[1134]北方四島(北方領土問題)

北海道から千島列島に伸びる北方四島、遠いほうから択捉(えとろふ)島、国後(くなしり)島、色丹(しこたん)島、歯舞(はぼまい)群島を北方領土といいます。この北方四島は過去外国に帰属したことがない、日本固有の領土という認識で政府は問題にあたっています。

北方領土とは別に、樺太という半島そして千島列島が現在ロシアにあります。日本とロシアは1855年2月7日に日魯通好条約に調印、国境を択捉島とウルップ島との間に定めました。ウルップ島は千島列島の一番日本よりの島です。

その後1875年の樺太千島交換条約において、日本は千島列島(シュムシュ島からウルップ島までの18島。)をロシアから譲り受けるかわりに、ロシアに対して樺太全島をロシアに譲り渡しています。それまでは樺太の半分は日本の領土でした。この条約で樺太全島はロシアに、千島列島を含む北方四島は日本の領土となったわけです。

その後、ロシア(旧ソ連)は終戦が確定するのを知って、第二次世界大戦末期の1945年8月9日、日本に対し宣戦布告し、8月18日には千島列島に侵攻、その後9月5日までの間にどさくさにまぎれて北方四島のすべてを占領したのです。

1951年のサンフランシスコ平和条約で日本は千島列島に対するすべての権利を放棄しましたが、そもそも北方四島は千島列島には含まれていません。また、旧ソ連は北方四島を手放したくないためサンフランシスコ平和条約への署名を拒否しました。

その後1956年には日ソ共同宣言が取り交わされ外交を回復、その後平和条約を締結するならば、歯舞島及び色丹島を日本に引き渡す約束になっているのです。

つまり、日本とロシアとは平和条約を締結していないという現実があり、平和条約を締結すれば北方四島のうち2島は帰ってくるのです。

しかしロシアはその後平和条約を締結する意志はなく、目だった進展もなく現在に至っております。したがって日本が優先してすべき外交はロシアとの平和条約締結。これを締結すれば、黙って北方領土のうち2島が返還されます。実現すればすごい進展ではありませんか。

[まとめ]

  • 樺太は半分は日本であった
  • 樺太の日本部分をロシアに譲る代わりに千島列島は全島日本になった
  • 第二次世界大戦終戦直前にロシアは北方四島を含む千島列島全島を侵攻した
  • 平和条約を締結すれば歯舞島及び色丹島を日本に引き渡す約束になっている
  • しかしロシアは平和条約を結ぼうとしないまま現在に至る

【関連記事】
[836]北方領土
[1122]島国ニッポン

[836]北方領土

北方領土というのは、北海道の北東方に位置する択捉(えとろふ)、国後(くなしり)色丹(しこたん)、および歯舞(はぼまい)諸島のことをいいます。

これらの島々は、第2次世界大戦終戦宣言であるポツダム宣言受諾後に、旧ソ連によって軍事占領され現在に至っています。いってみればこの時、もしかしたら北海道や東北も占領され、旧ドイツのように、共産主義の「東日本」、資本主義の「西ニッポン」なんてことになったかもしれません。実質これを阻止したのは、アメリカのマッカーサー元帥です。現在問題になっている沖縄の基地もこの時一役かったといえます。敗戦国の領土をドサクサにまぎれて自国の領土にしようとするのは歴史的にみて珍しいことではありません。

その後、ソ連はアメリカの軍事撤退を条件に、歯舞諸島、色丹の返還を通告してきましたが、日本は戦争放棄の立場をとっている以上、アメリカとの安全保障条約(あんぽ)を破棄するわけにはいきません。以来、交渉は進まず、ソ連は「領土問題は存在せず」の立場をとってきました。

続きを読む [836]北方領土

[027]北方領土

北方領土というのは、北海道の北東方に位置する択捉(えとろふ)、国後(くなしり)色丹(しこたん)、および歯舞(はぼまい)諸島のことをいいます。

これらの島々は、第2次世界大戦終戦宣言であるポツダム宣言受諾後に、旧ソ連によって軍事占領され現在に至っています。いってみればこの時、もしかしたら北海道や東北も占領され、旧ドイツのように、共産主義の「東日本」、資本主義の「西ニッポン」なんてことになったかもしれません。実質これを阻止したのは、アメリカのマッカーサー元帥です。現在問題になっている沖縄の基地もこの時一役かったといえます。敗戦国の領土をドサクサにまぎれて自国の領土にしようとするのは歴史的にみて珍しいことではありません。

その後、ソ連はアメリカの軍事撤退を条件に、歯舞諸島、色丹の返還を通告してきましたが、日本は戦争放棄の立場をとっている以上、アメリカとの安全保障条約(あんぽ)を破棄するわけにはいきません。以来、交渉は進まず、ソ連は「領土問題は存在せず」の立場をとってきました。

ロシアになってから、北方領土については柔軟になってきたといえます。以前は軍事的な意味合いでの北方領土でしたが、これからは経済的な意味合いで北方領土問題が展開されるのではないでしょうか。ロシアに対する経済的援助や漁業権問題、要するに外交によっては比較的簡単に返還されるかもしれません。北朝鮮問題に比べたら、話が通じるだけマシと言えます。

心情としては、やはり日本古来の領土と言うことで、返還はされるべきと思います。しかし、領土と言うのは侵略と殺戮の歴史ですから、じゃあ誰が日本の古来の領土と決めたんだ?という問題に発展します。要は、先住民を尊重し、その土地を有効利用することが大事なんじゃないでしょうかね?

大きな地図で見る