[198]大油田

たしか1973年のオイルショック近辺では、石油はあと30年で枯渇する、とか言われていた(ような気がする)。ところが30年経った今、石油は枯渇していない。これは消費を抑えたということもあるが、埋蔵量とは結構いいかげんな数字であるという表れでもある。

枯渇に備えてエネルギー源を原子力へ転換する運動は、東海村の事故で一気に失速した。原子力推進団体は悲観的だ。原子力を安全なものとして今後運用するにも、言葉ではわかっていても、施設のある地元民が「うん」と言わない。これは住民感情を察すればとうぜんのこと。「安全だ」と口ではいろいろなことが言える。しかし、そのほとんどが信用ならない。雪印乳業の事件を引き合いに出すまでもなく明らかだ。

原子力の失速を更に追い討ちをかけるような発見があった。カスピ海に今までのものと比較しても最大級の油田が見つかったのだ。早速、プロジェクトが稼動した。当然日本も参入している。ガソリンで走るクルマは10年後になくなるといわれていたが、これでもう少し長生きできそうだ。

しかし、喜んでばかりもいられない。石油を燃焼させてエネルギーをとる方法は地球の温暖化を招く元凶だからだ。貴重な資源は慎重に活用していただきたいと思う。

さて、今の社会にあふれているものを何とかエネルギーに出来ないものかと常々考えている。現代人の多くが感じているというストレスなんぞ、うまく使うことができたら結構強力なエネルギーになると思うんだけどね?

【関連記事】
[922]埋蔵量の謎
[818]メタンガス

[039]ゴキブリ

電気製品やOA機器などが普及し、24時間電源が入れられてると、冬でも暖かいため、ゴキブリがそこに住みついて、そのために機材がショートして事故を起すなど深刻な事態も起っているようです。

飲食店では昔から冷蔵庫の機械部分に住みつき、夜になると出てきて店内を徘徊します。オフィスでもゴキブリはOA機器に住みつきますが、回りに水場のあるところに限ります。ゴキブリは水を欲しますので、退治したければ、水回りをチェックしましょう。冷蔵庫などに住み付いている場合は熱交換器の周りの匂いをかぎますと特有の臭気がするのでそれとわかります。また結露防止用に扉の閉まる部分にもヒーターが入ってますので、扉の中にも住みつきます。

一般にゴキブリと言えば、ワモンゴキブリ、チャバネゴキブリ、クロゴキブリ、トウヨウゴキブリ、チャオビゴキブリなど。ゴキブリには集合フェロモンというのがあり、特にゴキブリの糞に多く含まれています。このフェロモンによりゴキブリはよく集まって生活しています。ゴキブリは主に触覚と嗅覚で餌を見つけますが、それを仲間に知らせるのは集合フェロモンです。

ゴキブリは嫌われ者ですが実は生態系ではなくてはならない存在。ゴキブリは一番の役割は生物の死骸などを食べてしまう、つまり自然界では掃除屋さんという事になります。他の虫などを食べて食物連鎖の一環を担っています。ゴキブリは雑食性でいろいろな物を食べます。そしてエネルギーへの変換効率が非常に高いのです生物です。ゴキブリの栄養分は他の生物と比較すると非常に大きいそうです。そのためにゴキブリを好んで食べる生き物が沢山います。猫がよくゴキブリを捕まえてきますね。もっとも食べないで遊んでいる場合が多いようですが。

ゴキブリは地球上で最も不快な生き物だ!と言われるほど人間に嫌われている昆虫です。ここに来る人の中でもゴキブリが好き、という人はおそらくいないのではないでしょうか?

【追記:YOKO様】
ところでゴキブリの話ですが、私はイタリアに現在8年程住んでいますが、ゴキブリを見たことがありません。また、そういった話を聞いたこともありません。確かにこのあたりに住むイタリア人はとてもキレイ好きではありますが・・・でも私の日本にある実家もキレイにしていますが一戸建てを新築して3年、とうとう数ヵ月前にはゴキブリが現れてしまいました。「OA器機や電化製品に住みつく・・・」とありましたが、このあたりでは電子レンジはないけど、オーブンや冷蔵庫ぐらいはありますよ。それから、この南イタリアでは未だに「日曜日は洗濯物も干しちゃダメ」と言うぐらい、働いちゃいけないようです。私の住む石の家は16世紀のもので、世界遺産にも登録されていて、人の考えもかなり保守的ですよ。

【追記:可陰様】
ゴキブリって恐ろしいんですね。北海道に住んでいるわたくしは1度もお会いした事はありません。(笑)ゴキブリ嫌いの方には北海道への移住をお勧めします。

[014a]原子力

「日本の原子力の発展を担う村であることは、荷が重くなってきた。今後は国民全体が担っていくべきだろう」( 1999年9月30日JCO臨界事故を受けて1999年11月19日村上東海村村長談)

いまさら何を言ってるのか?と言う気がしないでもないですが、重い言葉には変わりはありません。核も含め原子力は人間の手に負えないのではないかというのが実感です。その事故は地球そのものを破壊するし、一度でもあってはならないことですが、人間は必ず間違いを起すものであるから、そう言う意味では「原子力」は手におえる代物ではないのでは?

火事は火が見えるから逃げる事も消す事もできます。また火事そのものを努力によって防ぐ事もできます。火は触ると熱いということを自らの経験から学習するからです。しかし原子力はそうはいきません。事故が起きればそれでおしまい。何も知らないまま壊滅状態になってしまいます。

その事故の恐ろしさに対しこれほど無頓着だったのは、東海村や原子力に携わる人ばかりでなく、我々国民にも責任はあります。しかし、原子力に関して議論する場は今までほとんど無かったといっていい。原子力は企業と国が勝手に推進してきた事業なのです。説明を求めれば「大丈夫だ」と言う返事が返ってきます。「危ないからやめた方が良いのでは」と国民が問えば、「今更やめられない。そういうあなたも原子力の恩恵にあずかっているじゃないか」と脅されるのです。

国民全体が担うべき原子力、と考えた時果たして賛成する人がいるのでしょうか?こんな事故が起こった後に自分の家の回りに原子力施設があった場合仮に対策がされたとしてもいい気持ちはしません。これを糧に更に原子力を推進していくのか、それとも勇気を持って原子力の火を消すか、今は決断の時ではないか、という気がします。

人類はじつはすばらしい原子力施設を50億年も前から持っています。その施設は我々人類だけでなく地球そのものを明るく照らし暖めてくれます。そう、それは太陽。最も巨大で最も安全で最も信頼できる原子力エネルギーです。日の出とともに起きて仕事をし、日が沈めば寝れば良いではないか?もしかしたら少子化を防ぐ事につながるかもしれないし?