこの学校を探し出したこのサイトにリサーチャーの方々、本当に頭が下がります。やはりプロの編集者、ジャーナリストには敵いません。

で、ここのチョコレートの講座を受講してみたのですが。受講者定員は30名らしく参加していたのは専らアフター5の若い会社員や中高年の趣味の世界の人、この職業についているらしき人たち。全くの好奇心丸出しの人は私くらいだったのでは?この日の講師は大手カカオ豆輸入業者の女性社長でした。

カカオ豆の輸入ルートの説明からチョコレートになるまでの流れをスクリーンと黒板で説明するとはまるで大学の講義を思い出しました。またカカオ豆の商品市場での投機やサヤ取りなどのビジネス的な面も講義にはありました。他の講座も受講していますがどれも趣味の範囲を超えた理論的で学術的なところもこの講座の良さです。

夢路とみこ

【関連記事】
[235]パリで異業種交流会

[314]リヨン観光(2)トラブール

| 関連記事(1)

サンジャン教会のある一角は旧市街でここは世界遺産指定地区なのですが、ここが指定された対象が「トラブール」と呼ばれる抜け道があるからです。

この抜け道の由来はいろいろあるようで、最近知った説はシルク職人が織物を運ぶのに雨避けの為にこのトラブールを使って運んだらしい。しかし、たしか機織職人が多くアトリエを持っているのはリヨンでもここから反対の地区で丘高いクロワルスなんですがこの説によるともしかしてあんなに遠くからこの抜け道はつながっているのか。だとしたら、太陽王ルイ14世のお抱え建築家で戦略家のヴォーヴァンも真っ青になりそうなすごい抜け道なんですけど。

私が知っている説は、その昔、リヨンが絹貿易で繁栄していた時代、リヨンには古今東西の与太者が集まったとか。その与太者はこのリヨンでも犯罪を犯し追ってから逃げるのにこのトラブールを抜け道にしたとか。

その他には、商業の街リヨンは、その裕福振りを「窓ガラス」で表したという話があります。その昔フランスの各地では色々な税があり「塩税」はよく知られますが「窓税」というのも合ったようで、この「窓税」というのは窓枠の数で税徴収の金額が決まったとか。だからフランスの各地に行くと外側には窓がなく、中庭に面して窓がたくさんある昔の建築物があるのはそのためだと聞いたことがあります。

つまり、税徴収者は外側からしか窓が数えられないので、「せこい」ブルジョワは窓を中庭に向けて作ったようです。それは税徴収者の目くらましというだけではなく、泥棒避けでもあったようですが。当時のガラスは昔の長崎と一緒でビードロか、ベネチアングラス、かなり高価なものだったので、それがあること自体がブルジョワで有ることを示し、泥棒の格好の標的になったのでしょう。

でもそれは中世の時代の話で、一番近いところの利用者は「レジスタンス」の人たちリヨンはパリに次いでナチに対抗した「レジスタンス」活動が盛んだった場所です。これについては、以前、105号にでも紹介しましたが。ナチの追っ手を逃れたユダヤ人や活動家がここを抜けて永世中立国スイスに逃亡した話は何度も聞いています。

様々な時代の抜け道となって来たトラブール、リヨンならではのものです、是非見て下さい。

こちらもご参考にどうぞ。
http://blogs.yahoo.co.jp/beaucaillou7/51335408.html


夢路とみこ

【関連記事】
[105]レジスタンス資料館

[303]日本症候群

| 関連記事(0)

パリの精神科医の太田先生が90年代に警告した「パリ症候群」については、こちらの著名な新聞ルモンドでも取り上げられ、TVのルポなんかでも時々話題に上るのでフランス人の間ではちょとは知られていますが、では反対に、フランス人に起こっている「日本症候群」についてはどれだけ知られているのか、また、そんな症状について研究している仏人精神科医がいそうな気もしないでもないが。

私が勝手に命名しているこの「日本症候群」は「日本オタク」とはちょっと違う。ディジョンに居た頃からこの手の人が周囲にいて、パリに来てからは付き合った相手にこれがいて参った。で、それはパリ症候群が女性に多いのに反してこちらは仏人男性に多いのが特徴。共通点は幾つかありパリ症候群のように日本の風景の写真を見ただけでうっとり、涙を浮かべて、「早く帰りたい」とつぶやき有給休暇の殆どを日本で過ごし、パリにいるときは日仏交流のイベントに通い、会社の中ではちょっと「浮いた存在」になっていることも多いよう。

太田先生がパリ症候群の女性について「日本人女性はキスに弱い」と書かれていたが、日本症候群の仏人男性は「日本人女性の男性体験、特に外国人男性との未経験さ」がはまってしまう原因なのかも。私の周囲の「パリ症候群」「日本症候群」の男女はともに、すごく真面目、恥ずかしがりや、オクテというのが共通点。ではこの男女がパリで知り合って上手く行けば事は丸く収まりそうなのですが、そうでないケースも多く。ケースを離脱した男女共に何故かしら現実離れした理想が高い。特に仏人男性の知り合いを見ていると自分とは反対の「ちょっとワルで、行動派で、社公的」な日本人を求めるけど、そういう相手はすでに同じようなタイプの仏人男性と付き合っているか、こちらでの男性経験も豊かになっているから、結局はここのギャップで不成立のようですが。

知り合いの欧州人女性が「日本オタク」と付き合っている。彼は一時は日本人に走ったけど日本人特有の「曖昧さ」に呆れてやっぱり欧州人へと戻ったものの、一度覚えた日本女性のナイーブさが恋しいのか一人で長期休暇を取り日本へ向かった。残された彼女は悶々とする毎日、「どうして私を一緒に誘ってくれなかったのだろう」とパリで涙を浮かべている。私は彼女のような忍耐力がないから、「日本」という言葉に敏感に反応する相手との交際は避けるようにしている。

夢路とみこ

【関連記事】
[199]「パリ症候群」への不安

たまごや内を検索する


このサイトを購読する

ご訪問感謝!

創刊2002.01.05


RSS feed meter for http://www.tamagoya.ne.jp/mm/yumeji/b/

ブルゴーニュ通信局 カテゴリ

最近の記事

おすすめトラベル

アーカイブ

全 337 件-タイトル表示

著者プロフィール

  • マガジン発行部数履歴
  • 夢路とみこ 自己紹介