パートさんの年次有給休暇

年次有給休暇の付与日数表

適用期間

短時間労働者の週所定労働時間

 

雇入れの日から起算した継続勤務期間の区分に応ずる年次有給休暇の日数
短時間労働者の週所定労働日数 短時間労働者の1年間の所定労働日数(週以外の期間によって労働日数が定められている場合)
6ヶ月
1年
6ヶ月
2年
6ヶ月
3年
6ヶ月
4年
6ヶ月
5年
6ヶ月
6年
6ヶ月
7年
6ヶ月
8年
6ヶ月
9年
6ヶ月以上

平成13年4月1日以降
30時間以上 10日 11日 12日 14日 16日 18日 20日
30時間
未満
5日以上 217日以上
4日 169日〜216日 7日 8日 9日 10日 12日 13日 15日
3日 121日〜168日 5日 6日 6日 8日 9日 10日 11日
2日 73日〜120日 3日 4日 4日 5日 6日 6日 7日
1日 48日〜72日 1日 2日 2日 2日 3日 3日 3日

※平成6年3月31日までの間に採用した者については、同年4月1日に採用したものとして適用する。

※正社員、契約社員など週30時間以上の労働の場合も上記『30時間以上』に準ずる。

●パートにも正規従業員と同様に【6ヶ月間継続勤務】し、【全労働日の8割以上勤務】した場合、週または年間の所定労働日数に比例して年次有給休暇を与えなくてはなりません。(労働基準法第39条第1項)
●比例付与の対象となるパートは週の所定労働日数4日以下の者である。

【週の所定労働日数が5日以上】(1日の所定労働時間の長さは問題とならない)あるいは週の所定労働日数は少なくても週の所定労働時間が【30時間以上】であれば正規従業員と同じ日数の年次有給休暇を与える必要があります。
※労働基準法では最低10日を付与することが義務付けられている。(39条

 
【パートさんの年休】 に戻る

知って得する労働法