最初から読む

投稿日:2012年12月15日 | カテゴリ: お知らせ

ご訪問ありがとうございます。

「がんばれ派遣美人」は最初から読んでください。

〔1〕しじみの由来: 2001/06/14

管理人:たまごや

〔56〕終わりに~いらない引出し~

投稿日:2002年7月12日 | カテゴリ: 人生

突然ではございますが「がんばる派遣美人」はこの回をもちまして、最終号とさせていただくことになりました。約1年と2カ月。私のようなちゃらんぽらんな派遣OLの愚痴などを聞いていただき、本当にありがとうございました。

皆様からいただいた叱咤激励のお便り、きちんと宝物箱フォルダーに入れてあります。これからも苦しいこと、悲しいこと、また人生の転機の時などにこっそり読ませていただこうと思ってます。

今回断念する理由といたしましては2つあります。私自身がいつの頃からか「派遣スタッフ以上、正社員未満」という気持ちで今の職場で(長く)勤めてしまい、派遣に関する大切なことが書けなくなりつつあること。また親戚の人間が病気を患い、それに関して私の身辺が非常にバタバタしてしまっていること。この2つです。

この原稿を書くことが1つのライフワークになっていた私にとって、非常に淋しいことですが、当分の間、頭の中をクリアにして、また違ったかたちで皆さんにお会いできる機会があれば、と思ってます。

今まで「がんばる派遣美人」をご愛読いただき、本当に本当にありがとうございました。

うちの新人のAちゃんは、よく泣く・笑。

「取引先に怒られた」と言っては泣き、「仕事がどうしても理解できない」と訴えては涙目になる。プイと怒って「体調不良で早退します」と言い、帰ってしまった時もあった。

しかし、逆によく笑いもする。

「山口さんの今の言い方、面白かったです」と言っては、人目も気にせずケラケラ笑い、誰かがつまづいて転んだりしても「大丈夫ですか?」と言う前にプッと吹き出したりする。

そんなもんだから、この3カ月間Aちゃんのリアクションにうまくのれず、「なんだか疲れたな」なんて、考えることも多かったのだが、ここにきてまた引出しのことを考えた。

彼女の引出しは、たぶん私の半分くらいの数なのではないか、と思ったのだ。

彼女の引出しは少ないため、何かを感じてもしまうところがない。だからそれを思いきり、外に向けて表現してしまう。それは時に危険な場合もあるが、ある意味、とても大切なことなのではないか、と私は感じたのだ。

Aちゃんに比べると、私には「感情」というものがない。Aちゃんが笑っている時に「そんなに面白いかな?」と考え込んだり、逆の場合でもそうだ。

私は、会社に入ってから、辛く当たられることがあっても決して泣くこともなく、常に“涼しい顔”を作っているように、心がけていた。そうであることが、「大人」であり、「社会人として大切なこと」だと思っていた。

たぶん、私は不必要な引出を沢山持っている。辛いこと、悲しいこと、悔しいこと、会社でそれを感じても、家に帰ってそれを「もう決してあけないだろう」引出しの中にこっそりしまう。

そんな引出しを知らず知らずのうちに、沢山作ってしまっていたのではないだろうか、と思うのだ。

急にAちゃんが羨ましくなることがある。しまいこむ引出しを作らず、思いきり出しっぱなしにできるということが、とてもすがすがしいことに思えることがあるのだ。

「もう出さないであろう引出し」は1つあればいい、と思う。そしてその中が悲しい感情ばかりで溢れ出す事がないよう、きちんと鍵をかけられればそれでいいのだ、と思う。

これからはそんな感覚で、もっと自分という人間を出していけたらいいな、と思っている。

2002.07.12

1 2 3 4 29

  • スポンサードリンク

  • QRコード

    がんばる派遣美人 がんばる派遣美人 バットグアノ通販|たまごや商店 デジタルたまごや
  • ご訪問感謝!

    創刊:2001.06.14
    カウンターリセット:2012.12.13