整体マニアックス3でタグ「ブロック注射」が付けられているもの

昨日入ってきた新患さんは今日退院だ。

こうしてみていると短期入院患者と長期入院患者とでは決定的な違いがある。短期入院患者は入院していてもビジネスマンなのだ。入院してるのに仕事をしている雰囲気がある。いわば「あきらめ」がないのだ。これは病院という箱の中で一種異様である。

一方療養の為に入院している患者には「あきらめ」がある。「直るまでは仕方あんめ」こうなるとマイペースである。食事もしっかりとるしテレビも見るし風呂にも入る。のんびりしている。この際だから大いに休もうという気持ちが伺える。

この気持ち、大事だと思う。身体が直るには時間がかかる。あせったってダメなのだ。

ところで今朝起きたら足が重い。どうやらブロック注射の効き目が切れたようだ。しびれは大分良い。指先にも力が戻ってきている。回診のとき、医師の話しでは手術の必要はないとのこと。昨日の話しとはニュアンスが違うが、一安心なのかよくわからない。

いずれ又このようになったらその時は手術になるだろうが、やたら引き延ばしてもどうかな?とも思う。しかし、ま、手術はあくまでも最終手段ということで、切らずに済めばそれにこしたことはないのである。


たまごや

※1997年10月23日記述
qrcode10000490.gif
NHKビデオきょうの健康(ビデオ)

この323号室は6人部屋だ。今迄3人だったが昨日眼科でK君が入ってきた。彼は中三で喧嘩で目をやられたらしい。若いな。

そして今日は2人入ってきた。大腸ポリープの除去の為1日入院だ。消化器内科だ。新病棟工事のためベッド数が制限されているため1?3B病棟には色んな患者がやってくる。

個室から移ってきたYさんは頚骨の手術をしたらしく、最初は寝返りもうてなかったが最近では歩けるくらいに回復した。

膝の靭帯の手術で入院してきたSさんは中学校の体育の先生。K君とはベッドも隣同士で病院に来てまで先生と生徒をやってるのが笑える。Sさんは経過は順調だがリハビリが結構きつそう。週末には退院だそうだが装具を付けての毎日となる。気が付けば323号室では私が一番の古株になっていた。

昨日おこなったブロック注射が効いていて今日は今までで一番快適である。ちなみに私の病名は椎間板ヘルニアによる左肢の神経障害である。従って神経を圧迫しているヘルニアを取り除かなければ根本的な解決にはならない。

症状としては左肢外側に突っ張るような痛みがある。すねの部分から左指先に至るまで軽いしびれがある。左足の指先に力が入らない、の3種類だ。

そのうちの痛みに関しては昨日の注射のお蔭でだいぶ良くなった。痛み止めの成分が入っているからである。ではその痛み止めの成分が切れてしまったら元のように戻ってしまうと考えるのが普通であるが、実際はそうでもないらしく、そのまま痛みが消えて退院する人も多いとのことである。痛みはコントロールできるものらしいのだ。

そう言えば頭痛のとき頭痛薬を飲むが薬が切れる時間になっても頭痛はもはやしない。これと同じかどうかはわからないが、痛みとはそういうものらしい。といっても、私の場合は2日後には切れてしまうのだが・・。

※1997年10月22日記述
qrcode752741.gif
ギムニクシッティング・ジム55【バランスボールシッティング55】赤
楽天で「腰痛」を探す

ウェブページ

このサイトを購読する

Powered by Movable Type 4.28-ja