医学・健康の常識

59歳にして帯状疱疹(たいじょうほうしん)を患いました。そのメモです。

帯状疱疹は子供のころにかかった水疱瘡のウイルスが神経細胞に潜伏し、免疫力や体力・気力が落ちてくる高齢になって再び暴れだす病気です。神経に沿って帯状に疱 ...

生物の常識

口蹄疫の牛が宮崎県で発見され、すでに8万頭もの牛が殺処分となって問題ととなってい…

生物の常識

人類に限らず、生物は遠くに行きたがっている。地方の子が都会に憧れ、都会の子が田舎に憧れ、国内よりも外国に憧れ、地球外の宇宙にあこがれるのは、多様性を求める本能から生まれてきているのです。あなたの王子様は白馬にまたがって遠くからやってく ...

科学の常識

光学式の顕微鏡は細胞クラスのものは見ることができますが、それより小さいウイルスなどは見ることができません。これは光の波長より小さいものは、認識ができないからです。

生物の常識

ハクビシンは「白鼻芯」と書き、その名の通り、額から鼻にかけて白い線が特徴。また足跡が狸は4本。ハクビシンは5本なので足跡でも狸とは違うという存在が確認できます。