〔15〕ミソジ考 ~女心と曇り空~

こんにちは、しじみです。先週の「できる仕事、できない仕事」に対し、皆様から沢山のご意見をいただきました。常につまづいてばかりいる私ですが、みなさんのアドバイスにより、だいぶ考え方が変わってきてるような気がしている今日このごろです。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

今年の4月で30歳になった。よく年下の友達に「そう言えばしじみさんはもう30なんだよねー。ビックリだね。30になって変わったことってある?」なんて質問を受ける。

変なところでカッコつけしぃな私は「特別変わらないよ。私は私だからね。」などと偉そうに言って、年下の友達に「へえー。そういう年の取り方ってなんだかいいね」なんて感心され、ちょっと鼻の下を伸ばしたりしているが、実はそんなことは全くない。

一番変わったのは体力だろう。まず、疲れがなかなか取れなくなった。昔は仕事がどんなに忙しくても、一晩眠ればどこへやらだったし、夜通し遊んでそのまま出勤しても、たいしたダメージはなかった。ダイエットしたいと思ったら夜食抜きで運動量を増やせば、一気に2キロくらいは痩せられた。要するに何をするにもラクラクだったのだ。

しかし今は違う。どれをとってもその逆だ。当たり前かもしれないが、体力はハタチ前半の頃に比べると格段に落ちた。それ以外にも肌のハリや小皺、ヒップやウエスト部分のたるみ、など表面に出るものの衰えも細かく数え上げるとキリがない。

女性というのは不思議な生き物で(私だけかもしれないが)、自分の衰えに気付くと、とたんにそういったマイナス部分を隠し、いい部分だけを見てもらい、その部分を評価されたい、と強く思うようになる。

そんなこんなで「ヤバイな、最近顔に疲れがすぐ出るよなー。イライラするとすぐに食べてしまうから、ふくよかになりつつあるし。」と、イメチェンを計画した私は、一気に髪を10cmほどカットし、思いきり女を意識できるような内巻風のパーマをかけてみた。

「明日会社に行ったら、みんな何て言うだろう」

久し振りにそんなウキウキした気持ちで出勤した。電車の中の人達がみんな私に注目している、そんな錯覚すらおぼえるほど、その日の私は朝からゴキゲンだったのだ。

会社に着き、自席に座った私は「おはようございまーす」とワントーン高い声でみんなに挨拶した。ところどころから“月曜日なんだから朝から甲高い声出すんじゃねーよ”といわんばかりの暗いこだまが返ってきた。

ま、ここまではいつもの朝の風景だ。しかし、いつまでたってもリアクションがない。誰も何も言ってくれないのだ。その日は11時になっても昼を過ぎてもなんと誰も何も言ってくれなかった。

みんなのリアクションを過剰なほどに意識し“こう言われたら、こう返そう”なんてことまで構想を練っていた私はスッカリ気が抜けてしまった。そして気が抜けたとたんに複雑な悲しみと怒り、そして最後に、隠し持っていた意地悪な心が頭をもたげた。

私はバンバン鳴っている電話をとるのをやめ、忙しそうに仕事をしている茂手木君に「ねえねえ。私を見て気付いた事何かない?」と思いきり思わせぶりに聞いてみた。するととたんに茂手木君は目が泳ぎだし、「え?髪型ッスか?僕気付いてましたよ、朝から」と返してきた。

え?なんだと?わかってたんじゃねーか!だったら言えよ。この間隣の部に22歳の子が入ってきた時なんて、仕事上接点もないくせに男同士でヒソヒソと「あの子かわいいっすよね。スタイルもいいし。マツ毛なんてこーんな長かったですよー」なんて言ってたくせに。

そんな覚えていなくてもいいようなことを思い出した私は「今度から私が髪の毛切ったりした時はちゃんと言ってよねー。茂手木君いつもカリカリ仕事してるから大切なことを忘れちゃうんじゃないの?そのうち彼女にだってフラれちゃうよ」と大声で言っていた。

あーあ、またやっちゃった。こういう行動自体が(私は若い頃からこういう行動をとることが多かったが)「オバヤン」と言われてしまう所以なのだろう。きっと茂手木君も「30の女の人に、軽く言っていいものか、どうか」を悩んでいたのかもしれない。女はいつになっても言って欲しいものなのに。複雑な乙女心。

快晴だった朝の空は、帰りにはどんより雲っていた。今にも雨が振り出しそうだ。まるで私の心の中みたいだな、こりゃ。

これを読んでる男性諸君、どうか女性がイメチェンした時は、恥ずかしがらずに、何か一言声をかけてあげてくださいませ。

2001.09.20

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です