2001年7月 記事一覧

〔7〕聖なる場所

しじみです。毎日溶けちゃうような暑さが続いてますが、皆さんはもう旅行などされましたか?私の部ではもうすでに何人かの人が休暇をとり、早い夏休みを楽しんだようです。旅行がそれほど好きではない私は、この時期になると実は毎年悩みます。「え?どこも行かないの?」と言われるのもなんだか悲しいし、かと言って今のところ「ここに行きたい!」というほどの場所もないしな。8月の末あたりに4日間ほど休暇を取る予定なので、オススメの場所などありましたら、是非教えてください。

先日、ある番組で登山などしそうもない有名な女優さんが「登山を初めてから、自分の原点はここにあるんだということに気づいたのです。私にとって山は聖なる場所なんですね」というような話をしていた。

「ほう、聖なる場所か。私にとってはどこかな」なんて考えが思い浮かんだ。

エネルギーをくれる場所、自分が一番楽でいられる場所、それを聖なる場所とするなら、私の場合は間違いなく“夜の町”だろう。

私は高校時代から夜中外に出て遊ぶのが大好きだった。今でこそあまり飲めなくなってしまったが、そんなティーンの頃は夜な夜な友達と家を抜け出し、今でいうクラブでお酒を飲んで騒ぎ、朝まで踊り明かした。

その頃一緒に遊んでいた仲間達の殆どはもうすでに嫁に行ってしまったが、実は私は今でもこっそり夜の町にくり出す。当時友達と大声を出して歌をうたい、時には大人ぶって歩いた、六本木や青山界隈を散歩するのだ。

きちんとした服を着、しっかりした言葉を使い、取引先の客に笑顔で挨拶する。それが今の私の仕事上での表面的な日常だ。そういった日常に疲れた時、そんな自分を重苦しく、つまらなく感じた時、私は夜の町を歩く。

六本木や麻布の湿った空気、表通りの喧騒がウソのようにしんと静まり返った路地裏、車の急ブレーキの音、遠くから聞こえる男女の嬌声、歩いている時にスレ違う人、、、。不思議だが、そんなものを感じている時、私の中には新しいエネルギーが流れ込んでくる気がする。

わずらわしいこと1つなく、時間に追われることもなく、とにかく遊ぶことで精一杯だったあの頃の私。勉強が大嫌いで、“明日”のことすら考える余裕もなかったほど、その瞬間の“今”を思う存分楽しんでいた私。そんな無邪気な私が“今の私”のどこかにもきっと、いる。そんな感覚がくすぐったい。

ふと耳元で声がする。「どーしたの?バカみたいに暗い顔してさ。嫌なことなんてどうでもいいじゃん!六本木の裏にあやしい人達が集まるクラブみつけたんだ。おもしろいよ。一緒に騒いで遊ぼうよ」

私は思わず苦笑いをする。昔の自分に腕を引っ張られる。スキップをする。湿った風が心地いい。

聖なる場所。何かに行き詰まった時、新しいエネルギーが欲しい時、私はこれからもその場所に行くだろう。

2001.07.26

〔6〕“時間”の使い方にマイッた。その後

前回、正社員と派遣社員の「時間に対する意識の違い」を書いてみました。今回はその続編(経過)です。(まだ読んでらっしゃらない方はHPのバックナンバー4号で読んでくださると助かります。)

私は様々な企業を渡り歩いてきたが、責任者である上の人間が下の人間の業務内容を全く把握しておらず、現場の状況がどのくらい大変か全くわかってないという会社は幸か不幸か、実はここがはじめてだ。

あの会議の後、頭にカーッと血がのぼった私は、翌日さっそく派遣会社の営業担当者を呼び出し、会議で起こったできごとを事細かく話した。自分が心底頭にきてること、もうこんなところで仕事をすることなどまっぴらごめんだ、という怒りもぶちまけた。

「それは山口さんが怒るのも当然のことです。山口さんのおっしゃってることは正しい。さっそく上の人とアポイントを取って相談してみますよ。」という頼もしい言葉が返ってきた。

私が現在籍を置く派遣会社は営業担当がコロコロ変わることで有名なところなのだが、4月から担当になった営業は幸いなことに意外とデキる人物でしっかり動いてくれる。

自分の感じたことが「正しい」と他人に念をおされ、スッカリ気をよくした私は「これで業務内容も少しは改善されるだろう。私の派遣社員としての働き振りも理解せざるをえなくなるだろう。あはは」と高をくくっていた。

しかし。派遣会社の営業が部長にその話をしてから数日後、状況はよくなるどころか思わぬ方向へ動きはじめた。それは部長からの部内メールで幕を明けた。

まず件名が“残業撲滅作戦”という非常に大袈裟なものだった。その件名を見た瞬間、私は「嫌な予感」を感じた。

「部員の皆さんには個人面接,部会等で残業の削減をお願いしております。これから夏場に向かい健康上も留意しなければなりません。で各自心して残業の削減に取り組んでください。なお、私自身も本日から出来るだけ早く退社するようにします。残業申請:本来,残業する場合は事前申請が必要です。当部では全て事後で処理してきましたが、明日から原則事前申請とします。残業する必要のある場合は課長に事前申請して下さい。」 その内容の下には“追伸”として「小泉内閣ではありませんが革新的部にしましょう。皆さん,当部の改革に取り組みましょう(ちょっと大袈裟か?)」となっていた。

おいおい、、。私が言っているのはそんな簡単なことじゃないんだよ。「改革=残業削減」。確かにそれも一理あると思う。でも何故、残業が減らないのか。まず、そこに焦点を絞らなくちゃいけないのではないか。表面だけしか見ようとしないで、簡単に結論づけてしまうあなたの意識こそ、改革すべきだ。

「とんでもないことをしてしまったのかもしれない。部長はすっかり小泉内閣になったつもりでいる。この件はもうすでに部長の中で完結してしまっている」会議で真っ白になった私の頭の中は一転、今度は真っ黒に塗りかえられた。

—-この件に関しては再度派遣会社が交渉中です。第3者を挟むことの難しさを知った出来事でした。なんとか自分の納得いく結果が出せるよう、皆さんの励ましにこたえることができるよう、今後も頑張ります。

2001.07.19

« Older Entries
  • スポンサードリンク

  • QRコード

    がんばる派遣美人 がんばる派遣美人 バットグアノ通販|たまごや商店 デジタルたまごや
  • ご訪問感謝!

    創刊:2001.06.14
    カウンターリセット:2012.12.13