〔2〕正社員から派遣へ

私はハタチから約4年間正社員として働いていた。その間は仕事に関してこれといった夢や希望もなく、ただ目の前にある仕事をもくもくとこなすだけの日々を送っていたわけだ。

何故「派遣」という道を選んだのか今になるとあまりよく思い出せないのは、きっと決定的な決め手がなかったからだと思う。

典型的なB型でもともと飽きっぽい私は日々繰り返される型にはまった仕事にうんざりしていたのかもしれない。取引先の接待に「若手の女子社員」としてお酌するだめだけに借り出されたり、社内の旅行や会合でせっせと下働きすることに疲れていたのかもしれない。そこには常に「なんで私が」という悲観的な気持ちが渦巻いていた。

実際、派遣やフリーターという道を選ぶ人の多くがそうであるように、私も「自由な時間が欲しい」「人間関係の面倒なしがらみから逃れたい」などといういくつかの理由から正社員をやめた。「じゃ、どうしようかな。遊んでるわけにもいかないし。」ということで一番てっとり早かったのが、“派遣”だったというわけだ。

「登録だけすれば、仕事を探してくれるのかー。しかも時給もいい。」私はスッカリ上機嫌になり、いくつか大手の派遣会社に登録した。「こういう仕事がしたい」という希望を出しておけば、今までの業務経験を考慮して、それに見合った職場を探してくれる。こんな楽な就職方法は他にないではないか!

しかし、簡単に手に入れられる物には必ず落とし穴がある。楽をした後にはその分苦もある。派遣歴5年。1年に1社というペースで様々な会社を渡ってきたが、今現在契約している会社は「まるで今まで楽したツケが回ってきたのではないか」と思うくらい、忙しく、業務内容が煩雑だ。

通常、派遣で長期的な契約の場合は3カ月更新(つまり、3カ月で「合わない」と思えばそこで契約を終了して辞めることが可能)なので、何か問題にぶつかる度に「辞めちゃおう」と考えてもきたが、何度も思い続けて早1年半が経ってしまった。

私の心の奥にある「私がこの会社を変えてやろう」という熱い思いが私をこうして留まらせているのか、「30になっちゃったから、他探すの面倒だしな。」という思いが心の底にあるからなのか、自分でもわからない。きっとこんな風に書きながら分かってくることもあるんじゃないかな。

来週は、失敗しないための「派遣会社選び」、そして再来週は、つい最近会社で起こった「マイッた出来事」について書いてみようと思ってます。お楽しみに。

2001.06.21

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です