〔7〕聖なる場所

しじみです。毎日溶けちゃうような暑さが続いてますが、皆さんはもう旅行などされましたか?私の部ではもうすでに何人かの人が休暇をとり、早い夏休みを楽しんだようです。旅行がそれほど好きではない私は、この時期になると実は毎年悩みます。「え?どこも行かないの?」と言われるのもなんだか悲しいし、かと言って今のところ「ここに行きたい!」というほどの場所もないしな。8月の末あたりに4日間ほど休暇を取る予定なので、オススメの場所などありましたら、是非教えてください。

先日、ある番組で登山などしそうもない有名な女優さんが「登山を初めてから、自分の原点はここにあるんだということに気づいたのです。私にとって山は聖なる場所なんですね」というような話をしていた。

「ほう、聖なる場所か。私にとってはどこかな」なんて考えが思い浮かんだ。

エネルギーをくれる場所、自分が一番楽でいられる場所、それを聖なる場所とするなら、私の場合は間違いなく“夜の町”だろう。

私は高校時代から夜中外に出て遊ぶのが大好きだった。今でこそあまり飲めなくなってしまったが、そんなティーンの頃は夜な夜な友達と家を抜け出し、今でいうクラブでお酒を飲んで騒ぎ、朝まで踊り明かした。

その頃一緒に遊んでいた仲間達の殆どはもうすでに嫁に行ってしまったが、実は私は今でもこっそり夜の町にくり出す。当時友達と大声を出して歌をうたい、時には大人ぶって歩いた、六本木や青山界隈を散歩するのだ。

きちんとした服を着、しっかりした言葉を使い、取引先の客に笑顔で挨拶する。それが今の私の仕事上での表面的な日常だ。そういった日常に疲れた時、そんな自分を重苦しく、つまらなく感じた時、私は夜の町を歩く。

六本木や麻布の湿った空気、表通りの喧騒がウソのようにしんと静まり返った路地裏、車の急ブレーキの音、遠くから聞こえる男女の嬌声、歩いている時にスレ違う人、、、。不思議だが、そんなものを感じている時、私の中には新しいエネルギーが流れ込んでくる気がする。

わずらわしいこと1つなく、時間に追われることもなく、とにかく遊ぶことで精一杯だったあの頃の私。勉強が大嫌いで、“明日”のことすら考える余裕もなかったほど、その瞬間の“今”を思う存分楽しんでいた私。そんな無邪気な私が“今の私”のどこかにもきっと、いる。そんな感覚がくすぐったい。

ふと耳元で声がする。「どーしたの?バカみたいに暗い顔してさ。嫌なことなんてどうでもいいじゃん!六本木の裏にあやしい人達が集まるクラブみつけたんだ。おもしろいよ。一緒に騒いで遊ぼうよ」

私は思わず苦笑いをする。昔の自分に腕を引っ張られる。スキップをする。湿った風が心地いい。

聖なる場所。何かに行き詰まった時、新しいエネルギーが欲しい時、私はこれからもその場所に行くだろう。

2001.07.26

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です